スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 交通政策局新幹線推進室 >  北海道新幹線 北海道の取り組み


最終更新日:2013年6月21日(金)

北海道新幹線 北海道の取り組み

北海道では、北海道新幹線の早期開業や開業による効果を高めるため、各種の取り組みを行っています。

北海道新幹線時代の幕開けに向けた「カウントダウン・プログラム」

 平成27年度末(2015年度末)に予定される北海道新幹線 新青森・新函館(仮称)間の開業に向け、新幹線がもたらす効果を道南地域はもちろんのこと、北海道全体へ広げていくことが重要であり、開業に向けて進めていくべき取り組みの考え方や方向性を示した「カウントダウン・プログラム」を取りまとめました。

 (表紙~p.3概要) (本文p.4~24) 

北海道新幹線札幌延伸による経済波及効果調査事業

 北海道新幹線札幌延伸による経済効果を推計しました。
 (概要) 

北海道新幹線札幌延伸開業効果波及・拡大方策検討等調査事業

 北海道新幹線札幌延伸による開業効果の全道への波及・拡大に向け、調査を実施しました。
 (概要)    

北海道新幹線新函館(仮称)開業による北海道と東北との連携強化促進事業

 北海道と東北地域の連携・交流の拡大のため、調査を実施しました。
 (概要) 
 「北日本交流連携フォーラムin函館 ~北海道新幹線開業を契機として~」(平成25年2月8日開催)の結果概要 

北海道新幹線開業効果拡大・活用検討会議

 北海道新幹線の新函館(仮称)開業に伴う経済効果を最大限に発揮させ、また、享受するための取組を北海道全体が官民の適切な役割分担のもと一丸となって推進し、北海道新幹線を活用した観光産業をはじめとする地域産業の振興を図ることにより、地域の活性化に資することを目的として平成17年に設置され、平成18年4月の中間報告を経て、平成19年3月に報告書を取りまとめました。

 「北海道新幹線開業効果の拡大・活用について-中間報告-」 (平成18年4月)

 『北海道新幹線「新函館(仮称)駅」開業に関するアンケート調査』報告書(平成19年3月)

 「北海道新幹線開業効果拡大・活用検討会議 報告書-北海道新幹線で私達の未来を拓く-」(平成19年3月)

 

北海道のこれまでの取り組み