スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 総務課 >  石川 啄木


最終更新日:2019年12月05日(木)

石川 啄木

石川 啄木

煌めきの歌人石川 啄木(いしかわ たくぼく)

生没年:1886年~1912年 / 岩手県岩手郡日戸村(現 岩手県盛岡市)

本名は一(はじめ)。学齢より1年早く渋民尋常小学校に入学。盛岡高等小学校時代から文才を発揮。18歳のときに新詩社同人となり、「明星」に「愁調」と題する五編の詩を発表。この時から筆名を啄木とします。1905(明治38)年、処女詩集「あこがれ」を刊行、節子と結婚。1907(明治40)年、函館に訪れ、弥生尋常小学校の代用教員となりますが、函館大火により離函。1910(明治43)年には、処女歌集「一握の砂」を刊行しました。

石川啄木函館記念館

石川啄木函館記念館

  • 住所/函館市日乃出町25-4
  • 電話番号/0138-56-2801
  • 営業時期/通年
  • 営業時間/9:00~18:00
  • 定休日/12月31日、1月1日
  • アクセス/「啄木小公園」バス停から徒歩約1分
  • 入館料/大人:800円、中高生:600円、小学生500円
  • 施設URL(外部リンク)/http://www.romankan.com/

津軽海峡を見渡せる大森浜沿い、「啄木小公園」に隣接して建つ記念館。石川啄木の実像ロボットとワイドスクリーンによる映像で啄木の全てがわか。その他貴重な資料を豊富に展示。