スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 総務課 >  吉根 正治郎


最終更新日:2019年12月26日(木)

吉根 正治郎

帯広カムイトウウポポ保存会会長・日新会会長吉根 正治郎(よしね まさじろう)

生没年:1922年~1996年 / 北海道本別町

幼少期より伏古コタンでアイヌである吉根リツに育てられました。やがてアイヌの為に活動することとなります。帯広カムイトウウポポ保存会では、長年にわたり会長をつとめ、「チヨマトー慰霊祭」などでの保存会の活動を支えるなど、アイヌ文化の継承・保存活動に取り組んできました。また、1986(昭和61)年の帯広市アイヌ納骨堂の建設、1987年から開始された「アイヌ共同墓地納骨堂慰霊祭」の実施、これに合わせた北海道大学からの遺骨の返還と合祀など、地域のアイヌの人々にとって大切な、墓地や先祖の慰霊にも大きく貢献しました。

帯広市生活館(ふくろうの館)

  • 住所/帯広市柏林台東町2丁目2番地
  • 電話番号/0155-34-6552
  • 営業時期/通年
  • 営業時間/9:00~22:00
  • 定休日/月曜日(祝日の場合翌日)、祝日の翌日(翌日が土・日の場合開館)、年末年始(12月29日~1月3日)
  • アクセス/柏林台駅より南へ徒歩約10分
  • 入館料/無料
  • 施設URL(外部リンク)/https://www.city.obihiro.hokkaido.jp/hokenfukushibu/shakaika/obihiroshiseikatsukan.html

生活館はアイヌの人たちの生活文化の向上と社会福祉の増進に寄与することを目的にとしています。日常交流の場として、生活・教育等に関する相談や伝統的な文化の保存・伝承事業の場として、アイヌの人たちの活動・交流の拠点となっています。近隣地域の皆様には、アイヌの人たちへの理解を深める場、地域活動の場として、アイヌの人たちの事業活動に支障のない範囲において開放しています。