スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 政策局参事 >  北海道土地利用基本計画


最終更新日:2006年2月18日(土)


北海道土地利用基本計画


北海道土地利用基本計画

 土地利用基本計画は、都道府県が国土利用計画(全国計画及び都道府県計画)を基本として策定するもので、都市計画法、農業振興地域の整備に関する法律、森林法、自然公園法、自然環境保全法等の個別規制法に基づく諸計画に対する上位計画として行政内部の総合調整機能を果たすとともに、土地取引に関しては直接的に、開発行為については個別規制法を通じて間接的に、規制の基準としての役割を果たすものです。

 現行の北海道土地利用基本計画は、国土利用計画(全国計画及び北海道計画)の変更を受けて、平成22年3月25日に変更したもので、土地が私たちのための限られた資源であるとともに生活及び生産活動を通ずる諸活動の基盤であることにかんがみ、その利用は、公共の福祉を優先させ自然環境の保全を図りつつ総合的かつ計画的に進めることを基本方向としています。

 なお、土地利用基本計画は、土地利用の調整等に関する事項を記述した計画書と、都市地域、農業地域、森林地域、自然公園地域及び自然保全地域の五地域の範囲を5万分の1の地形図に表した計画図で構成されてます。

 
  ・北海道土地利用基本計画-第4次-(PDFファイル)
 
  ・土地利用に関する計画体系図 (PDFファイル)

  ・土地利用基本計画の変更

   ・土地利用基本計画図(例)