スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 政策局参事 >  緊急対策(コロナ)


最終更新日:2020年5月26日(火)

> 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報」 TOPページ

北海道における新型コロナウイルス対策の展開方向 -令和2年4月-

 本年1月下旬、道内で初の新型コロナウイルスの感染が確認され、他地域に先行して感染が広がる中、道では2月28日、独自に緊急事態を宣言し、道民の皆様の理解と協力のもとで感染拡大の防止に取り組んできました。

 現在、国内外で感染が急速に拡大してきており、道内においても第2波とも言える感染拡大が進む中、国は4月16日、法律に基づく緊急事態宣言を本道を含む全国を対象に発出しました。

 道では、「道民の生命と暮らしを守る」ことを最優先に、感染拡大防止に向けて徹底した取組を進めるとともに、社会経済への影響をできる限り抑えていくため、道民の皆様、事業者の方々と一体となって感染拡大防止の徹底と社会経済活動の両立を目指す取組を進めます。

北海道における新型コロナウイルス対策の展開方向 (PDF)


新型コロナウイルス感染症に関する主な施策

 道における緊急対策【第1弾】、【第2弾】に、関連する国等の施策を加えた一覧です。

国及び道における主な施策の一覧(PDF 5月15日現在)


緊急対策 第2弾 -令和2年4月-

  国の緊急経済対策と密接な連携を図りながら、徹底した感染拡大防止対策に取り組むとともに、甚大な影響を受けている社会経済活動の維持・継続を図るため、先に措置した緊急対策【第1弾】に加え、【第2弾】として、以下の取組を進めます。

  今回の補正予算額は784億円(対策規模:3,316億円)、第1弾と合わせた予算額累計は1,064億円(対策規模累計:3,545億円)となります。

緊急対策【第2弾】の概要 (PDF)

緊急対策1

緊急対策2

緊急対策3


緊急対策 第1弾 -令和2年3月-

  新型コロナウイルス感染症に関する緊急対策として、「感染拡大の防止と医療提供体制の強化」及び「道内経済や道民の皆さまの生活への影響の緩和」を柱とし、「検査体制の整備等」や「医療提供体制の強化」に加え「中小・小規模事業者の事業継続・雇用維持」、「感染リスクを低減しつつ経済活動を行う取組の支援」などを盛り込みました。

◇ 緊急対策【第1弾】の概要 (PDF)

このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
総合政策部政策局参事
電話番号:011-204-5105/FAX番号:011-232-6313