スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 総務課 >  川田 龍吉


最終更新日:2019年12月05日(木)

川田 龍吉

川田 龍吉

男爵いもの生みの親川田 龍吉(かわだ りょうきち)

生没年:1856年~1951年 / 高知県高知市

土佐出身の川田龍吉は、青年時代、造船技術を学ぶためにイギリスへ留学。帰国後は三菱製鉄所、日本郵船会社、横浜ドックを経て、函館ドック代表取締役専務に就任。晩年は北海道農業近代化のために生涯を捧げ、海外より最新式の農機具や、様々な種いもを取り寄せて試験栽培を行ない、じゃがいもを普及させることに努めました。後に、このじゃがいもは「男爵様が育てたいも」であることから、「男爵いも」と名付けられました。

THE DANSHAKU LOUNGE

THE DANSHAKU LOUNGE

  • 住所/亀田郡七飯町峠下379-3
  • 電話番号/0138-82-8888
  • 営業時期/通年
  • 営業時間/9:00~18:00
  • 定休日/年末年始
  • アクセス/新函館北斗駅からバス約10分
  • 施設URL(外部リンク)/https://danshaku-lounge.com/

レストラン・テイクアウト・ショップからなる、ミュージアム一体型商業施設。館内には蒸気自動車をはじめ、川田龍吉男爵がアメリカから輸入した農耕具や、家具、生活雑貨などを展示。男爵の死後、金庫内から発見された、スコットランド留学時の恋人で、男爵いもを作るきっかけとなった女性ジェニーから送られたラブレターのディスプレイは圧巻です。