スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 交通政策局新幹線推進室 >  北海道新幹線の駅とルート


最終更新日:2020年4月17日(金)

北海道新幹線の駅とルート

 北海道新幹線は、新青森から札幌まで約360kmに及ぶ路線です。

 「新青森・新函館北斗」間の約149kmは、平成17年(2005年)に工事実施計画が認可され、平成28年(2016年)3月26日に開業しました。現在、東京―新函館北斗間を10往復、仙台、盛岡、新青森と新函館北斗の間でそれぞれ1往復(合計13往復)が運行しています。

 「新函館北斗~札幌」間の約212kmは、平成24年(2012年)に認可・着工され、新函館北斗開業の概ね20年後(2035年)までの開業が予定されていましたが、平成27年(2015年)の「政府・与党申し合わせ」において、5年前倒しし、令和12年度末(2030年度末)の開業を目指すことが決定しました。
(※平成27年1月14日開催政府・与党整備新幹線検討委員会より)

 新幹線開業をきっかけに、東北地方をはじめ、首都圏・北関東など各地域との交流が活発になると期待されています。


概要図

北海道新幹線路線マップ


駅とルートの概要

区間

新青森~新函館北斗

新函館北斗~札幌

開業(予定)

平成28年(2016年)3月26日

令和12年度末(2030年度末)

工事延長

約149km

約212km

経過地

【青森県】
 青森市・蓬田村・外ヶ浜町・今別町・中泊町

【北海道】
 福島町・知内町・木古内町・北斗市・七飯町・北斗市

【北海道】
 北斗市・厚沢部町・八雲町・長万部町・黒松内町・蘭越町・豊浦町・ニセコ町・倶知安町・仁木町・赤井川村・余市町・小樽市・札幌市

【青森県】

  • 新青森駅(既設) (青森市)
  • 奥津軽いまべつ駅 (今別町)

【北海道】

  • 木古内駅 (木古内町)
  • 新函館北斗駅 (北斗市)

【北海道】

  • 新函館北斗駅 (北斗市)
  • 新八雲(仮称)駅 (八雲町)
  • 長万部駅 (長万部町)
  • 倶知安駅 (倶知安町)
  • 新小樽(仮称)駅 (小樽市)
  • 札幌駅 (札幌市)

主な構造物

【トンネル】

  • 津軽蓬田トンネル(6,190m)
  • 札苅トンネル(1,235m)
  • 幸連トンネル(1,410m)
  • 泉沢トンネル(1,720m)
  • 渡島当別トンネル(8,073m)
  • 新茂辺地トンネル(3,345m)

【橋りょう】

  • 大谷地線路橋(185m)
  • 木古内川橋りょう(164m)
  • 茂辺地川橋りょう(186m)
  • 大野川橋りょう(164m)

 【トンネル】

  • 渡島トンネル(32,675m)
  • 野田追トンネル(8,165m)
  • 立岩トンネル(17,035m)
  • 内浦トンネル(15,565m)
  • 昆布トンネル(10,410m)
  • 羊蹄トンネル(9,750m)
  • 二ツ森トンネル(12,630m)
  • 後志トンネル(17,990m)
  • 札樽トンネル(26,230m)

【橋りょう】

  • 遊楽部川橋りょう(245m)
  • 尻別川橋りょう(340m)
  • 南倶登山川橋りょう(210m)


ルート

鉄道・運輸機構では、北海道新幹線のルートを掲載しています。

当初計画からの変更

当初の計画から、変更となった箇所があります。詳しくは、鉄道・運輸機構のプレスリリースをご覧ください。

(関係リンク)

各自治体での駅やルートなどの紹介

駅所在自治体などでは、駅やルートなどを紹介しています。

(関係リンク)


北海道新幹線のページに戻る新幹線推進室