スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 広報広聴課 >  EUとのEPA交渉の大枠合意を受けての知事コメント(平成29年7月6日)


最終更新日:2017年7月07日(金)

 

【総合政策部政策局】
【農政部農政課】
【水産林務部総務課】  


 EUとのEPA交渉の大枠合意を受けての知事コメント  



  ベルギー・ブリュッセルにおける日EU首脳協議において、7月6日、EPA交渉が大枠合意に至ったとの発表がありました。

 農林水産業は本道の基幹産業であり、関連産業を含め、地域の経済や道民の皆さんの生活に密接に関わっていることから、私としては、今回の合意により、チーズ等の乳製品や豚肉など、農林水産物等の需給緩和や価格低下はもとより、地域経済や社会への大きな影響が生じることを懸念しており、道内関係者からも不安の声が上がっています。


 国に対しては、交渉結果について、関係者や地域に対する丁寧な説明を行っていただくこととともに、農林漁業者の皆さんが希望と意欲を持って経営に取り組み、本道の農林水産業が持続的に発展していくため、万全な対策を講じていただくよう、関係団体とも連携を図りながら、強く求めてまいります。


                       
 
                                   
                                      
平成29年7月6日                 
                                      
                                         北海道知事 高橋 はるみ

   
 
◆知事コメント集のページへ