スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  知事コラム121019


最終更新日:2012年10月25日(木)


知事コラム121019


 

知事コラム



(平成24年10月19日配信分)

 
    皆さん、こんにちは。高橋はるみです。
  日増に秋が深まっています。
  ここ数年、ジョギングブームと言うこともあり、公園などで気持ちよさそうに風を切って走る方々をよく見かけます。秋のひんやりした空気を身体で感じ、色鮮やかな紅葉を眺めながら心地良い汗を流す。ジョギングに限らずこの時期はスポーツには最高の季節ですね。

    スポーツと言えば今年はロンドンオリンピックや、パラリンピックの開催年。期間中は日本中がたくさんの感動に包まれましたが、一昨日、パラリンピック自転車競技で銅メダルを受賞された藤田征樹選手に感謝状を贈呈させていただきました。実は藤田選手にお会いするのは今回が2度目。4年前の北京大会では銀メダル2個、銅メダル1個を獲得され、その際に「北海道栄誉賞」を贈らせていただきました。

    大学2年生の時に交通事故に遭われ、両脚に大けがを負った藤田選手。中学生から陸上などのスポーツ選手として活躍していた藤田選手は、一時は苦しみ抜いたと思いますが、強い精神力と不屈の闘志で事故の2年後にトライアスロン競技に復帰したそうです。

  北京に引き続き2大会連続のメダル受賞ですが、「障がい者スポーツをもっと身近に楽しんで欲しい。まだまだこれからです。」と語る藤田選手は「障がい者スポーツの普及」というご自身の明確な使命・目標をしっかりとお持ちです。

  道では障がいのある人もない人も誰もが参加できるスポーツ環境をつくり、みんなが支え合う社会を実現していくため、各種の障がい者スポーツ大会の開催やスポーツ指導員等の養成などを積極的に行っています。これからも様々な機会を通じ、障がいのある方々のスポーツ活動に参加しやすい環境づくりや交流促進に取り組んでいきたい思います。

  ところで、一昨日からクライマックスシリーズに突入している我らがファイターズ。ここまで嬉しい2連勝で、本日はいよいよ優勝をかけた大一番です。私も皆さんと一緒にドキドキしながら見守りたいと思います。皆さん、勝利を信じて精一杯応援しましょう。そして札幌ドームで再び宙に舞う栗山監督を見ようではありませんか。頑張れファイターズ!

               11  


戻る