スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 広報広聴課 >  H25意識調査の概要(環境問題への関心・考え方)


最終更新日:2014年1月31日(金)


H25意識調査の概要(環境問題への関心・考え方)


  環境問題への関心・考え方について

担当部課:環境生活部環境局環境推進課

内線:24-205

 

◆調査の目的

 「北海道環境基本計画[第2次計画]」の策定から5年以上が経過していることから、あらためて道民のみなさまの環境問題への関心や考え方などについての意識を把握し、その結果を基に今後の検討内容に役立てるため。

 

◆各設問の主な調査結果(回答数の多かったもの上位3位までを記載)

問1 北海道の環境の状況に対する満足度

 1 まあまあ満足している(51.7%

 2 どちらでもない(28.5%

 3 やや不満である(11.7%

問2 環境問題(地球規模から身近な問題までを含む)についての関心度

 1 関心はやや高い(58.3%

 2 関心はやや低い(20.9%

 3 高い関心がある(17.6%

問3 関心の高い環境問題(複数回答)

 1 地球環境問題(63.4%

 2 放射性物質による環境汚染(44.3%

 3 エネルギーの需給問題(43.9%

問4 日常生活における環境に配慮した行動の状況

 1 少し行動している(61.6%

 2 あまり行動していない(20.2%

 3 十分行動している(15.2%

問5 日常生活で心掛けている環境に配慮した行動(複数回答)

 1 ゴミの分別やリサイクルをするようにしている(91.2%

 2 自然環境を汚さないようにしている(84.3%

 3 ゴミを出さないようにしている(63.6%

問6 環境に配慮した行動についての認識(複数回答)

 1 地域の制度があれば従うのは当然だと思う(49.0%

 2 環境保全の取組は地域や経済の発展につながる(48.0%

 3 習慣であり特に意識することではない(37.8%

問7 環境への負担が少なくきれいな北海道を保ち続けていくために重視すべき方法(複数回答)

 1 省エネルギーや風力、太陽光などの再生可能エネルギーの利用の促進(56.6%

 2 自然公園など北海道のすぐれた自然の保全(38.6%

 3 廃棄物等の発生・排出の抑制及びリサイクルなどの推進(33.4%