スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 総務課 >  琴似 又市


最終更新日:2019年12月05日(木)

琴似 又市

琴似 又市

札幌地方のアイヌ民族指導者琴似 又市(ことに またいち)

生没年:1840年代~1890年代 / 北海道浦臼町

松浦武四郎の記録によれば「ウラシナイ」(現 北海道浦臼町)の生まれ。少年時代に石狩川下流に住み幕府の役人の「めしたき(身の回りの世話をする役)」などをするなかで、日本語の読み書きなどを身につけました。明治初年は現在の札幌の都心近くに住み、開拓使から当時のコトニの「乙名」(地域のアイヌのリーダー)に任じられていますが、後に石狩川下流に近い郊外に転居しています。また研究者に札幌のアイヌ文化を語り残した人でもありました。写真/北海道大学附属図書館所蔵

サッポロピリカコタン

サッポロピカコタン

  • 住所/札幌市南区小金湯27番地
  • 電話番号/011-596-5961
  • 営業時期/通年
  • 営業時間/8:45~22:00
  • 定休日/月曜日、祝日、毎月最終火曜日、年末年始
  • アクセス/札幌中心部から車で40分、じょうてつバス「小金湯」下車、定山渓線【快速7】【快速8】大通西1から約60分、定山渓温泉【12】地下鉄真駒内駅から約38分※いずれも「小金湯」下車、徒歩約6分
  • 入館料/入館無料 展示室観覧料のみ有料  一般200円(180円) 高校生100円(90円) 中学生以下 無料 ()内は20人以上団体料金
  • 施設URL(外部リンク)/https://www.city.sapporo.jp/shimin/pirka-kotan/

サッポロピカコタンとは、アイヌ語で「札幌の美しい村」という意味です。この施設は、北の大地に先住し独特の文化を育んできたアイヌ民族の生活や歴史、文化などを楽しみながら学び、理解を深めていただくことを目的としております。展示室には伝統衣服や民具など約300点展示されており、実際に手にとって見ることができます。