スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 政策局総合教育推進室 >  基金(寄附)について


最終更新日:2017年5月22日(月)

基金への寄附を募集しています!

基金の仕組み

 道内外の個人や企業の皆様のご協力をいただき、若者の海外留学や実践活動を応援していきます。

基金の仕組み

応援パートナー

 ご寄附いただいた皆様が、応援パートナーです。
 若者たちが、世界へ、未来へ挑戦するためには、多くの皆様の支えが必要です。
 また、多くの方に支えられているという実感が、若者たちのさらなる成長につながります。
 応援パートナーと支援を受けた若者の交流を促進します。

応援パートナー

寄附の方法

寄附の流れ

寄附のお申込

 寄附申出書を次のいずれかの方法で北海道にご提出いただきます。
 ※寄附申出書をダウンロード  PDF版  Word版

 (1)郵送:〒060-8588 (住所記載不要)
    北海道総合政策部政策局「北海道未来人財応援基金」担当宛て
 (2)ファックス:011-232-6313(※お間違いのないよう注意願います。)
 (3)電子メール:mirai.jinzai@pref.hokkaido.lg.jp

寄附金の納付

 納付方法は次のいずれかの方法となります。
 (1)または(2)の場合は、北海道から納付書等を送付いたしますので、その納付書等でご入金ください。
 (3)の場合は、北海道から電子メールでお知らせする手続番号を使用して、下記サイトで納付手続をしてください。

 (1)北海道指定の金融機関での納付
    北洋銀行、北海道銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、みずほ銀行(一部店舗除く)、
    北陸銀行(道内所在店舗、大阪支店、平野支店、今里支店、名古屋支店、金山橋支店、中村支店)、
    
三井住友信託銀行(道内所在店舗、石神井支店、杉戸支店、大阪中央支店)、
    以下、北海道に所在する店舗で納付可能です。
     青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、七十七銀行、第四銀行、新生銀行、あおぞら銀行、三菱UFJ信託銀行、
     みずほ信託銀行、ゆうちょ銀行・郵便局、信用金庫、信用組合、農協・漁協など

 (2)コンビニエンスストア又は道外ゆうちょ銀行(郵便局)での納付
    ※コンビニエンスストアの場合、1回に納付できる寄附額の上限は30万円までとなります。
    ※納付できるコンビニエンスストアは以下のとおりです
     セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、スリーエフ、ミニストップ、セーブオン、デイリーヤマザキ、
     ココストア、コミュニティ・ストア、サークルKサンクス、ポプラ、セイコーマート スパー

 (3)インターネットによるクレジットカード(VISA、Master、JCB、American Express、ダイナースのロゴの入った
    もの)での納付
    ※寄附金額5,000円以上の場合に利用可能です。
    ※納付手続きは、「
Yahoo!公金支払い」のサイト上で行っていただきます。

税制優遇措置(寄附金控除)

(1)個人の場合

 都道府県、市区町村に対する寄附金のうち、2千円を超える部分について、個人住民税所得割の概ね2割を上限に、原則として、所得税と合わせて全額が控除されます。

【確定申告について】 
 寄附金の納付後、領収証書又は寄附金受領証明書が交付されますので、これを添えて、最寄りの税務署で確定申告をしていただくと、所得税の軽減及び住民税の控除が受けられます。(確定申告の手続きについては税務署にお問い合わせいただくようお願いします。)
 所得税の軽減を受けない方は、市町村に対する簡易な申告(寄附金税額控除申告書)により住民税の寄附金控除を受けることができます。

【ワンストップ特例制度について】
  平成27年4月1日以降の寄附については、以下の条件に該当し、寄附先自治体に申告特例申請書を提出していただいた場合に、確定申告(又は市区町村への住民税申告)を行わずに、ふるさと納税による寄附金控除を受けることができます。
  ○ もともと確定申告(又は市区町村への住民税申告)が必要のない給与所得者等である(※1)
  ○  平成27年4月1日以降の寄附である(※2)
  ○  寄附先団体が5団体以内である
  (※1)自営業の方や、医療費控除等で確定申告をする方は対象となりません。
  (※2)平成27年1月1日~3月31日の間にふるさと納税されている場合は、対象外となります。

  詳しくはこちらのページをご確認ください → 「ふるさと納税」制度による個人住民税の寄附金控除について

(2)法人の場合

 本基金への寄附は北海道への寄附にあたるため、寄附金の全額が損金算入可能です。
 また、道外に本社機能を置く企業は、地方創生応援税制(「企業版ふるさと納税」)を活用いただけます。
 詳しくは、企業版ふるさと納税ポータルサイトよりご確認ください。

個人情報の取扱い

 寄附のご協力に際して北海道が取得した個人情報は、厳重に管理、保護のうえ、その取り扱いにつきましては、法令等を遵守し、細心の注意を払います。ご本人の同意がなく第三者に提供したりすることはありません。

注意事項

 寄附者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、寄附の申込みをお断りし、又は収受した寄附金を返還させていただきます。
 (1) 寄附者が暴力団又は暴力団員である場合
 (2) 寄附者が暴力団又は暴力団員と密接な関係を有する場合

応援パートナー一覧(平成29年5月11日現在)

 ◎個人の皆様

  ・武田  孝 氏(拓殖工業(株)代表取締役会長)
  ・船津 秀樹 氏

 ◎企業の皆様(50音順)

  ・(株)アミノアップ化学
  ・岩田地崎建設(株)
  ・(株)HBA
  ・(株)北菓楼
  ・(株)清水建設
  ・(株)JTB北海道
  ・(株)セコマ
  ・大成建設(株)
  ・(株)丹波屋
  ・大地コンサルタント(株)
  ・東京海上日動火災保険(株)
  ・(株)ドーコン
  ・日本ハム(株)中央研究所
  ・(株)日本旅行北海道
  ・(株)HARP
  ・(株)日立製作所北海道支社
  ・(株)北洋銀行
  ・(株)北陸銀行
  ・(株)北海道銀行
  ・(株)ホリ
  ・三菱電機(株)北海道支社
  ・三菱電機ビルテクノサービス(株)北海道支社
  ・(株)メディカルシステムネットワーク

  ・その他匿名希望の企業様 1社

タイアップ事業

 古本募金ハッピープロジェクト「ハピぼん」(運営:NORTH CREATE)
ハピぼん
 ハピぼんは、ご家庭や会社で不要になった本等を寄付することで、買取金額を任意の機関に寄附できる仕組みです。
 この仕組みを活用して、北海道未来人財応援基金に寄附することができます。
 詳細は、ハピぼんホームページをご覧ください。http://hapibon.com/
 また、道・市町村については、各機関での取りまとめルールを設けているため、こちらをご確認ください。

寄附者への感謝状贈呈

 ◎平成29年1月19日(武田孝 様(拓殖工業(株)代表取締役会長)
   武田氏感謝状授与式1   武田氏感謝状授与式2
    贈呈式の様子(武田 様(左)総合政策部長(右))

 ◎平成29年2月3日(船津秀樹 様(小樽商科大学教授)
   船津氏感謝状授与式1   船津氏感謝状授与式2
   贈呈式の様子(船津 様(右)総合政策部長(左))

 ◎平成29年5月19日(大地コンサルタント株式会社 様)
   大地コンサルタント様感謝状授与式1   大地コンサルタント様感謝状授与2
   贈呈式の様子(代表取締役社長 千葉新次 様(左)知事(右))