スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 総務課 >  藤戸 竹喜


最終更新日:2019年12月26日(木)

藤戸 竹喜

カムイに導かれた孤高の熊彫り職人藤戸 竹喜(ふじと たけき)

生没年:1934年~2018年 / 北海道美幌町

12歳、旭川近文で父のもと熊を彫り始めました。15歳で職人として仕事へ来た阿寒の大自然に魅せられ、28歳でアイヌコタンに店を持ちました。以来、意欲的に制作に励み独自の世界を築き上げていきました。熊を初め野生動物の活き活きとした描写、自らのルーツであるアイヌ先人達の精神が宿るがごとき等身大立像、また少年時代からの念願だった絶滅したエゾオオカミにも息を吹き込み、アイヌと狼の一連の物語を残しています。振り返れば、貫かれているのは、北の大地に生きた命を愛しむ心、そこに辿り着きます。

あかん遊久の里 鶴雅/あかん湖 鶴雅ウイングス

  • 住所/釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6番10号
  • 電話番号/0154-67-4000
  • 営業時期/通年
  • アクセス/阿寒湖バスセンターから徒歩約10分
  • 施設URL(外部リンク)/https://www.tsuruga.com/gallery/bijyutsukan.html

あかん遊久の里 鶴雅ギャラリー「ニタイ」、あかん湖 鶴雅ウイングスロビーギャラリー「イランカラプテ」。
先人への敬意、自然への感謝をもって、阿寒やアイヌの文化をお伝えすべく、木彫りの伝統工芸品など多数展示しております。お越しの際はぜひ、足をお運びいただき、阿寒とアイヌの文化を肌で感じて下さい。