スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 広報広聴課 >  2-20年度タイアップ事業実績


最終更新日:2017年7月25日(火)

平成20年度 「民間企業等とのタイアップ事業」の実績について

 

平成20年度にいただいたご提案のうち、事業化されたものをご紹介します。

「北海道と民間企業等との協働に関する提案募集」の内容はこちらです。

16 産学官連携による新商品(オフィス用チェア)の開発

  事務用品・学校教材を販売している(株)内田洋行は、北海道大学保健科学研究院と道立心身障害者総合相談所が20年以上取り組んできた車いすの研究を活かして、長時間の作業でも体を安定的に支えるオフィス用チェアを、産学官連携により道内発の新製品を共同開発しました。

      提案企業等 :   株式会社 内田洋行

     事業実施概要(PDF)

 

15 コンビニエンスストア(ampm)と連携した道産食材の販路拡大

  関東以西でコンビニエンスストアを展開する(株)エーエム・ピーエム・ジャパンは、北海道とタイアップして北海道「食のサポーター」が監修した道産の食材を活用したメニューの開発や、どさんこプラザ取扱商品を販売する「ここでしか味わえない北海道」キャンペーンにより、道産食材の販路拡大及びPRを協働で実施しました。

      提案企業等 :   株式会社 エーエム・ピーエム・ジャパン

     事業実施概要(PDF)

       道庁関連ページ : 道庁関連ページ

 

14 環境教育絵本「みいちゃんの ほたる」の普及啓発

  (社)北海道産業廃棄物協会より「法人化20周年記念社会貢献事業」として、環境教育に関する道との協働事業についての提案があり、道は協会に対し道有著作物である環境教育絵本「みいちゃんの ほたる」の利用を認め、協会は自主財源により絵本を増刷し、これを道内の認可保育所816カ所に送付(寄贈)します。

      提案団体 :   社団法人北海道産業廃棄物協会

      事業実施概要(PDF)

       道庁関連ページ : 道庁関連ページ

 

13 生活協同組合コープさっぽろと道の連携協定による協働の森林づくり

 生活協同組合コープさっぽろでは、環境配慮行動としてレジ袋を辞退した方1名につき0.5円を積み立てて運用する「コープ未来(あした)の森づくり基金」を平成20年7月に設立しました。道の「北海道森林づくり条例」における協働の森林づくりの理念に基づきコープさっぽろと道が協議を進めた結果、平成20年11月25日に森林づくりに関する連携協定を締結し、この基金を活用した森林づくりへの取り組みを協働で実施します

      提案企業等 :   生活協同組合コープさっぽろ

      事業実施概要(PDF)

         道庁関連ページ : 道庁関連ページ

 

12 道外の飲食店と連携した道産品ブランドの発信と販路拡大

 (株)グリーンストーリー(本社:帯広市)が東京で経営しているレストランと連携して、道産食材にこだわったメニューの提供や、北海道フェア等のイベントを開催するなど、道産食材・食品の販路拡大に向けた取り組みを協働で実施します

      提案企業等 :   株式会社グリーンストーリー〔十勝屋〕

      事業実施概要(PDF)

       道庁関連ページ : 道庁関連ページ

 

11 「環境行動キャンペーン2008・秋」への協賛による「北海道環境宣言」の普及啓発

 「環境行動キャンペーン2008・秋」の取り組みとして、北海道洞爺湖サミット展で道が企画展示する環境関連ブースに北海道コカ・コーラボトリング(株)が協賛して環境に関連したPR媒体を提供するほか、これまで道と協働で取り組んでいる環境関連事業のパネルを展示。

      提案企業等 :   北海道コカ・コーラボトリング株式会社

      事業実施概要(PDF)

 

10 テレビ放送との協働による北海道の観光や物産の情報発信

  ジュピターショップチャンネル(株)が、ショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」で日本各地の産品を現地からの生中継で販売する新番組「日本を見つけよう」を放送するにあたり、北海道が観光や物産情報を提供し、北海道の観光振興や物産振興に向けた情報発信を協働で実施します

      提案企業等 :   ジュピターショップチャンネル株式会社

      事業実施概要(PDF)

      

 北海道メールマガジンの読者プレゼントを通じた「産消協働」の普及啓発

  産消協働の実践事例である、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の道産ぶどう100%使用したワイン「とかち野」を同研究所の提供で、北海道メールマガジンの読者プレゼント企画の景品とすることにより、産消協働のPRを協働で行う。

      提案企業等 :   池田町ブドウ・ブドウ酒研究所

      事業実施概要(PDF)

 

 北海道の観光振興や物産振興に向けたインターネットによる情報発信

  楽天(株)が運営する通販オンラインショップ「楽天市場」に、北海道の観光や物産情報を提供する「まち楽 北海道」のページを開設し、北海道はこのページにコンテンツの提供を行い、北海道の観光振興や物産振興に向けた情報発信を協働で実施する。

     提案企業等 : 楽天株式会社 

     事業実施概要(PDF) 

     「まち楽 北海道」の「旬 北海道」ページ

 

 コンビニエンスストア((株)サークルKサンクス)と連携した「北海道MOTプロジェクト渡島企画」の実施

  (株)サークルKサンクスが、道の「愛食運動」と連携して「地産地消」をテーマに推進している「北海道MOTプロジェクト」の地域展開して「渡島企画」を渡島支庁と立ち上げ、渡島の「食」や「観光」における新しい魅力(ブランド力)を協働で発信します。

     提案企業等 : 株式会社 サークルKサンクス

     事業実施概要(PDF) 

     関連ページ

 

 「伝えたい北海道の物語」のデジタル絵本を活用した北海道の歴史・文化の海外への発信

   北海道洞爺湖サミットの開催にあわせて、北海道の文化や歴史を広く海外に発信するために、北海道がこれまで取りまとめた「伝えたい北海道の物語」のデジタル絵本のうち国際デジタル絵本学会が10作品を選定して無償で6カ国語(日本語、ロシア語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語)に翻訳しDVDを作成。道は、この媒体を活用して、北海道洞爺湖サミット道民会議のオフィシャルサイト、国際メディアセンターに開設する北海道情報館、ジュニア8サミットにおいて、「伝えたい北海道の物語」を発信します。 

     提案団体 : 国際デジタル絵本学会

     事業実施概要(PDF)

     関連ページ

 

 コンビニエンスストア()サークルKサンクスと連携した「愛食運動」の展開

   (株)サークルKサンクスは、「地産地消」をテーマとする「北海道MOTプロジェクト」を立ち上げ、道が推進している道産食品の消費拡大・地産地消を目指した「愛食運動」を応援するため、運動の普及啓発を道と協働で実施します。

     提案企業等 : 株式会社 サークルKサンクス

     事業実施概要(PDF)

     関連ページ

 YOSAKOIソーラン祭りと連携した「北海道環境宣言」の普及啓発

  道では、YOSAKOIソーラン祭り組織委員会の協力により、YOSAKOIソーラン祭りの新マスコットキャラクターである「ヨサコイチャピ」を「北海道環境大使」に任命することにより、YOSAKOIソーラン祭りと連携して、「北海道環境宣言」をはじめとする道の環境施策を広く道民の方々にPRします。 

     提案団体 : YOSAKOIソーラン祭り組織委員会

         事業実施概要(PDF)

 

 コンビニエンスストア()セブン-イレブン・ジャパンと連携した「道政広報」の展開

 ()セブン・イレブン・ジャパンの協力により、広報紙「ほっかいどう」を道内約800店舗のコンビニエンスストアに設置する。また、各店舗で発行するレシートの余白に道政広告を掲載するなど、同社のインフラを活用した道政広報の発信について試行的に展開します。

     提案企業等 : 株式会社 セブン-イレブン・ジャパン

     事業実施概要(PDF)

     関連ページ

 

 「北海道洞爺湖サミット記念環境総合展2008」イベントへの協賛

「北海道洞爺湖サミット記念環境総合展2008」で「3R」の啓発を目的とした「トークセッション」を道が企画。このイベント来場者に、北海道コカ・コーラボトリング()が森林資源の管理のために間引かれる間伐材などを有効利用した紙パック製の飲料を提供しリサイクル商品の事例を示すとともに、同じ「環境総合展」で北海道コカ・コーラボトリング()が主催する環境に関する展示コーナーやイベントの告知を来場者におこないました。

     提案企業等 : 北海道コカ・コーラボトリング株式会社

     事業実施概要(PDF)

     関連ページ  

 

 「北海道洞爺湖サミット記念環境総合展2008」イベントへの協賛

「北海道洞爺湖サミット記念環境総合展2008」で「3R」の啓発を目的とした「体験型イベント」を道が企画。 合同容器()の協力により、同社から再生段ボール等を無償で提供があり、これを材料に、家具デザイナーの指導のもと椅子(スツール)を子どもと大人が一緒に作成し「3R」を体験するイベントを開催した。また道は同じ「環境総合展」の西棟廊下で、北海道認定リサイクル製品であるバイアスエコパネルを展示に使用し、リサイクル認定製品のPRを実施しました。

    提案企業等 : 合同容器株式会社

     事業実施概要(PDF)

     関連ページ  

 

 

            


このページの情報はお役に立ちましたか?