スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 秘書課 >  平成19年知事年頭所感


最終更新日:2011年4月26日(火)


平成19年知事年頭所感


 


  平成19年 知事年頭所感  

北海道知事 高橋 はるみ
 新年明けましておめでとうございます。本年も、道民の皆様とともに新しい年を迎えることができましたことを、心から嬉しく思います。
 お陰をもちまして、道政を担当させていただいてから、四度目の新年を迎えました。この間、皆様には、さまざまな形で深いご理解と温かいご支援を賜り、心から感謝を申し上げます。

 さて、昨年の北海道を振り返りますと、道民球団である北海道日本ハムファイターズが日本一の偉業を成し遂げたほか、夏の甲子園で球史に残る決勝戦を戦った駒大苫小牧高校の活躍、世界中の子どもたちに夢を与えた「世界少年野球大会北海道大会」の開催など、道民みんなが、「野球」に元気づけられ、たくさんの夢と希望を与えられた一年であったと思います。
 また、道政に目を向けると、これまで推進してきたさまざまな取組や道民の皆様の果敢な挑戦を通じ、自動車産業の集積や創薬拠点の形成など「ものづくり産業」の胎動、旭山動物園への来園や豪州からのスキー滞在をはじめとした観光入込客数の増加、道産農水産物の輸出拡大やスイーツ人気に見られるような、新たな北海道ブランドの確立など、北海道の明日につながる「活性化の芽」が、昨年もとぎれることなく芽吹き続けていると実感しています。

 我が国が戦後最長の景気回復を続けている中、北海道の景気も、持ち直しの動きが見られつつありますが、本道経済はまだまだ厳しい状況にあります。しかし、私は、「ピンチは変革のための最大のチャンス」であると信じています。道内各地域における様々な活性化の芽吹きは、今がその「変革の時」を迎えている証しです。
 豊かな大地、清浄な水や空気といった、わたしたちのくらしと産業の源泉である素晴らしい自然環境、道内の多様な地域文化の中で育まれた、バイタリティーに溢れる「人財」など、本道が世界に誇る財産を大いに活かしながら、この「時」を逸することなく、経済や地域社会、行財政の構造を変革し、地域それぞれの個性が輝く、夢いっぱいの北海道を築くため、挑戦を続けていかなければなりません。
 残された任期、道内それぞれの地域で、夢に向かって情熱を傾けておられる道民の皆様と、共に知恵を絞り合いながら、たゆまぬ努力を惜しむことなく、新生北海道を築くため、全力を尽くしてまいります。

 本年が、輝かしい希望に満ちた、北海道変革の年となりますよう、心から願いを込めて、新年のご挨拶とさせていただきます。