スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 広報広聴課 >  2-21年度タイアップ事業実績


最終更新日:2015年5月01日(金)

平成21年度 「民間企業等とのタイアップ事業」の実績について

 

平成21年度にいただいたご提案のうち、事業化されたものをご紹介します。

「北海道と民間企業等との協働に関する提案募集」の内容はこちらです。

 12  道庁内レストラン「たかはし料理店。」と連携した業務用加工食材のマーケティング

  道庁内レストラン「たかはし料理店。」と連携して、あまり知られていない道産加工食品を発掘して、これを業務用加工食材としてメニュー化してテスト販売し、その販売動向や顧客アンケート結果をメーカーに還元するなど、道産加工食品の販路拡大に向けた取り組みを協働で実施します

         提案企業等 :   「たかはし料理店。」

      事業実施概要(PDF)

       関連ページ : 経済部商業経済交流課マーケティング支援グループ

11  日本APEC貿易担当大臣会合の開催に向けた支援・協力

  札幌を拠点に道内で文具事務用品を販売をしいるメーカー企業の親睦団体である「札幌文交クラブ」より、創立50周年を記念した社会貢献事業として、日本APEC貿易担当大臣会合の開催に向けた支援・協力の一環で文房具等の寄贈の申し出があり、道では寄贈品を「2010APEC貿易担当大臣会合北海道・札幌実行委員会」が主催する各種行事・イベント等の啓発物品として活用し、開催機運の醸成を図ります。

         提案企業等 :   札幌文交クラブ 

      事業実施概要(PDF)

       関連ページ : APEC貿易担当大臣会合推進局

10  道内信用金庫と連携したがん対策の推進

 社団法人北海道信用金庫協会から、社会貢献活動の一環として、がんの正しい知識の普及啓発や、がん検診受診率の向上に向けた協力についての提案を受けたのを契機に、道は同団体と連携協定を締結して、がんの早期発見・早期治療の理解促進に向けた道民への普及啓発を道内23の信用金庫と協働で実施する。

         提案企業等 :   社団法人北海道信用金庫協会 

      事業実施概要(PDF)

       関連ページ : がん対策の推進に関する連携協定について(保健福祉部)

9  生命保険会社と連携したがん対策の推進

 アフラックから、社会貢献活動の一環として、がんの正しい知識の普及啓発や、がん検診受診率の向上に向けた協力についての提案を受けたのを契機に、道は同企業と連携協定を締結して、がんの早期発見・早期治療の理解促進に向けた道民への普及啓発を協働で実施する。

         提案企業等 :   アフラック  

      事業実施概要(PDF)

       関連ページ : がん対策の推進に関する連携協定について(保健福祉部)

8  損害保険会社・道内銀行と連携したがん対策の推進

 東京海上日動火災(株)・(株)北洋銀行の2企業から、社会貢献活動の一環として、がんの正しい知識の普及啓発や、がん検診受診率の向上に向けた協力についての提案を受けたのを契機に、道は同企業と連携協定を締結して、がんの早期発見・早期治療の理解促進に向けた道民への普及啓発を協働で実施する。

         提案企業等 :   東京海上日動火災保険(株)  (株)北洋銀行 

      事業実施概要(PDF)

       関連ページ : がん対策の推進に関する連携協定について(保健福祉部)

7  航空会社と道内の飲食業者と連携した北海道の「食」のPR

 10月に開催した「北海道のプレミアムブランドフェア」の道庁赤レンガ前庭イベントに、日本航空と老舗料亭や水産会社など道産食材を扱っている8社で構成された「北海道人会」と協働で「道産食材レストラン」を出店し、フェアの趣旨に合致したPR弁当の販売などを通じて、道産食材のPRを道との協働で実施。

         提案企業等 :   日本航空 らいふでざいん(JALグループの総合情報サイト)

      事業実施概要(PDF)

6  北海道コカ・コーラボトリング(株)と道の連携による水環境保全の取組

 北海道と北海道コカ・コーラボトリング(株)は、「環境保全に関するパートナーシップ協定」を締結し、北海道の豊かな水と自然を守る事業「北海道e-水(イーミズ)プロジェクト」を協働で取り組みます。北海道コカ・コーラボトリング(株)は、コーヒー飲料「ジョージアサントスプレミアム北海道限定デザイン缶」の売上の一部を(財)北海道環境財団に寄付し、それを活用して道と(財)北海道環境財団の連携のもと、道内の各地域(水辺)において環境保全活動に取り組む団体と協働して、水辺の観察会や清掃活動などに取り組むとともに、活動の輪を広げるため地域の活動の取組の情報発信の場として「北海道 e-水フォーラム」を開催します。

        提案企業等 :   北海道コカ・コーラボトリング(株)

      連携する団体  :   (財)北海道環境財団

      事業実施概要(PDF)

       道庁関連ページ : 環境生活部環境局環境政策課

 5  環境教育絵本「きっと また あえる」の普及啓発

  十勝毎日新聞創刊90周年特別企画ラッピング新聞「GIFT」協賛企業から、創刊90周年記念社会貢献事業として、環境教育に関する道との協働事業についての提案があり、道は(株)十勝毎日新聞に対し道有著作物である環境教育絵本「きっと また あえる」の利用を認め、(株)十勝毎日新聞社は協賛金の一部を活用して絵本を増刷し、これを十勝管内の小学校108校に寄贈します。

        提案企業等 : 十勝毎日新聞創刊90周年特別企画ラッピング新聞「GIFT」協賛企業

                 代表企業 (株)十勝毎日新聞社 

      事業実施概要(PDF)

       道庁関連ページ : 環境教育絵本(環境生活部環境局環境政策課)

4  道外の飲食店と連携した道産品ブランドの発信と販路拡大

 (株)サッポロライオン(サッポロビールの関連企業)が東京で経営しているビヤホールと連携して、道産食材にこだわったメニューの提供や、北海道の食のイベントを開催するなど、道産食材・食品の販路拡大に向けた取り組みを協働で実施します

        提案企業等 :  (株)サッポロライオン

      事業実施概要(PDF)

       道庁関連ページ : 経済部商業経済交流課マーケティング支援グループ 

3  首都圏のコンビニエンスストアと連携した北海道の「食」「観光」のPR

 首都圏でコンビニエンスストアー「ニューディズ」を展開している(株)JR東日本リテールネットが実施する北海道の「食」と「観光」をテーマとした「フェア」とタイアップして、首都圏での道産食材や観光資源をPRを協働で取り組みます。

        提案企業等 :   (株)JR東日本リテールネット

      事業実施概要(PDF)

       道庁関連ページ : 「満足いろいろ北海道キャンペーン」

                  道産食品独自認証制度「きらりっぷ」

                  「北海道遺産」

2  アサヒビール(株)と道の連携による自然環境保全の取組

 北海道とアサヒビール(株)では、「自然環境保全に関する連携協力協定」を締結し、アサヒビールはこの協定にもとづき、北海道内で販売されるアサヒスーパードライの売上の一部を(財)北海道環境財団に寄付し、同財団が、北海道のすぐれた自然を代表するものの一つであるラムサール条約登録湿地の保全活動に対し助成を行うことで、地元の取組みを支援します。北海道はこの取組が円滑に推進するよう協定に基づき支援事業の調整や情報提供を行います。

        提案企業等 :   アサヒビール(株)

      事業実施概要(PDF)

       道庁関連ページ : アサヒビールとの連携協定(ラムサール支援)  

1  北海道メールマガジンの読者プレゼントを通じた「産消協働」の普及啓発

  オホーツクの自然豊かな恵みから生まれた食材を提供するオホーツクフェアin札幌2009Natural Factory OKHOTSK~」に出店する(株)ノルディックファームから、フェアで取り扱う半熟チーズケーキシャンティ」』を、北海道メールマガジンの読者プレゼント企画の景品として提供をうけて、産消協働の取組である同フェアのPRを協働で行います。

      提案企業等 :   (株)ノルディックファーム

      事業実施概要(PDF)