スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 政策局計画推進課 >  北海道地域輸入促進(FAZ)計画の推進


最終更新日:2018年3月31日(土)


北海道地域輸入促進(FAZ)計画の推進


HOKKAIDO GOVERNMENT

北海道地域輸入促進(FAZ)計画の推進

1 目 的

 新千歳空港周辺地域を「北海道地域輸入促進(FAZ)計画」に基づき、輸入促進地域としての形成を図り、各種事業を行うとともに、FAZ事業の推進主体である北海道エアフロント開発株式会社(HAF)を中心に旧ターミナルビル(NEWS)を国際経済交流拠点として機能強化を図る。

2 計画概要

○輸入促進地域:千歳市、苫小牧市
○計画目標年次:平成10年
○輸入貨物目標:新千歳空港1万トン
○輸入促進基盤施設(FAZ施設)

整備段階 整備する施設 施設の概要 施設用地
第1段階 輸入支援・
商流基盤施設
インポートマート、国際情報ビジネス支援センター、ジェトロ北海道FAZ支援センターなど 新千歳空港
サブターミナル
「NEWS」
第2段階 物流基盤施設 流通加工施設 苫小牧市
ウトナイ地区
将来構想 複合物流施設 共同物流センター 千歳市
柏台地区
物流基盤施設 国際貨物ターミナル 国際貨物
ターミナル地区

○支援事業:展示商談会、情報誌の発行など

3 経 過

・H4.10 輸入・対内投資法に基づく計画作成地として北海道が決定
・H6. 3 地域輸入促進計画承認
・H6. 4 北海道エアフロント開発株式会社(HAF)設立
・H6.10 旧ターミナルビル改修工事に着手
・H7. 3 NEWSオープン
・H8. 5 リニューアルオープン
・H9. 1 キーテナントの中心企業破産
・H9. 2 北海道FAZワーキンググループ設置
・H9.12 北海道FAZワーキンググループ報告

4 選定要件及び再評価の視点

○ 選定要件

「時のアセスメント(時代の変化を踏まえた施策の再評価)実施要綱」第2の1の(3)
・施策の円滑な推進に課題を抱えており、施策が長期間停滞するおそれがあると認められるもの

○ 再評価の視点

 FAZ計画の第一段階事業であるインポートマート事業等が不振に陥ったため、インポートマート事業のあり方やFAZ事業のあり方などについて検討を行ってきたところであるが、今後、これらを踏まえ、この計画の第二段階事業以降のあり方について検討する。

5 再評価の期間

概ね1年を目途


Back