スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 広報広聴課 >  視覚障がい者向け広報「ほっかいどう」平成28年3月号


最終更新日:2016年10月25日(火)

広報広聴課のページ > 視覚障がい者向け広報 > 視覚障がい者向け広報「ほっかいどう」3月号

視覚障がい者向け広報「ほっかいどう」3月号


【もくじ】

1 特集:3月26日開業!北海道新幹線

2 東北が、もっと身近に

3 北海道新幹線開業PR商品発売中!

4 お知らせ北海道

5 道議会レポート

【もくじここまで】


【本文】


1 特集:3月26日開業!北海道新幹線


つながる!ひろがる!北海道新幹線
私たちの想いをのせて 3月26日(土)、走り出しました。

この項目を読み飛ばす ページの先頭へ戻る

北海道新幹線(新青森駅~新函館北斗駅間)が開業しました。
これからは、北海道と東北とはもちろん、首都圏や北関東との交流がさらに広がります。
北海道新幹線の開業は、観光やビジネス、交通ネットワークなどさまざまな分野で新しい時代を拓く大きな鍵です。
私たちみんなで開業を盛り上げ、北海道の魅力を積極的に発信していきましょう。


知事メッセージから読者の皆様へのメッセージです。

北海道新幹線開業は、北海道の発展のチャンスです。
私たち道民が待ちに待った北海道新幹線が、3月26日に開業します。
道民の皆さまのこれまでのご理解とご協力に、心から感謝申し上げます。
北海道新幹線の開業は、本道の発展にとって大きなチャンスです。
大きな盛り上がりの中で開業を迎え、その効果を最大限に活かし、
北海道全体の活性化につなげていくことができるよう、
オール北海道で取り組んでまいりましょう。
北海道知事 高橋はるみ

北海道新幹線PRキャラクター どこでもユキちゃんのメッセージです。

もうすぐ開業、楽しみでスノー!


北海道新幹線の開業を、私たちみんなで歓迎しましょう。
開業の効果を全道に広げるため、さまざまな取り組みが進められています。

(1)早わかり!北海道新幹線

北海道新幹線で本州が身近に

北海道新幹線は、東北新幹線の新青森から札幌まで約360kmに及ぶ路線です。
3月26日(土)に「新青森~新函館北斗」間の約149kmが開業しました。
また、新函館北斗から札幌までの区間は、2012年に認可・着工され、2030年度末(※平成27年1月14日開催政府・与党整備新幹線検討委員会より)の開業に向けて工事が進められています。
北海道新幹線の開業により、東京~新函館北斗間を10往復するほか、仙台、盛岡、新青森と新函館北斗の間でそれぞれ1往復が運行します。
新幹線開業をきっかけに、東北地方をはじめ、首都圏・北関東など各地域との交流が活発になると期待されています。

●北海道新幹線開業後の所要時間(最速)
・新函館北斗駅から
新青森駅 1時間1分
盛岡駅 1時間50分
仙台駅 2時間30分
東京駅 4時間2分 ・木古内駅から
新青森駅 51分
盛岡駅  1時間45分
仙台駅  2時間28分
東京駅  4時間2分

(2)雄大な北の大地にふさわしい、さわやかなデザイン。

新幹線のファーストクラス「グランクラス」をはじめ、「グリーン車」「普通車」の内装には、それぞれ北海道への旅をイメージさせるモチーフのデザインが施されています。
外装デザインは、東北新幹線E5系をベースとしながら、帯の色に北海道らしいライラックやルピナス、ラベンダーなどを想起させる紫色【彩香パープル】を使用します。

(3)新幹線駅から始まる新たな交流の時代へ

北海道新幹線を利用して北海道を訪れる皆さんの中には、道南だけでなく、道央や道東、道北にも行ってみたいと考えている人たちがたくさんいます。

北海道新幹線を利用して訪れたい地域
※2014年9月、道外居住者を対象として実施したアンケート調査結果(回答者数1,741人、複数回答)

道南59.8%(1,041件)
道央69.1%(1,203件)
道東22.2%(386件)
道北33.1%(577件)

(4)新幹線駅から道内各地へ、道内各地から新幹線駅へ

北海道新幹線で訪れた皆さんが道内各地へ、また、道民の皆さんが新幹線駅へとスムーズに移動できるよう、新幹線駅と道内各地を結ぶ交通ネットワークの整備が進められています。

●道央や道北、道東から新幹線駅への移動
(電車)札幌駅~新函館北斗駅間を、特急列車が1日12往復運行します。
(バス)札幌駅~新函館北斗駅間を、都市間バスが1日14往復運行します。
(飛行機)道東、道北の空港から丘珠空港・新千歳空港を乗り継ぎ、函館空港を経由して、バスで新函館北斗駅へ移動できます。
また、札幌で鉄道や都市間バスに乗り継ぎ、新函館北斗駅へ移動できます。

●道南各地から新幹線駅への移動
(電車)函館駅~新函館北斗駅間をアクセス列車「はこだてライナー」が1日16往復運行します。
(電車)函館駅~上磯駅・木古内駅間を「道南いさりび鉄道」が1日37本運行します。
※函館駅~五稜郭駅間はJR北海道の運行区間ですが、全便直通運転となります。
(バス)函館市内や大沼、鹿部、江差方面などから新函館北斗駅へ、路線バスが運行します。
また、函館や松前、江差方面などから木古内駅へ、路線バスが運行します。
(タクシー)函館市内から新函館北斗駅への定額タクシーが運行します。

(5)道南いさりび鉄道の観光列車に注目!

3月26日(土)に開業した「道南いさりび鉄道」は、JR北海道から代わって新たに五稜郭~木古内間を運行します。
従来のJR江差線と同じく上下計37本を運行し、春には観光列車が登場予定。
函館湾などの美しい風景を車窓に望みながら、道南の食や文化をより身近に感じる列車の旅が楽しめます。

★特集に関するお問い合わせは、道庁新幹線推進室(電話)(011)204‐5333


2 東北が、もっと身近に!

北東北3県から届いた、イベントやキャンペーン情報などを紹介します。

この項目を読み飛ばす  前の項目へ戻る

(1)青森県から

青森県と函館の魅力を全国へ発信!

3月26日に北海道新幹線が開業し、新青森と新函館北斗間が約1時間でつながりました。
この新たな観光圏のPRをするため、7~9月に青森県・北海道道南地域とJRグループ6社が一体となり「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」を実施します。
北海道の皆さん、青森県・道南の魅力をともに全国に発信していきましょう。

▲お問い合わせは青森県広報広聴課(電話)(017)734-9137

(2)岩手県から

平安絵巻を再現する春の藤原まつり

「藤原まつり」は春と秋に開催され、特に5月の春のまつりが華やかです。
稚児行列をはじめさまざまな催しがある中、圧巻なのは、総勢約100人による「源義経公東下り行列」。
兄・頼朝に追われた義経公が平泉にたどり着き、出迎えを受けたという情景を再現したものです。
期間:5月1日(日)~5日(木・祝)
場所:岩手県平泉町内

▲お問い合わせは(一社)平泉観光協会(電話)(0191)46-2110

(3)秋田県から

武家屋敷を彩る角館の桜まつり

東北三大桜まつりの一つとして知られる「角館の桜まつり」。
武家屋敷の通り沿いにはシダレザクラが滝のように連なり、近くを流れる桧木内川堤には約2kmにわたってソメイヨシノの桜並木が咲き誇ります。
会場では人力車の乗車体験なども楽しめます(有料)。
期間: 4月20日(水)~5月5日(木・祝)※開花状況によって変動あり
場所:秋田県仙北市角館町内

▲お問い合わせは秋田県広報広聴課(電話)(018)860-1076

 

3 北海道新幹線開業PR商品発売中!

この項目を読み飛ばす  前の項目へ戻る

北海道新幹線開業PR商品が各メーカーから誕生し、2016年1月末までに、およそ300品が発売され、今後も続々発売予定です。
ぜひ店頭で商品を手に取って、北海道新幹線を応援してください。

●北海道新幹線開業PR商品(例)

・北海道コカ・コーラボトリング(株)
ジョージアエメラルドマウンテンブレンド北海道新幹線デザイン缶
・サッポロビール(株)
サッポロ生ビール黒ラベル北海道&東北Selection
・(株)小原
コアップガラナ北海道新幹線ラベル第2弾
・日糧製パン(株)
青森りんごのミルフィーユ
・エースコック(株)
大吉 魚醤仕立て味噌(上)・焼豚しょうゆ(下)
・カルビー(株)
ポテトチップスオニオンソルト味
・(株)アクティブ・リンク
北海道りんごおかき


4 お知らせ北海道

この項目を読み飛ばす  前の項目へ戻る

(1)電力の小売全面自由化

4月1日(金)からスタートします
家庭などで使う電気は、地域の特定の電力会社からしか購入できませんでしたが、4月からは国の登録を受けた会社からも購入できます。
料金メニューや、電気と他のサービスのセット販売などを自由に選べるようになります。
電気を販売する会社には、料金や解約時の条件などを消費者に説明する義務がありますので、十分に説明を聞いた上で契約を結びましょう。

電力自由化ナビダイヤル
0570-028-555
平日9~18時、土・日・祝日・年末年始を除く

▲お問い合わせは道庁環境・エネルギー室(電話)(011)204-5361

(2)マイナンバーの活用について

社会保障の手続きでマイナンバーの記入が必要になります。

[必要になる手続きの例]
●身体障害者手帳の新規申請
●自立支援医療(精神通院)の新規申請
●精神障害者保健福祉手帳の新規申請
●特別児童扶養手当の新規申請
●児童扶養手当の新規申請
●母子父子寡婦福祉資金の貸付
●母子父子寡婦福祉法による給付金の新規申請
●特定医療費の支給認定申請
●小児慢性特定疾病医療の支給認定申請
●特定疾患医療受給者証の交付申請
●感染症医療費の公費負担申請
●生活保護法による保護申請
●中国残留邦人等の支援給付申請

マイナンバー総合フリーダイヤル
0120‐95‐0178(無料)
平日 9時30分~22時、土・日・祝日 9時30分~17時30分
年末年始は除きます
※IP電話等でつながらない場合
マイナンバー制度に関すること050-3816-9405
通知カード、個人番号カードに関すること 050-3818-1250

▲お問い合わせは道庁保健福祉部総務課 (電話)(011)204-5242

(3)振り込め詐欺にご注意

怪しい電話を受けたら、まず相談を
「ATMで医療費の還付金を受け取れます。」などの電話は、詐欺の疑いがあります。
電話があったら、警察相談電話「9110」へ連絡してください。
家族や地域の絆を深め、特殊詐欺被害に注意しましょう。
▲お問い合わせは道警本部生活安全企画課(電話)(011)251-0110(内線3026) 

 (4)ルールを守って明るい選挙

政治家が選挙区内の人に、お金や物を贈ることは法律で禁止されています。
また、有権者が政治家に寄附を求めることも禁止されています。
「贈らない、求めない、受け取らない」という寄附禁止のルールを守って、明るくきれいな選挙を実現しましょう。

●禁止されている寄附(例)
 入学祝・卒業祝、葬儀の花輪・供花
   お祭りへの寄附・差入、お歳暮・お年賀 など

▲お問い合わせは北海道選挙管理委員会(電話)(011)204-5153

(5)障害者差別解消法ができました

平成28年4月1日から「障害者差別解消法」が施行されます。
この法律では、障がいのある人への差別をなくすことで、障がいのある人もない人も共に生きる社会をつくることを目指しています。
障がいがあることで、障がいのない人達とは違う扱いを受けて困ったり、自分の障がいに合った必要な工夫ややり方をしてもらえないことがないようにするために、「不当な差別的取扱い」と「合理的配慮をしないこと」を禁止することなどが規定されています。
障がいがあることで差別を受けた等のご相談は、お住まいの市町村役場の相談窓口又は各振興局に設置されている地域づくり委員会まで。

▲お問い合わせは道庁障がい者保健福祉課(電話)011-204-5899


5 道議会レポート

定例会の概要などをお伝えします。

この項目を読み飛ばす  前の項目へ戻る

平成27年第4回定例会(11/26~12/10)

第4回定例会の一般質問(14人)では、知事の政治姿勢や道政上の重要な諸課題について活発な議論が交わされました。
これら議論の経過を踏まえ、くい工事のデータ流用の再発防止と道民の不安払拭に向けた取り組み、人口減少問題に対応するための振興局の体制整備と予算の確保、新たな行財政計画実行に当たっての地域経済の活性化施策などへの新たな取り組み、道消防防災ヘリの24時間運行に向けた取り組みについて意見が付された上で、知事から提出のあった補正予算案等30件が可決され、前会から継続審査中の平成26年度各会計決算が認定されました。
また、議員や委員会から提出された会議案1件、意見案7件が可決されました。

■平成27年度一般会計補正予算(第3号)
●総額55億5700万円
●歳出の主なもの
・新千歳空港の深夜・早朝発着枠拡大に伴う周辺地域住民の住宅防音工事への助成事業を補助するための経費
・本年発生した台風などにより被災した施設の早期復旧を図るための経費

■可決された議員及び委員会提出案件
●北海道飲酒運転の根絶に関する条例
●TPP協定に関し合意内容の丁寧な説明と対策の確実な実行を求める意見書
●高等教育段階における学生等への経済的支援の充実を求める意見書
●子ども医療費助成に係る国保の国庫負担減額調整措置の廃止を求める意見書
●私立専修学校等における専門的職業人材の育成機能の強化等を求める意見書
●診療報酬を引き下げず、地域医療を守ることを求める意見書
●森林吸収源の財源確保を求める意見書なお、質問などの詳細は、市町村役場等に配付している、冊子「北海道議会時報」でもご覧いただけます。

▲お問い合わせは議会事務局政策調査課(電話)(011)204-5691


広報誌「ほっかいどう」次号は5月下旬の発行予定です。

発行/北海道総合政策部知事室広報広聴課
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 
(電話)(011)204-5110 (FAX)(011)232-3796

ページが終了しました。
ページの先頭へ戻る