スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 広報広聴課 >  視覚障がい者向け広報「ほっかいどう」平成27年9月号


最終更新日:2015年10月13日(火)

広報広聴課のページ > 視覚障がい者向け広報 > 視覚障がい者向け広報「ほっかいどう」9月号

視覚障がい者向け広報「ほっかいどう」9月号


【もくじ】

1 特集:平成27年度北海道予算

2 お知らせ北海道

3 介護中・出産前後の皆さんを応援します。

4 みんなで応援!北海道新幹線

【もくじここまで】



【本文】

1 特集:平成27年度北海道予算

地域と一体となって、世界に飛躍するため
大胆に挑戦していきます。

平成27年度北海道予算が決まりました。
予算の概要とあわせ、道政に臨む3つの基本姿勢と重点的な取り組みを紹介します。

この項目を読み飛ばす ページの先頭へ戻る

知事から読者の皆さんへのメッセージです。
知恵と力を集めて北海道の新しい未来をつくっていきましょう。
北海道知事 高橋はるみ



(1)直面する課題に対応し北海道の未来づくりを進めます

北海道はいま、全国を上回るスピードで人口減少が進み、将来の地域の存亡に関わる大きな課題に直面しています。
その一方で、経済成長の進むアジア諸国からの注目度が大きく高まるなど、新たな飛躍につながる動きが着実に広がりつつあります。
このように環境が変化するなかで大切なことは、北海道にとっての追い風を確実にとらえ、直面する課題を克服しつつ、将来の発展につなげていくことです。
道では、人口減少の危機突破を最も重要な課題として位置づけたうえで、将来への夢や希望を持ち続けることのできる活力ある地域社会づくり、アジアの先進拠点として世界に輝く北海道の実現を目指し、地域の皆さんと力を合わせて北海道の未来づくりに取り組んでいきます。


(2)道政に臨む3つの基本姿勢と重点的な取り組み

この項目を読み飛ばす    前の項目へ戻る

●「地域と一体」で進める道政
地域の皆さんの切実な思いや悩み、実情を起点に、徹底した現場主義を貫き、地域の皆さんと一体となってさまざまな課題の解決に全力で取り組みます。

●「世界に飛躍」する道政
国際社会の変化や時代の潮流を的確にとらえ、多彩な北海道の価値とさまざまな強みを生かした戦略的な取り組みを進め、本道の持続的な発展につながる流れを世界中から呼び込みます。

●「大胆に挑戦」する道政
前例にとらわれない発想と失敗を恐れない行動力をもとに、すべての政策手段を総動員し、強い決意で、本道の新しいステージを切り拓きます。

こうした姿勢で、今年度は「経済・活力」「子育て・安心」「人財・継承」の3つに重点を置いた取り組みを進めていきます。


(3)平成27年度予算の概要

この項目を読み飛ばす
  前の項目へ戻る

平成27年度予算は、社会保障の充実などによって保健福祉関係経費が増加したことなどから、昨年度と比較して831億円増の2兆8,021億円となりました(一般会計)。
なお、予算の編成段階において、さまざまな収支対策を講じましたが、収支不足額の全額を解消する見通しが立たないことから、公共事業費の一部(国直轄事業負担金78億円)の計上を留保しています。
今後、予算の効率的な執行や節約などに努め、最終的に収支不足が解消できるよう取り組んでいきます。

●歳入・歳出の構成

歳入 2兆8,021億円

道民の皆さんや企業などからの税(道税) 5,696億円 20.3%
国が地方に代わって集めた地方の固有財源(地方交付税) 6,484億円 23.1%
国が集めた税収の一部を地方に譲与する税等(地方譲与税等) 1,056億円 3.8%
借入金(道債) 6,465億円 23.1%
うち 臨時財政対策債 1,330億円 4.8%
うち その他の道債 5,135億円 18.3%
使いみちが決められている国からの交付金(国庫支出金) 3,230億円 11.5%
その他 5,090億円 18.2%

歳出 2兆8,021億円

道債など借入金の返済(公債費) 7,359億円 26.3%
教育のために(教育費) 4,718億円 16.8%
保健や福祉のために(保健福祉費) 4,159億円 14.8%
道路や河川などのために(建設費) 2,374億円 8.5%
商工業など経済のために(経済費) 1,642億円 5.9%
警察の仕事のために(警察費) 1,282億円 4.6%
農林水産業のために(農政費・水産林務費) 1,676億円 6.0%
未来の計画、災害の復旧などのために(総務費・総合政策費・環境生活費・災害復旧費等) 4,811億円 17.1%

▲特集(平成27年度北海道予算)に関するお問い合わせは、
  道庁財政課まで(電話)(011)204-5030


【特集】平成27年度北海道予算<主な重点政策>

豊かなふるさと北海道を次世代に引き継ぎ、確かな未来を創っていきます。


(1)経済・活力
世界にはばたく活力ある経済社会づくり 

この項目を読み飛ばす 前の項目へ戻る

主な取り組み

●海外の成長力を生かした力強い経済の構築
・ASEAN(東南アジア諸国連合)やロシア極東との経済交流の拡大に取り組みます。
・道産機能性食品の輸出に向けた体制整備など道産品の販路拡大の取り組みを強化します。
・ヘルシーDo※関連商品の開発の促進など道産食品の高付加価値化に取り組みます。
  ※ヘルシーDo=加工食品に含まれる機能性素材について、科学的な研究が行われたことを道が認定する制度。
・道産品のPR強化を通じて、新HOKKAIDOブランドの発信に取り組みます。

道産食品輸出 平成26年667億円を平成30年に1,000億円達成へ ※「貿易統計」より

●世界が憧れる観光立国北海道の実現
・新幹線開業に向けた誘客プロモーションなど、北海道新幹線の開業効果の最大化に取り組みます。
・国際航空路線の拡充など、外国人観光客などの受け入れ体制の充実に取り組みます。
・滞在交流型観光や多彩なツーリズムを進めます。
・戦略的なMICE(国際会議や大規模イベントなど)誘致・開催を進めます。

外国人観光客 平成25年度115万人を平成32年度に300万人達成へ ※「北海道観光入込客数調査」より

●本道の強みである農林水産業の成長産業化
・地域の多様な主体による6次産業化の取り組みへの支援、ICT(情報通信技術)などを生かした生産性・収益性の高いチャレンジング農業を進めます。
・日本海漁業の振興など、稼げる漁業・漁村の確立に取り組みます。
・森林資源の循環利用の推進による林業・木材産業の振興に取り組みます。

●経済と雇用を支える地域産業力の底上げ
・ものづくり産業や中小企業の競争力強化に取り組みます。
・地域の商店街の活性化に取り組みます。
・本道の立地の優位性を生かした企業誘致を進めます。
・地域産業への人材誘致・確保に取り組みます。
・非正規雇用者や季節労働者などが安心して働くことのできる雇用環境の改善・確保に取り組みます。

●新たな可能性に挑戦する次世代先進モデルの創造
・ICTなど先端技術の活用によるサービス・産業を展開します。
・ヘルスイノベーション拠点※の形成や航空宇宙関連の研究開発を進めます。
  ※ヘルスイノベーション拠点=北海道における産学官連携による食・健康・医療の研究開発拠点
・水素社会の形成や次世代クリーンエネルギーの開発・活用を促進します。

(2)子育て・安心
安心の絆が広がるふるさとづくり

この項目を読み飛ばす 前の項目へ戻る

主な取り組み

●結婚や出産、子育ての希望をかなえる環境づくり
・結婚を希望する独身男女へのサポート体制づくりに取り組みます。
・安心して妊娠・出産ができる環境づくりに取り組みます。
・仕事と子育ての両立支援の充実に取り組みます。
・地域全体で子どもを見守り育てる社会づくりに取り組みます。

●安心して健やかに暮らせる社会の形成
・医師確保対策など、地域医療の充実に取り組みます。
・救急医療・高度医療提供体制の充実に取り組みます。
・高齢者や障がい者が健康に暮らせるユニバーサル社会づくりに取り組みます。

●質の高い暮らしを実感できる住まいる北海道づくり
・若者や働く世代の地域への移住・定住を促進します。
・買い物支援など複合的なサービス提供体制づくり等、多世代・多機能生活サービスの充実による利便性や安心の確保に取り組みます。
・快適な暮らしを支える地域交通の維持・確保に取り組みます。
・まちなかへの居住やまちの各種機能の集約を促進します。

●安全で強靭な北海道づくり
・徹底した防災・減災対策を進めます。
・道内への生産拠点や本社機能の移転に対する支援などバックアップ拠点機能の強化に取り組みます。
・特殊詐欺などの犯罪防止及び危険ドラッグの撲滅に取り組みます。
・児童虐待やDVなど暴力の根絶に取り組みます。
・高齢者など重点的な交通安全対策を進めます。

(3)人財・継承
未来へと継承する基盤づくり

この項目を読み飛ばす 前の項目へ戻る

主な取り組み

●未来を拓く人財の育成
・若者への留学支援など、世界で活躍できるグローバル人財など多様な人材の育成に取り組みます。
・学校・家庭・地域の教育力の向上に取り組みます。
・子どもの学力・体力のステップアップに取り組みます。
・いじめ防止など子どもが健やかに成長できる環境づくりに取り組みます。

●女性・若者が輝く社会の形成
・女性がいきいきと活躍できる環境づくりに取り組みます。
・女性の起業・就業を促進します。
・女性の自立に向けた支援体制づくりに取り組みます。
・若者の雇用の場の確保や創出を進めます。

●本道固有の歴史文化の保全・継承
・2018年を節目に、新たな発展に向けた布石として北海道150年マイルストーンづくりに取り組みます。
・歴史や文化を発信・継承する北海道ミュージアム構想を展開します。
・2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、アイヌ文化や縄文文化の発信強化に取り組みます。

●世界に飛躍するスポーツ王国北海道の実現
・トップアスリートや競技指導者など、スポーツに携わる人材の育成に取り組みます。
・オリンピック・パラリンピックを契機としたスポーツの振興や地域の活性化に取り組みます。

●アジアの環境首都を目指す取り組みの推進
・省エネ・新エネルギーの導入や環境・エネルギー産業の育成を進めます。
・多様な野生動植物の生息・生育環境づくりに取り組みます。
・エゾシカ・トドなどの適正な管理による被害防止対策を進めます。
・知床世界自然遺産など貴重な自然の保全・継承に取り組みます。

(4)地域・自律

この項目を読み飛ばす 前の項目へ戻る

●道と市町村の総力で挑む地域づくり
・総合振興局・振興局と市町村が一体となったオーダーメイドの地域づくり
・北海道型地域自律圏の形成

▲特集(主な重点政策)に関するお問い合わせは、
道庁政策局まで(電話)(011)204-5132




2 お知らせ北海道

(1)プレミアム付旅行券や道産品の割引販売をご利用ください

この項目を読み飛ばす 前の項目へ戻る

お買い物、旅行、リフォームがお得
道では、道内で積極的に消費いただけるよう、お得な旅行券の販売などを行っています。この機会にご利用ください。

「旅をしよう!」どさんこ旅行券の発行
※道内宿泊・観光施設(札幌市内除く)で利用可
額面1万円分→8,000円で販売
※札幌市では、札幌市内の宿泊施設等で利用可能な旅行券を販売します。
▲道庁観光局(電話)(011)204-5306

ウェブ「北海道どさんこプラザ楽天市場店」とテレビ番組(HBC)での割引
販売指定の道産品を10~30%引で販売
▲道庁食関連産業室(電話)(011)204-5766

ウェブ「ニッポンセレクト」北海道サイトでの割引販売
指定の道産品を30%引で販売
▲道庁中小企業課(電話)(011)204-5332

道産木材を活用した住宅などのリフォーム・増改築の支援
商品券を交付(最大20万円)
▲北海道木材産業協同組合連合会(電話)(011)251-0683

※販売時期や条件は道のホームページまで
北海道 消費喚起 検索

▲お問い合わせは、道庁経済企画室まで(電話)(011)204-5309


(2)マイナンバーの通知がスタート

この項目を読み飛ばす 前の項目へ戻る

全国で社会保障・税番号制度が開始
10月以降、市町村から「通知カード」でマイナンバー(個人番号)が通知されます。マイナンバーは、社会保障・税・災害対策の分野で個人の情報を適切かつ効率的に管理するために活用されます。

●お問い合わせ先(全国共通ナビダイヤル)0570-20-0178
平日9時30分~17時30分(土・日・祝日、年末年始を除く)
一部IP電話等で上記ダイヤルにつながらない場合は050-3816-9405におかけください。

▲お問い合わせは、道庁情報政策課まで(電話)(011)204-5980



3 介護中・出産前後の皆さんを応援します。

この項目を読み飛ばす 前の項目へ戻る

(1)介護中の皆さんを応援
ホッカイドウ・ハートフル臨時支援事業

対象
平成27年4月1日時点において
・要介護認定3以上の認定を受けている方
・障害支援区分4以上の認定を受けている方
・特別障害者手当、経過的福祉手当及び特別児童扶養手当を受給されている方


支援内容
対象店舗で使用できる5,000円分の商品券の配布

対象店舗
介護関連用品をはじめ、日常生活に必要とされる商品を扱う店舗(ドラッグストア、コンビニエンスストア)など


使用期間
平成27年10月~平成28年1月末

▲お問い合わせは、道庁保健福祉部総務課まで(電話)(011)204-5242

(2)出産前後の皆さんを応援
こんにちは赤ちゃん・プレママ臨時サポート事業

この項目を読み飛ばす 前の項目へ戻る

対象
平成27年1月1日~12月31日に「母子健康手帳」の交付を受けた方


支援内容
対象店舗で使用できる5,000円分の商品券の配布

対象店舗
マタニティ関連用品をはじめ、日常生活に必要とされる商品を扱う店舗(ドラッグストア、コンビニエンスストア)など


使用期間
平成27年10月~平成28年1月末


▲お問い合わせは、道庁子ども子育て支援課まで(電話)(011)204-5235



4 みんなで応援!北海道新幹線

2015年度末開業予定
開業まで遅くともあと6カ月!
※2016年3月31日より起算


この項目を読み飛ばす 前の項目へ戻る

「北海道新幹線開業PRキャラバン隊」が活動中!
道内各地で開業を盛り上げていこうとPRキャラバン隊が結成され、6月に行われた出発式から活動スタート!7月の木古内駅・新函館北斗駅の駅舎見学会や、お祭り、イベント会場でPR活動を行っています。北海道新幹線カラーのキャラバンカーにご注目を!

イベント情報はこちら
北海道新幹線開業NAVI 検索
「新幹線キャラバンカー・どこでもユキちゃんイベントスケジュール」をご覧ください。


広報誌「ほっかいどう」次号は次号は11月の発行予定です。

発行/北海道総合政策部知事室広報広聴課
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 
(電話)(011)204-5110 (FAX)(011)232-3796

ページが終了しました。
ページの先頭へ戻る