スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 交通政策局交通企画課 >  バス・タクシー業界における新型コロナウイルス感染症感染防止対策ガイドライン


最終更新日:2021年1月08日(金)

バス・タクシーにおける新型コロナウイルス感染症感染防止対策ガイドライン

 北海道では、感染拡大防止ガイドライン策定普及モデル事業により、バス・タクシー業界における、新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けた取組を支援しています。
 この度、北海道バス協会・北海道ハイヤー協会・全国個人タクシー協会北海道支部・北海道貸切バス適正化センター・北海道陸運協会では、密閉・密集・密接のいわゆる「3密」が発生しやすく、オンラインによる代替対応が困難なバス・タクシー業界における感染防止の取組を進めるため、「バス・タクシーにおける新型コロナウイルス感染症感染防止対策ガイドライン」を策定し、業界全体で感染防止に向けた対策を進めています。

感染拡大防止ガイドライン策定普及モデル事業の概要(PDF)

2020-11-24

「バス・タクシーにおける新型コロナウイルス感染症感染防止対策ガイドライン(第5版)」(PDF)


ガイドラインに基づく感染防止対策


 バス事業者、タクシー事業者は、各事業者がその運行状況に応じて、ガイドラインに基づいた感染防止対策の実施に努めています。
 本ページでは事業者の感染防止対策の取組の一例をご紹介します。

※各社が運行状況に応じて感染防止対策に努めています。

バス車内での取組

  • 車内の消毒

    バス車内の消毒
    バス車内の座席やつり革、手すり、防護スクリーンなど乗務員や乗客が頻繁に触れる箇所についてこまめに消毒をしています。
  • 防護スクリーンの設置と座席の利用制限

    バス座席使用制限
    利用状況を踏まえ、一部の座席の利用を制限していることがあります。

タクシー車内での取組

  • 車内の消毒

    ハイヤー消毒
    乗務終了後に次亜塩素酸ナトリウムやエタノール等を用いて車内消毒を徹底しています。
  • 電子決済用端末の設置

    非接触
    乗客との直接接触の機会を減らすためにカードやスマートフォンなどを活用した電子決済の導入を進めています。

タクシー乗り場での取組

  • フットマークの掲示

    フットマーク
    タクシーの待ち列をつくる際には、できる限り身体的距離の確保についてご協力をお願いします。


新型コロナウイルス感染防止対策PRイベント

  北海道バス協会では、新型コロナウイルスの感染が拡大している中、安心してバスを利用してただくため、車内の空気を数分で換気できる空調の性能をアピールするイベントを開催しました。イベントでは参加者に実際にバスに乗ってもらい、発煙装置を使って車内に白煙を充満。空調のスイッチが入ると、充満していた白煙がたった5分で車内から無くなり、参加者を驚かせました。

イベントの様子

  • 主催者挨拶

    換気イベント
  • 車内に充満した白煙が・・・

    換気イベント
  • バスの空調による換気

    換気イベント
    わずか5分で白煙は完全に換気されました!
  • ガイドラインに基づく取組についても説明!

    換気イベント
    イベントでは、換気体験のほか、車内消毒の徹底などバス業界全体で取り組んでいるガイドラインに基づく対応についても説明しました。

開催概要

  • 日時場所

    日時 令和2年8月20日11時~12時
    場所 北海道庁赤れんが庁舎前庭
  • 内容

    ・バス利用促進キャンペーンPR  
    ・新型コロナウイルス感染防止対策のPR
  • 協力事業者

    北海道中央バス株式会社、札幌観光バス株式会社、北海道日野自動車株式会社、三菱ふそうトラック・バス株式会社
  • 参加者

    北海道運輸局、北海道、札幌市、北海道教育委員会、北海道観光振興機構、JATA、ANTA,報道機関
  • 主催

    一般社団法人北海道バス協会、北海道
  • 後援

    北海道運輸局
  • このページに関するお問い合わせ
    〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
    総合政策部交通政策局交通企画課地域交通係
    電話番号:011-204-5163
    FAX番号:011-232-4643
    メールアドレス:sogo.koki1@pref.hokkaido.lg.jp