スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 政策局総合教育推進課 >  基金生の帰国後の活動


最終更新日:2020年7月28日(火)

トップページ 募集コース 応援パートナー 第3期生の紹介 第2期生活動報告 第1期生の声 
留学前後のプログラム 寄附の募集 ロゴ その他情報

基金生の帰国後の活動

基金生の帰国後の活動バナー

海外チャレンジから帰国した基金生が帰国後に行った活動をご紹介します。
基金生は海外で学んだことを活かして、道内各地で様々な分野で活躍しています。海外で大きな学びを得て、一回りも二回りも成長した基金生の活動をご覧ください。

帰国後の活動  Vol.1(H30.10、PDF:1.2MB) Vol.2(H30.11、PDF:1.1MB) Vol.3(H31.1、PDF:1.0MB) 
           Vol.4(R1.6、PDF:1.0MB)   Vol.5(R1.10、PDF:1.0MB)  Vol.6(R2.6、PDF:969KB)

「北のアーティスト」スペシャルプログラムにダンス動画が掲載されました

西野留以 

 公益財団法人北海道文化財団が、新型コロナウイルス感染症の影響下で活動を自粛している道内在住及び出身の舞台芸術分野のアーティスト等の活動の場を提供し、作品等の動画をインターネット上で提供することにより道民の皆さまに身近に芸術文化に触れてもらうことを目的に取り組む「北のアーティスト」スペシャルプログラムに第1期生西野留以さんのダンス動画が掲載動画として選定され、インターネット上に公開されました。

 みらチャレ留学で学んだダンス技術を活かした躍動感とキレのあるダンスを披露しています。

 西野留以さんの動画 「Whereabouts/三岸好太郎美術館講演/北海道胆振東部地震復興支援チャリティコンサート」
 https://youtu.be/J3kEDFuG-is


オリジナルデザインのマスクを製作 ~留学で学んだ成果を活かしたものづくり~

帰国後活動6の3   アイヌ文様を発信するため、ロンドンに留学し、大学で服飾ビジネス等を学んだ第1期生の福沢大貴さん(東京の文化服装学院にて修学中)が、新型コロナウイルス下の北海道のためにできることを考え、マスクを製作し、R2年4月に北海道へ寄贈されました。

 マスクは、福沢さんのオリジナルデザインで、留学で学んだ成果を活かし、一つ一つ丁寧に縫製・梱包され、通気性のある繰り返し洗うことができる素材で作られています。

 寄贈されたマスクは、福沢さんのご意向を汲んで、北海道で新型コロナウイルス対策に従事している職員などに配布し、大切に活用させていただきました。

道内のワイン造り関係者と知見を共有 ~北海道ワインアカデミーでの留学成果報告~

帰国後の活動6の2   R2年2月に開催された道主催の「北海道ワインアカデミー」で、第2期生の今村直史さんが、ニュージーランド(NZ)での研修について報告しました。

 ワインアカデミーでは、道内でワイン造りに携わる方々の、栽培・醸造技術やマーケティングノウハウのレベルアップを目的として講義を実施しています。

 今回は約80名の出席者を前に、研修中の各月のブドウの生育状況、作業内容や、作業の中で気づいた栽培技術や設備の特徴等について、写真を交えたスライドを用いて説明を行い、NZと気象条件が異なる北海道でも導入できる可能性がある技術や設備等の専門的な話もすることで、出席した方々と研修で蓄積した知見を共有しました。

海外留学の経験を道内の高校生たちへ ~Hokkaido Study Abroad Program~

帰国後の活動6の1 

 R1年10月に道教育委員会主催の「Hokkaido Study Abroad Program」(道立高等学校の生徒の北海道大学への派遣・交流事業)が開催され、みらチャレ第2期生の立岩丈武さんがオーストラリアでの体験などを発表しました。

 立岩さんは、留学経験や留学を通して学んだこと、自分自身の気持ちの変化などを講演したほか、「何のために留学するのか」、「英語を話したいか、そのメリットは何か」というテーマで、グループワークも行いました。
 
 参加した高校生からは、「留学して良かったことは何か」という質問があり、立岩さんからは、自分の視野が広がったこと、専門的知識を学べたこと、自分に自信が持てるようになったことを伝えていました。 


ウッドプログラムを終えて ~木材研究、木造建築物建設プロジェクト報告会~

帰国後活動5の3    R1年10月に開催された浦幌町林産振興会青年部主催の勉強会で、第2期生の林泰佑さん、鴻野祐さんが、留学体験の報告を行いました。

  鴻野さんからは、留学先のアアルト大学で使われていた木材加工機械や、加工技術等について説明し、林さんからは授業の課題や、駅待合室の設計プロジェクトでの取組を、作業工程の写真を用いながら説明しました。

  勉強会の最後には参加者と質疑応答を行い、ウッドプログラムのように、木に関する知識、建築技術から実際の施工まで、体系的に学び経験できる機会が日本にはないことや、日本とフィンランドの木造建築の工法の違いなどについて、両名から話がありました。 

ワインと料理のコラボレーション! ~鶴居村での基金生共同による初イベント~

 帰国後活動5の2   R1年8月に開催された「農泊推進セミナー「食と観光」を考えるin鶴居村」で、第1期生の髙橋宗一郎さんと第2期生の服部大地さんが、留学体験の報告等を行いました。

  服部さんからは、「イタリアで培った技術を活かし、今後は地元食材を活かした料理を提供するなど、道産食材の素晴らしさを伝えていきたい」との、また高橋さんからは、「北海道らしい個性的なワインづくりに貢献するため、ワインと地元食材の組み合わせの面白さを伝えていきたい」と抱負がありました。

  その後、服部さんがシェフを務めるレストランに会場を移して交流会を開催し、鶴居村の食材を活かした料理を提供するとともに、髙橋さんは、メニューに合わせて選定した道産ワインの説明を行いながら、観光団体関係者、地元酪農家の方々と、情報交換を行いました。 

海外経験をオールイングリッシュで高校生たちへ ~北海道グローバル人材育成キャンプ~

帰国後活動5の1 

 R1年8月に開催された「北海道グローバル人材育成キャンプ」(道教育委員会主催)で、スポーツコース第1期生の齊藤雄大さんと、学生留学コース第2期生の立岩丈武さんが講師として登壇しました。このキャンプは全期間英語で進行し、北海道のグローバル化を担う人材の育成を目的として全道4地域で開催されています。

 斎藤さんは道北会場(北見)で、自身の留学生活や英語学習のモチベーションの維持の方法について講演しました。

 また、立岩さんは道央会場(札幌)で、留学を通して変わったことを講演したほか、「留学により得られるもの」などをテーマにグループワークを行い、自分たちの後に続く道内の高校生たちに、海外挑戦での体験や学びの大切さを伝えました。


地産地消の新メニューを発表 ~ハートンツリーでの留学成果発表会~

 帰国後活動4の3   スローフード発祥地イタリアに渡航して地産地消の調理法を学んだ、未来の匠コース第2期生の服部大地さんが、シェフを務めるレストラン「ハートンツリー」(鶴居村)で、留学成果の発表会を行いました。

  発表会で服部さんは、H31年6月1日からハートンツリーで新たに提供されるコース料理をお披露目するとともに、留学中の様子や学んだ調理技術などについてプレゼンテーションを行いました。

  コースで提供される料理は全て、帰国後に新たに開発したもので、主に地元で採れた食材を使用した地産地消の料理となっています。

多くの方々とのご縁に感謝 ~北海道発掘マガジンJP01でのインタビュー~

帰国後活動4の2 

  ワインについて学びにイタリアに留学した学生留学コース第1期生の髙橋宗一郎さんが、北海道を発掘するフリーマガジン「JP01」(ジェイピーゼロワン)のインタビューで、留学体験などを発表しました。

  インタビューでは、みらチャレへの応募のきっかけや面接の様子などのほか、現地の方々のワインに対する想いなど、実際に留学したからこそ学び得たことを伝えるとともに、みらチャレを通して得た多くの方々とのご縁への感謝を語っています。

 ※「JP01」(季刊誌)無償 編集・発行:総合商研(株)
  発行部数:50,000部
  配布場所:道内道の駅・SA・PA、主な観光案内所、レンタカー営業所など


夢の実現へ向け、新たな挑戦がスタート! ~障がい者スポーツクラブ設立~

帰国後活動4の1   障がい者スポーツを学びにアメリカに留学したスポーツコース第1期生の齊藤雄大さんが、H31年3月に障がい者スポーツクラブ「HOKKAIDO ADAPTIVE SPORTS」(ホッカイドウ・アダプティブ・スポーツ)を設立し、H31年3月8日に記者発表を行いました。

  このクラブでは、まだ競技人口の少ない障がい者スポーツ界において、1つのクラブで複数種目のチーム、スポーツスクールやジュニアの育成に取り組むこと、健常者の方も一緒に競技に参加できることが特徴となっています。

  今後は準備ができ次第、クラブへの参加者募集やスクール活動を開始する予定です。「北海道に障がい者スポーツの拠点をつくる」との夢の実現のため、みらチャレに応募した齊藤さんの新たな挑戦がはじまります。 

多くの方々が応援してくれる!思い切って挑戦を! ~みらチャレ留学説明会での発表~

帰国後活動3の2 

  みらチャレ第1期生として海外挑戦した学生留学コースの髙橋宗一郎さんと中川竣貴さん、スポーツコース齊藤雄大さんが、道主催のみらチャレ留学説明会で、留学体験を発表しました。

  みらチャレ留学説明会は、今年4月から募集開始予定の基金第3期生の募集PRのため、基金事業の説明や実際に留学した第1期生による留学体験談の発表などを行うもので、H30年11月以降、要望のあった6大学で開催させていただきました。

  約240名の学生に対し、第1期生からは、研修内容のほか現地での生活などを説明。最後に、目的を持って海外に渡航することで、実りのある留学になったと実感していること、自分だけの力では長期の留学を実現できなかったことなどを伝え、多くの方々が応援してくれるので、思い切って挑戦して欲しい!と参加した学生の皆さんにエールを送っていました。


絵画の囲む中、幻想的に舞い来場者を魅了 ~道立三岸好太郎美術館でのダンス公演~

 帰国後活動3の1

帰国後活動3の1の2

 文化芸術コースでアメリカのロサンゼルスにダンス留学した西野留以さんが、H31年1月に道立三岸好太郎美術館でダンス公演を行いました。

 公演は2回行われ、計206名の来場者を前に、「少女の歩み-絵画をめぐって」とのタイトルで、自ら企画・構成・振り付け・選曲を行ったダンスを披露。

 三岸好太郎が約100年前に制作した絵画が囲む美術館の中で、展示作品にまつわりながら、揺れ動く少女の内面、心の世界をダンスとバイオリンの生演奏で表現しました。

 ダンスには、西野さんの教え子の小学生ダンサーも登場。子ども時代を投影した役で登場した二人の小学生ダンサーとともに、バイオリン奏者の林ひかるさんの生演奏のもと、美術館という限られた空間を幻想的に舞いました。

 公演終了後、西野さんからメッセージをいただきました。
 「三岸好太郎さんの絵画は自分が生まれる前の作品で、想像でしか分からないことが多かったですが、絵と演奏を絡めて自分なりに一生懸命構成を考えました。上手く伝わったかは分からないですが、多くの皆さんにお越しいただいたことに感謝しています。これからも頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。」 

道産食材を活かすため新たな挑戦へ! ~札幌市民交流プラザ・DAFNE料理長に就任~

帰国後活動2の2  未来の匠コースでフランスの老舗三つ星レストランなどで修行した古里裕之さんが、H30年10月に札幌市民交流プラザ2階に開店したレストランDAFNE(株式会社アトリエ・モリヒコ経営)の料理長に就任しました。

 帰国後に古里さん自ら全道の農家、漁港、畜産家等の方々のもとへ足を運び、野菜、魚、肉、ワインなどこだわりの道産食材を厳選。特に「羊」にはこだわり、道内の3つの牧場と契約した羊肉を、フランスで学んだ酸や発酵、色の力を活かした一皿に創り上げています。

 今後は、畜産家の方などとも連携して、素晴らしい道産羊と道内酒造会社の酒粕・酒麹、フランスで学んだ発酵の力を活かした料理を創作するため、さらなる研鑽と挑戦への意欲を高めています。

障害者スポーツの拠点づくりへの決意を語る ~道庁での留学体験発表会~

 帰国後活動2の1  H30年10月に開催された「北海道民間協働週間・ランチタイムセミナー」(道主催)で、スポーツコースでアメリカに海外挑戦した北海道メディカルスポーツ専門学校の専任教員齊藤雄大さんが留学体験発表を行いました。

 約70名の来場者を前に、日本とアメリカの障がい者スポーツを取り巻く環境の違いやアメリカで障がい者の方がスポーツに参画しやすくなっている理由など、研修の成果を発表しました。

 また、齊藤さんの目指す障がい者スポーツの「拠点」とは、施設のみではなく、普及や育成などに必要な活動をすべて賄えるものであり、「北海道に障がい者スポーツの拠点を築く」という夢の実現に向かって歩んでいくとの決意を語っていました。 

学びの成果を発表 ~ワインアカデミー・統合医療機能性食品国際学会 第4回国際交流会~

 帰国後活動1の3  H29年12月に開催された「ワインアカデミ-」(道主催) で、酪農学園大学髙橋宗一郎さんが登壇し、イタリアでのワイン研究の状況などを発表しました(写真左)。

 また、H30年7月に開催された「統合医療機能性食品国際学会第4回国際交流会」(同学会主催、(株)アミノアップ等後援)で、北海学園大学中川竣貴さん、酪農学園大学髙橋宗一郎さんが発表しました(写真右)。

 国際交流会は、道内・海外大学の交流の促進等を目的に開催されており、当基金の応援パートナー(株)アミノアップ様から学びの成果の発表機会を提供していただきました。

若手シェフたちに「原点」で学ぶ大切さを伝える ~全日本司厨士協会での成果発表~

 帰国後活動1の2  H30年7月に開催された「未来の匠フランス研修を終えて」(公益財団法人全日本司厨士協会札幌支部主催)で、未来の匠コースで海外挑戦した古里裕之さんが、実際に料理を披露しながら、学びの成果を発表しました。

 「最高のお客さんには最高の料理で」、「同じ色には同じ力がある」など、フランス三つ星レストラン等での料理方法やおもてなしの心、厨房の徹底された衛生管理、共に働いた仲間達との交流など、調理の技術を超えた多くの学びを得たと発表してくれました。

 また、「『原点』を見ることで、肌で感じることで、自分の考えが絶対変わる。みらチャレ基金があったおかげでスムーズに海外挑戦できた。是非、いろいろな国に行って学んで来て欲しい」と、若手シェフたちに向けエールを送りました。

海外経験をオールイングリッシュで高校生たちへ ~北海道グローバル人材育成キャンプ~

基金生の帰国後活動1-1      H30年7月、8月に開催された「北海道グローバル人材育成キャンプ」(道教育委員会主催)で、学生留学コースで海外挑戦した北海学園大学中川竣貴さん、小樽商科大学畠山陸さんが講師として登壇しました。

 このキャンプは、道内の高校生が参加し、全期間英語で、課題解決型や発信型の活動に取り組むことにより、地球規模の視野と地域の視点を併せもった北海道のグローバル化を担う人材の育成を目的として全道4地域で開催されています。

 7月の道南会場(森町)は中川さんが、8月の道央会場(札幌市)は畠山さんが、みらチャレでの自身の体験を熱く語り、自分たちの後に続く道内の高校生たちに、海外挑戦での体験や学びの大切さを伝えました。