スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 交通政策局新幹線推進室 >  北海道新幹線 新青森・新函館北斗間 工事のようす


最終更新日:2015年7月13日(月)

北海道新幹線 新青森・新函館北斗間 工事のようす

 
工事のようす(新青森・新函館間)

※「新函館(仮称)駅」の名称は「新函館北斗」、「湯の里(仮称)信号場」の名称は「湯の里知内」に決定しました。
 (参考リンク JR北海道プレスリリース「北海道新幹線 新駅の駅名について」(PDF)

 

 北海道と本州を結ぶ青函トンネルは、開業して20年以上の年月が経過しています。

 新幹線規格で造られたこの青函トンネルを有効活用する北海道新幹線(新青森・新函館北斗間)は、平成27年度末(2016年3月)までの完成に向けて工事が着実に進められています。

 そこで、北海道新幹線をより身近に感じていただけるよう、建設主体である鉄道・運輸機構(独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構)から情報提供を受け、「工事の進ちょく状況」を随時掲載しています。

 

○ 北海道新幹線の建設状況は、次のサイトでも情報を提供しています。

  鉄道・運輸機構(整備新幹線の建設)

  北海道新幹線建設状況発信サイト(渡島総合振興局新幹線推進室)

  北海道新幹線開業NAVI(工事状況)

 

○ 平成25年(2013年)11月に北海道新幹線の工事現場を取材した体感レポート(動画)を北海道新幹線開業NAVIにおいて配信しています。工事現場見学会に参加された皆さんのレポートも掲載しています。

北海道新幹線体感レポート
 

○ 駅舎建設の様子

【新函館北斗駅】

 平成24年8月
新函館(仮称)駅平成24年8月

平成25年6月
新函館(仮称)駅平成25年6月

平成25年11月
新函館(仮称)駅平成25年11月

平成26年2月
北海道新幹線新函館(仮称)駅(平成26年2月)

平成26年10月
北海道新幹線新函館北斗駅(平成26年10月)

平成27年4月
新函館北斗駅

完成予想図(提供:鉄道・運輸機構)
新函館(仮称)駅完成予想図

【木古内駅】

 平成25年6月
木古内駅平成25年6月

平成25年11月
木古内駅平成25年11月

完成予想図(提供:鉄道・運輸機構)
木古内駅完成予想図

 

 

北海道新幹線のページに戻る