スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 広報広聴課 >  北朝鮮によるミサイルの発射についての知事コメント(平成29年7月29日)


最終更新日:2017年7月31日(月)

 

【総務部危機対策局危機対策課】  


 北朝鮮によるミサイルの発射についての知事コメント  



 昨日23時42分頃、北朝鮮が日本海に向けてミサイルを発射し、我が国の排他的経済水域内で、本道積丹半島の西約200キロメートル、奥尻島の北西約150キロメートルに落下したものと推定される。
 
 道民の安全・安心に対し極めて憂慮すべき事態であり、断じて容認することはできない。
 
 北朝鮮による一連の弾道ミサイルの発射は、国連安保理決議に明白に違反しており、政府においては、北朝鮮がこのような不測の事態も生じかねない暴挙を繰り返すことがないよう、国際社会との連携のもと、適切に対処していただくことを強く要望する。 


                       
 
                                   
                                      
平成29年7月29日                 
                                      
                                         北海道知事 高橋 はるみ

   
 
◆知事コメント集のページへ