スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 広報広聴課 >  日露首相会談結果(北方領土関連)に対する知事コメント(5/13)(広報広聴課)


最終更新日:2009年5月13日(水)


日露首相会談結果(北方領土関連)に対する知事コメント(5/13)(広報広聴課)


’09/05/13  【総務部北方領土対策本部】

 

麻生総理とプーチン首相との会談結果(北方領土関連)に対する知事コメント
                                          

 この度の麻生総理大臣とプーチン・ロシア首相との間で行われた会談において、北方領土問題の解決へ向けた具体的な進展がみられなかったことについて、残念に思っております。

 しかしながら、最近行われた一連の日露首脳会談を踏まえ、プーチン首相との間でも、自分たちの世代で、北方四島の帰属の問題の最終的な解決を図る必要があるとのことで一致し、本年7月のG8サミットでの首脳会談において、引き続き協議することが確認されており、北方領土問題の早期解決のための外交交渉が、一層加速されることを期待しているところです。

 昨日、開催された「日露知事意見交換会」において、元島民の方々、そして、道民の皆さんの思いをプーチン首相に私から直接申し上げたところであり、今度とも道民の皆さんと力を合わせて、領土問題の一日も早い解決に向け、粘り強く取り組んで参ります。

 

                                     北海道知事 高橋 はるみ