スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 広報広聴課 >  平成23年度広報紙「ほっかいどう」アンケート結果


最終更新日:2013年4月30日(火)


平成23年度広報紙「ほっかいどう」アンケート結果


◎平成23年度広報紙「ほっかいどう」 アンケートでプレゼント

 広報紙「ほっかいどう」で実施したプレゼントの応募数とアンケートの結果をお知らせしてます。

■2012年3月号
 (1)有効応募数 3,440通
 (2)アンケート結果
  質問 広報紙「ほっかいどう」3月号はわかりやすかったですか?
  2012年3月アンケート結果グラフ

 (3)主なご意見・ご感想
  特集「世界遺産を目指す北の縄文」について
  ・北海道にこれほど多くの遺跡が発掘されているとは思わなく、興味深く読んだ。
   これからもいろいろな北海道に関する特集をお願いしたい。
  ・縄文遺跡の世界遺産登録を目指すというのは、道民と温度差があるように思う。
   学校で習うこともなかったので、まずは道民の中に浸透させることが必要と思う。
  広報紙全体について
  ・広報紙を楽しみに、何度も読み返している。文字も大きくなり、老眼にはありがたい。
   また、色もカラフルで情報も分かりやすく、「旬を食べよう」は出かけてみたくなる。
  ・広報紙で遺跡が紹介されていますが、他に道民が気にしている話題があるように思います。
   例えば電力問題、北海道の新幹線、景気対策なども紹介してほしいです。



■2012年1月号
 (1)有効応募数 4,328通
 (2)アンケート結果
  質問 広報紙「ほっかいどう」を見直す場合の選択肢として、適当と思うものをご回答ください。
      (複数回答可)
  2012-01アンケート結果画像

 「4その他」回答の内訳(複数回答)
  2012-01アンケート内訳

 (3)主なご意見・ご感想
  特集「地域の元気が、北海道の新たな活力に」について
  ・地域が独自に取り組んでいるさまざまなプロジェクトは、本当に北海道が元気になる源泉だと思った。
   今後もユニークなプロジェクトを載せてほしい。時には、公募しても面白いのではないだろうか。
  ・「総合振興局・振興局は地域づくりの拠点です。」とあるが、例えば、自分の総合振興局はどこにあるのか、
   に始まり、具体的にどんなことをしているのか、さっぱりわからない。もっともっと地域の人にアピールした
   方が良いのではないか。

  広報紙全体について
  ・ふだんは新聞等はあまり読まないが、カラーなので見ていて楽しいので、よく拝読している。
  ・市政函館や議会だよりはちゃんと読んでいるが、広報紙ほっかいどうは何だか読む気がしない。
   何でだろうか。文字ばかり羅列されているからだろうか。 


■2011年11月号
 (1)有効応募数 1,817通
 (2)アンケート結果
  質問 今後、広報紙「ほっかいどう」をやむを得ず見直すとした場合、次のどれが適当と思いますか。
      (複数回答可)
   2011-11広報紙アンケート結果

  「4その他」回答の内訳(複数回答)
   2011-11広報紙アンケート「その他」内訳

  (3)主なご意見・ご感想
   特集「オール北海道で、おいしい食を発信!」について
   
・道産小麦を使ったスイーツや魚皮を使った魚醤油の開発がとてもわかりやすく出ていて良いと思う。
    どこで手に入るか書いてあるともっと有り難いと思う。ぜひ味わってみたいので、次回からのせてほしい。
   ・クラスターという言葉をわからないでいた。調べもしないで今にいたっていたが、この広報でよくわかった。

   広報紙全体について
   
・文字のサイズがとても読みやすくなり、各地の動きの情報を知るにはとても役立つ。
    広く浅いだけでも地方の活動を知ることができ、社会の流れ等がわかる。
   ・イベントやスポット紹介はいろいろな雑誌や違う広告の中でも紹介されていることが多く、
    新鮮さがないと思う。


■2011年9月号
 
(1)有効応募数 1,773通
 (2)アンケート結果
   質問 今回の広報紙は、どのようにお手元に届きましたか?

       ・主な配布方法別の回答結果

  2011-09広報紙アンケート結果

 (3)主なご意見・ご感想

   特集「平成23年度北海道予算」について
   ・北海道の予算や取り組みはあまり興味がなく、どんな活動をして、税金は何に使っているかなど、
    まったく知りませんでした。なんとなく手にとり読んでいくと、人を支える活動を数多くしていることが
    わかりました。内容は深くは書かれていませんが、読みやすく理解しやすい内容でした。
   ・現在、道の借金額がいくらあるか、毎年いくら借金を返済しているか記載し、道民に知らせることで
    危機意識をもってもらうこと。将来につけを残さない。はっきりした金額で、借金がこれだけありますと
    書いてほしい。未来の子どもたちのために自己責任を持ちたい。なかなか借金は返せないもの。

   広報紙全体について
   ・当初は薄っぺらくて大丈夫かと思っていたが、必要にして十分な情報量です。冊子だとあまり
    読まないかもしれない。
   ・誌面がびっしり詰まっていて読みづらい。もっと文字を大きくして、文字間を工夫して欲しい。

 

■2011年7月号
 (1)有効応募数 3,105通
 (2)アンケート結果
   質問 今回の広報紙は、どのようにお手元に届きましたか?

       ・主な配布方法別の回答結果

   2011-07アンケート結果
   
 (3)主なご意見・ご感想

   特集「考えよう、エゾシカと私たちの環境」について
   ・エゾシカの特集ということで、とても興味をもって読ませていただきました。以前からエゾシカの問題
    については、新聞・テレビなどでいろいろ読んだり、聞いたりしていましたが、シカの革や角まで活用
    できることは知りませんでした。もっとこのあたりのスーパーなどでも、安価にシカ肉が出回ってくれると
    良いと思います。
   ・エゾシカについての内容が、とても分かりやすく書いてありました。ただ、バランスをとって共生していく
    目安として、どの程度に減らし、その後はどのようにバランスを保っていくのか、という将来のビジョンも
    知りたかったです。

   広報紙全体について
   ・カラフルさ、限られたスペースでの盛りだくさんの記事、効率的な文、写真等々。
    忙しくても、すぐ開いて見入ってしまう感じです。
   ・チラシと同じ新聞折込では、うっかり見逃してしまうこともあると思う。

平成22年度広報紙「ほっかいどう」 アンケート結果はこちら

                                    課のトップページへ

                                    道のトップページへ

    お問い合わせ先     

総合政策部知事室
広聴広報広聴課
道政広報グループ

電話011-204-5110