スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 交通政策局新幹線推進室 >  北海道新幹線に関する調査・報告


最終更新日:2020年4月17日(金)

北海道新幹線に関する調査・報告

北海道が実施した、北海道新幹線に関する調査等の報告書(概要版)を掲載します。

北海道新幹線開業後における旅客流動調査(平成29年5月)

携帯電話の位置情報や情報サービス・アプリの利用実績等のビッグデータ等を活用し、北海道新幹線開業後における来道者及び道民の移動状況を調査しました。

北海道新幹線札幌延伸による経済波及効果調査事業(平成25年6月)

北海道新幹線札幌延伸による経済波及効果を推計しました。

北海道新幹線時代の幕開けに向けた「カウントダウン・プログラム」(平成24年11月)

平成27年度末(2015年度末)に予定される北海道新幹線 新青森・新函館(仮称)間の開業に向け、新幹線がもたらす効果を道南地域はもちろんのこと、北海道全体へ広げていくことが重要であり、開業に向けて進めていくべき取り組みの考え方や方向性を示した「カウントダウン・プログラム」を取りまとめました。

北海道新幹線札幌延伸開業効果波及・拡大方策検討等調査事業(平成25年3月)

北海道新幹線札幌延伸による開業効果の全道への波及・拡大に向け、調査を実施しました。

北海道新幹線新函館(仮称)開業による北海道と東北との連携強化促進事業(平成25年2月)

北海道と東北地域の連携・交流の拡大のため、調査を実施しました。

函館線(函館・小樽間)の旅客流動調査・将来需要予測調査(平成24年3月)

区間における現在の旅客流動の実態等を把握するための調査を実施し、その結果を踏まえた将来需要予測を行う
ことにより、今後の地域交通のあり方の検討に必要な基礎資料とするため、実施しました。

新幹線推進室のページに戻る北海道 新幹線推進室