スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  平成21年度スタートのあいさつ


最終更新日:2008年4月01日(火)

平成21年度スタート 職員に向けたメッセージ

                                               平成21年4月1日(水)
                                                    テレビ会議室

  高橋でございます。おはようございます。
  職員の皆さん、お仕事ご苦労さまです。
  今日から新体制のもとで、新しい年度、21年度が始まりました。
  それぞれの職場では、新年度の準備などで慌しく過ごされていることと思います。
  また、新たに道庁の一員となられた皆さん。
  これから皆さんと仕事ができることを、とても嬉しく思っております。
  元気な明日の北海道づくりに向けて、一緒に頑張ってまいりましょう。
  新年度のスタートに当たりまして、少し時間をいただいて、お話をさせていただきます。

  まず、最初に支庁制度改革などについてでございます。
  昨日、深夜でありましたが、閉会いたしました第1回の定例会で、総合振興局設置条例の改正案と地域振興条例案が可決され、支庁制度改革や新たな枠組みのもとでの地域振興に踏み出すことができたところでございます。
  市町村や道議会の皆様、そして地域主権局や地域づくり支援局をはじめとする関係の職員の皆さんに改めて感謝を申し上げたいと思います。
  この改革は、全国を上回るスピードで人口減少や少子・高齢化が北海道内で進む中、道州制に向けた地方分権改革の進展に的確に対応し、広域的な政策展開や行政改革の取組を進めることにより、誰もが安心して暮らせる地域づくりを実現するために必要なものだと考えております。
  今回の関連条例の成立に止まるということではなく、長期的な視点に立って、市町村をはじめとする地域の皆様のご理解とご協力をいただきながら、一歩一歩進めるべき、重要な改革であり、これからも、より良い「形」を目指して、着実にその歩みを続けていかなければならないと考えております。
  また、今日から新しい体制がスタートいたしますが、地域の最前線で働く職員の皆さんはもちろんのこと、全ての道職員の皆さんには、これまで以上に地域に入り、市町村をはじめとする地域の皆様と同じ目線で話し合いを進める中で、元気な地域づくりに向け、取組をしっかりと行っていただきたいと思います。
  皆さんが、それぞれの地域で、見て、聞いて、そして感じたことは、道政の展開に欠かせない生きた情報となります。
  場合によっては、そういった中で、道民の皆様から厳しい苦言や叱咤もあるかもしれませんが、こうした地域の生の声こそが、私たちに貴重なヒントを与えてくれるものだと、私は思います。
  できるだけ多くの地域を訪れ、そこに住む人々のお話をお伺いし、道政に反映することの積み重ねが、 より良い北海道づくりの基本です。
  皆さんには、気持ちを新たに、この改革が目ざす理念をしっかりと心に刻み、地域の皆様の声を大切にしながら、活力ある地域の実現に向け、引き続き全力を尽くしていただきたいと思います。

  次に、本道を取り巻く環境についてでございます。
  昨年後半から続く、世界的な経済危機は、本道の景気や雇用、道民の皆様の暮らしに極めて大きな影響を及ぼし、北海道は今、大変厳しい状況に直面をいたしております。
  様々な場面を通じて、道民の皆様のお話をお伺いをいたしますと、雇用や暮らしだけではなく、地域の成り立ちそのものに対する不安が高まっていると実感をいたしております。
  私自身、新年度を迎え、改めて、道民の皆様お一人おひとりが抱かれておられる「不安」を一刻も早くやわらげ、安心して暮らしていける環境づくりに全力を尽くしていかなければならないと、決意を新たにいたしているところでございます。
  言うまでもありませんが、道庁の組織を変えたり、事業に予算をつけるだけでは、本道が直面するこの難局を乗り越えていくことはできません。
  職員の皆さんが「今、道民の皆様が何を求めているのか。そのために我々は何をなすべきなのか」、この点について常に自らに問いかけ、一つひとつの施策や事業をより良いものとしようと、組織の壁や職位を越えてとことん議論をしていただくことを大切にして欲しいと思います。
  それぞれの職場で、日ごろから活発に議論する雰囲気をつくり出し、上司や同僚、部下と熱く話し合うことで、道民の皆様の期待と信頼に一層応えられるよう、切磋琢磨を続けていただきたいと思います。

  そして、私たちが常に心に留めておかなければならない「危機管理」ということについても一言お話しをさせていただきます。
  危機管理は、何も自然災害や事件・事故に限りません。
  昨年を振り返ってみましても、4月には、道路特定財源の暫定税率期限切れの問題が発生をいたしました。その直後の5月の連休には、道東で鳥インフルエンザ・ウィルスが発見されました。さらに夏場には、急激な原油・原材料価格の高騰や、そして秋口には、先ほど触れたとおり、米国発の金融危機をはじめとする世界的な経済危機など、様々な出来事が我々の周りに起こってまいりました。
  道としては、その都度、迅速な対応を心がけてきたところでありますが、私は、先が読めない激動の時代だからこそ、こうした危機管理に万全を期さなければならないと考えており、職員の皆さんには、いつもアンテナを高く張り巡らせ、その兆しに敏感に反応し、適切な危機対処となるよう努めていただきたいと考えています。
  特に、管理職員の皆さんには、「何も情報が上がってこない」ということは、「何も起きていない」ということとイコールではないことを肝に命じていただき、しっかりと組織を管理していただきたいと思う次第でございます。

  最後に、行財政改革の徹底についてのお話でございます。
  言うまでもなく、道財政は依然として大変に厳しい状況が続いております。日本一厳しい状況と言っても過言ではありません。
  昨年2月に改定をいたしました「新たな行財政改革の取組み」や「道組織の見直し方針」などに基づき、これからも全庁を挙げて改革に取り組んでいかなければなりません。
  将棋の米長邦雄さんは、悲願の名人位のために、長年かけて取り組み、積み重ねてきた将棋のスタイルを徹底的に見直したそうであります。そして、若手の人たちとの研究を積み重ね、創り上げた新たなスタイルで、7回目の挑戦で名人位を獲得されたそうであります。
  私たちが働くこの道庁についても、時代の変化や道民の皆様のニーズに常に目を配り、耳を澄ませながら、新たな視点で、組織や仕事の進め方など、その形を柔軟に変えていくことが何より大切であります。
  職員の皆さんには、新年度のスタートに当たり、「変えるべきものは、ためらうことなく変える」という気持ちをしっかり持っていただき、まず、いま携わっている仕事を見つめ直していただきたいと思います。前例踏襲は、まったく時代錯誤であります。

  さて、先のWBC、「ワールド・ベースボール・クラシック」では、見事、日本チームが2連覇を成し遂げることができました。
  しかし、その道程は決して平坦なものではなかったようであります。
  イチロー選手の言葉にもあったように、大変なプレッシャーの中で、何度も「心が折れそうになりながら」も、チームが団結し、心を一つにして戦ったからこそ、今回の2連覇があったと、このように思っているところでございます。
  一人ひとりの力には不足するところがあったとしても、お互いがお互いをカバーをし、支え合いながら、より大きなパワーを生み出していくチームワークの素晴らしさに改めて深い感動を覚えたところであります。
  北海道は今、多くの困難に直面しておりますが、その一方で、私たちが住むこの北海道には、美しい自然や安全で美味しい食、様々な地域資源など、世界に誇るべき多くの宝物があり、地域の活性化に向けて果敢に挑戦する多彩な人材に恵まれていると考えております。
  私は、厳しい今だからこそ、北海道に住んでいる一人ひとりが、お互いにカバーし合い、支えあいながら、北海道のチームワークを高め、その底力を発揮させるべきと考えるところであります。
  そのためには、道庁というチームがまずは一つにまとまり、北海道の活性化に向けたムードメーカーとなることが大切であります。
  職員の皆さん。様々な立場の人々との対話を積み重ね、信頼関係を作り上げていく中で、ふるさと北海道を大いに盛り上げてまいりましょう。
 
  今年度も、できる限り、地域や、支庁や出先機関をはじめ、現場の第一線で頑張っておられる職場の皆さん方のところに私自身がお邪魔をし、地域の課題や取り組んでおられるプロジェクトなどについて、直接、いろいろなお話をさせていただきたいと思います。
  その際に、職場の皆さんと北海道を元気するためのアイディアや夢について語り合うことを、楽しみにいたしております。よろしくお願いをいたします。

  最後になりますが、心も身体も健康であることが、皆さんにとって何よりも大切であります。
  心身共の健康にくれぐれも留意され、これからも、ともに頑張ってまいりましょう。
  よろしくお願いいたします。