スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 政策局参事 >  サマータイム実施結果


最終更新日:2013年6月25日(火)


サマータイム実施結果





 サマータイムに関するこれまでの取組について

 

 

 

道では平成17年度からサマータイムの試行を行いました。


 平成17年度から20年度までの4年間、北海道庁では、一部の職員が通常の勤務時間より1時間早出出勤する形態で、サマータイムの試行を実施しました。

 夏場の日照時間が全国で最も長い北海道の地域特性を踏まえ、早朝や夕方の明るい時間を有効に活用できる機会を創り出し、業務やライフスタイル、さらにはCO2削減量等の環境への効果・影響などを検証することを目的として、平成17・18年度は札幌商工会議所で実施した「北海道サマータイム実証実験」に参加し、19・20年度は道独自の取り組みとして実施致しました。

 

 平成19年度~20年度の取組概要

 

実施名称

エコ・サマータイム実践PR事業

年    度

19年度

20年度

実施目的

○サマータイムに関する道民議論の喚起。
○環境に対する意識の向上

実施期間

7月17日~8月10日(4週間)

7月1日~8月8日(6週間)

参加部局

本庁各部、14支庁 本庁各部、14支庁
人事委員会事務局、監査委員事務局
企業局、教育庁、北海道警察本部 等

参加人数

2,491名

3,738名

実施内容

○参加職員は勤務時間を通常より1時間
   早める早出出勤を実施
○参加職員に「環境配慮行動実践シート」を
   配付し、期間中の環境配慮行動による
   CO2(二酸化炭素)排出削減効果等を
   検証
○期間終了後、参加職員を対象に、アンケ
   ート調査を実施

 

   平成19年度の実施結果はこちらから
   参考資料1 環境配慮行動実践シート
   参考資料2 エコ・サマータイム実践PR事業
           に関するアンケート票

○参加職員は勤務時間を通常より1時間
   早める早出出勤を実施
○参加職員は「北海道環境宣言」に基づく
   環境配慮行動の個人メニュー(マイ行動
   メニュー
)を作成、登録、実践
○期間終了後、参加職員を対象に、環境
   配慮行動の実施状況について、アンケ
   ート調査を実施
○7月7日のガイアナイトに併せて本庁舎
   の一斉消灯(20時~22時)を実施

  平成20年度の実施結果はこちらから
 参考資料1 環境配慮行動メニュー(41項目) 
 参考資料2 マイ行動メニューによるエコサマー
         タイム実践PR事業イメージ
 参考資料3 エコ・サマータイム実践PR事業
         アンケート調査票

そ の 他

○道の単独事業(赤レンガ・チャレンジ事業)として実施

 

 

 

 

※ エコ・サマータイム実践PR事業「マイ行動メニュー」とは
   エコ・サマータイム実践PR事業の「マイ行動メニュー」は、北海道環境宣言で提唱する「北海道環境スピリッツ」と、環境
  にやさしい8つの行動をより多くの道民のみなさんにご理解いただき、実践していただくため、道職員による環境行動の
  率先実行が不可欠であるとの考えのもと、「道民・事業者のための環境行動の手引き」に基づき、本事業に参加する職員
  が、エコ・サマータイム参加期間にあわせて、環境配慮行動の実践目標として作成したものです。
   作成にあたっては、より簡単にマイ行動メニューを作成できるツールとして「エコサマータイム実践PR事業『マイ行動
    メニュー』作成アシスタント」を作成して取り組みました。使用した作成アシスタントは以下のファイルをダウンロードすると
    体験できます。

  「エコ・サマータイム実践PR事業『マイ行動メニュー』作成アシスタント」(Windows版)のダウンロードはこちらから

 ◆使用に当たってのご注意◆
  ・作成アシスタントは、ご自分のパソコンに「保存」し、保存したファイルを起動して開かれたファイルの説明に従い、操作
       をしてください。
  ・エクセルのセキュリティレベルが「高」以上に設定されている場合は、セキュリティを「中」に下げる必要があります。
  ・本作成アシスタントの使用により生じたトラブル等については、北海道では一切の責任を負いませんので、ご了承願い
       ます。

 北海道環境宣言のページでは、通常版のマイ行動メニューアシスタントのご案内しています。是非ご活用下さい。

  「北海道環境宣言」はついては、こちらから

 

 

 

 平成17年度~18年度の取組概要

 

実施名称

北海道サマータイム実証実験

年    度

17年度

18年度

実施目的

○道職員の業務やライフスタイルへの効果・影響等の検証
○民間の取組を広げ、サマータイムに関する道民議論の喚起

実施期間

7月4日~7月29日(4週間)

7月10日~8月11日(5週間)
参加部局 本庁各部、5支庁
人事委員会事務局、監査委員事務局
企業局、教育庁 等
本庁各部、14支庁
人事委員会事務局、監査委員事務局
企業局、教育庁、北海道警察本部 等

参加人数

約3,200名

5,753名

実施内容

○参加職員は勤務時間を通常より1時間
   早める早出出勤を実施
○期間終了後、札幌商工会議所と連携
   して、参加職員を対象にアンケートを
   実施

 平成17年度の実施結果はこちらから
 参考資料 サマータイム導入実験に関する
       アンケート票

○参加職員は勤務時間を通常より1時間   
   早める早出出勤を実施
○期間終了後、札幌商工会議所と連携
   して、参加職員を対象にアンケートを
   実施

 平成18年度の実施結果はこちらから
 参考資料 サマータイム導入実験に関する
         アンケート票

そ の 他

○札幌商工会議所が主催する試験に参加(札幌商工会議所では平成16年度から「北海道サマー
   タイム実証実験」を開始されましたが、道では平成17年度から参加しました)
          札幌商工会議所の北海道サマータイム実証実験の結果はこちらから                                   

 

 

 

   


総合政策部政策局参事
TEL : 011-204-5105