スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 総務課 >  萱野 茂


最終更新日:2019年12月26日(木)

萱野 茂

アイヌ民族初の国会議員萱野 茂(かやの しげる)

生没年:1926年~2006年 / 北海道平取町

幼少期にアイヌ語をよく知る祖母のもとで育ち、青年期は炭焼きや測量士などに従事していましたが、伝統的な生活文化が急速に喪われる様子や、研究者や蒐集家の振る舞いに心を痛めたことなどがきっかけとなり、自ら民具を集め、アイヌ語の録音を始めました。1972(昭和47)年に二風谷アイヌ資料館を設立、『アイヌの碑』『ウエペケレ集大成』『萱野茂のアイヌ語辞典』など多くの著作を発表していきます。1983(昭和58)年には自ら講師となる「二風谷アイヌ語塾」を開設するなど、アイヌ文化の記録と伝承に取り組みました。1994(平成6)年に参議院議員となり、アイヌ文化振興法の成立などに力を尽くしました。

萱野茂二風谷アイヌ資料館

  • 住所/平取町字二風谷79番地
  • 電話番号/01457-2-3215
  • 営業時期/通年
  • 営業時間/9:00~16:30
  • 定休日/無休(12月~3月は電話にて事前連絡が必要)
  • アクセス/JR日高本線鵡川駅下車 タクシーで約30分
  • 入館料/個人/大人400円、小中学生150円(博物館との共通割引有) 団体(20名以上)/大人350円、小中学生100円 
  • 施設URL(外部リンク)/http://www.town.biratori.hokkaido.jp/kankou/bunka/bunka6/

民族文化の研究者で自身もアイヌ民族である故萱野茂氏が、約半世紀の時間をかけて収集したアイヌ民具や海外の民俗資料、地域の農機具など幅広く展示しています。