スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 交通政策局新幹線推進室 >  北海道新幹線の概要


最終更新日:2015年9月17日(木)

北海道新幹線の概要 

概要図

北海道新幹線概要地図

駅とルート

 区間

 新青森~新函館北斗 間 

 新函館北斗~札幌 間 

開業予定

 平成28年(2016年)3月26日

平成42年度末(2030年度末) 

 工事延長

 約148km

 約212km

 経過地

 (青森県)
 青森市蓬田村外ヶ浜町今別町中泊町 

(北海道)
 福島町知内町木古内町北斗市七飯町 

 北斗市厚沢部町八雲町長万部町 
黒松内町蘭越町豊浦町ニセコ町  
倶知安町仁木町赤井川村余市町 
小樽市札幌市

 駅

 新青森駅(既設)
 奥津軽いまべつ駅
 木古内駅
 新函館北斗駅

 新函館北斗駅
 新八雲(仮称)
 長万部駅
 倶知安駅
 新小樽(仮称)
 札幌駅

主な

構造物

 ○ トンネル
 津軽蓬田トンネル  6,190m
 札苅トンネル     1,235m
 幸連トンネル     1,410m
 泉沢トンネル     1,720m
 渡島当別トンネル  8,073m
 新茂辺地トンネル  3,355m

 ○ 橋りょう
 大谷地線路橋     185m
 木古内川橋りょう    164m
 茂辺地川橋りょう    186m
 大野川橋りょう     164m


 ○ トンネル
 村山トンネル      5,265m
 渡島トンネル    26,470m
 野田追トンネル    8,170m
 立岩トンネル    16,980m
 内浦トンネル    15,560m
 昆布トンネル    10,410m
 羊蹄トンネル      9,750m
 二ツ森トンネル    12,630m
 後志トンネル    17,975m
 手稲トンネル    18,750m

 ○ 橋りょう
 遊楽部川橋りょう   245m
 尻別川橋りょう     340m
 南倶登山川橋りょう  210m

駅舎完成予想図 (提供:独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構)

木古内駅の完成予想図
木古内駅の完成予想図

新函館北斗駅の完成予想図
新函館(仮称)駅の完成予想図

北海道新幹線用車両「H5系」 (提供:北海道旅客鉄道株式会社)

北海道新幹線用車両「H5系」

提供:JR北海道

 (参考リンク) 北海道新幹線用車両について(PDF) - JR北海道プレスリリース

 

 北海道新幹線は、東北新幹線の新青森駅から札幌駅に至る、延長約360kmに及ぶ路線です。

 途中、青函トンネル及びその前後約82kmの間については、既に新幹線規格で完成しています。

 北海道新幹線の駅は、青森県今別町の現・津軽今別駅に位置する奥津軽いまべつ駅、北海道木古内町に位置する木古内駅、函館線の現・渡島大野駅に位置する新函館北斗駅、八雲町春日に新設する新八雲(仮称)駅、函館線長万部駅の西側に併設する長万部駅、同じく倶知安駅に併設する倶知安駅、小樽市天神に新設する新小樽(仮称)駅、同じく札幌駅に併設する札幌駅の8駅の設置を予定しています。

 このうち、新青森駅から新函館北斗駅の区間は、平成17年(2005年)に認可・着工され、平成27年度末(2015年度末)の開業が予定されています。新函館北斗駅から札幌駅の区間は、平成24年(2012年)に認可・着工され、平成42年度末(2030年度末)までの開業に向けて工事が進められています。

 なお、北海道新幹線の営業主体は、JR北海道となっています。

 

 

北海道新幹線のページに戻る