スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 政策局参事 >  イベントの開催について(コロナ)更新


最終更新日:2020年9月24日(木)

イベント等の開催制限の緩和について 

 イベント開催については、現在の感染状況やこれまで得られた知見を踏まえて、9月19日(土)以降は以下の条件において緩和することとしました。(当面11月末まで

<収容率及び人数上限の緩和を適用する場合の条件>

■ イベント主催者と施設管理者の双方において「業種別ガイドライン」により必要な感染防止策を担保していること 

■ イベント主催者と施設管理者の双方において感染防止の取組が公表されていること

 なお、イベントの開催につきましては、「新北海道スタイル」の実践「業種別ガイドライン」の遵守が前提となりますので、イベント主催者及び施設管理者におかれては、これらの徹底についてお願いします。

収容率、人数上限の目安

 イベント等の開催制限の緩和の考え方は以下のとおりです。(当面11月末まで

収容率と人数上限でどちらか小さいほうを限度とします。(両方の条件を満たす必要) 

開催制限の目安

(※)異なるグループ間では座席を1席空け、同一グループ(5人以内に限る。)内では座席間隔を設けなくてもよい。(グループ数によっては収容率が50%を超える場合がある。)

イベント例

■ イベント等の取扱いについてのQ&A 

■ イベント開催の目安人数確認シート(Excel)  イベント開催の目安人数の確認にご活用ください。 

地域の行事、全国的・広域的なお祭り、野外フェス等について

 参加者が自由に移動できるもののうち、入退場時や区域内の適切な行動確保ができないイベント(祭り、花火大会、野外フェスティバル等)については、以下のとおりの取り扱いとします。

■ 全国的又は広域的な人の移動が見込まれるものや参加者の把握が困難なもの
  引き続き、中止を含めて慎重に検討してください。開催する場合は、十分な人と人との間隔(1m)を設けるようにし、当該間隔の維持が困難な場合は、開催について慎重に判断してください。           

■ 地域で行われる盆踊り等、全国的又は広域的な人の移動が見込まれない行事であって参加者がおおよそ把握できるもの
   適切な感染防止対策(例:発熱や感冒症状がある者の参加自粛、三密の生ずる交流の自粛、手指の消毒、マスクの着用等)を講じた上で、開催してください。イベント主催者におかれては、北海道コロナ通知システムや接触確認アプリ(COCOA)の活用や感染拡大防止のためのベント参加者の連絡先等の把握の徹底に努めてください。

全国的な移動を伴うイベント又は参加者が1,000人以上のイベントの開催に係る事前相談について

 全国的な移動を伴うイベント又はイベント参加者が1,000人を超えるようなイベントの開催を予定する場合は、開催を判断していただく目安としてイベント主催者用セルフチェックシートを作成しましたので、ご活用いただき、感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

 なお、チェックシートの内容や開催にあたってご質問がある場合は、下記にご相談ください。

 イベント施設管理者におかれては、イベント主催者の方から相談がありましたら、このチェックシートのご活用をおすすめいただくようお願いします。

■  イベント主催者用セルフチェックシート(PDF)

このページに関するご相談先
北海道コロナ対策本部指揮室 総括・広報班
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-206-0143(月~金曜日 9:00~17:00)