スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 総務課 >  川上 勇治


最終更新日:2020年1月08日(水)

川上 勇治

エカシやフチの語りを記録川上 勇治(かみかわ ゆうじ)

生没年:1930年~2004年 / 北海道平取町

1930(昭和5)年、平取村ペナコリに生まれました。1963(昭和38)年に川上牧場を開設して軽種馬生産を始め、その傍ら古老らからのウバクマ(言い伝え)などの聞き取りを開始、それらは『サルウンクル物語』、『エカシとフチを訪ねて』などの著作としてまとめられ、今日に遺されています。地元の歴史をまとめた『郷土史におい』でも編集の中心を担いました。また、北海道アイヌ協会の理事や平取町二風谷アイヌ語教室の運営委員長など、アイヌ民族の権利回復や文化伝承の要職をつとめました。

平取町アイヌ工芸伝承館ウレ

  • 住所/沙流郡平取町字二風谷77番地14
  • 電話番号/01457-3-7501
  • 営業時期/通年
  • 営業時間/9:00~17:00
  • 定休日/月曜日(祝祭日の場合は翌日)、年末年始(12月31日~1月5日)
  • アクセス/JR日高本線鵡川駅下車 タクシーで約30分
  • 入館料/無料
  • 施設URL(外部リンク)/https://biratori-urespa.jp/

アイヌ工芸の魅力の発信や人材育成の拠点として整備され、館内には木彫・アットゥシを制作するスペースや染め物などの手仕事スペースが設けられています。
また、レーザー加工機なども設置され、木彫・刺繍、レーザー加工などの体験メニューも用意されています。