スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 政策局計画推進課 >  はじめに「未来の北海道」を見に行こう!(1)|総合政策部政策局計画推進課


最終更新日:2016年7月11日(月)

はじめに「未来の北海道」を見に行こう!(1)

はじめに 「未来の北海道」を見に行こう!

私たちが暮らす北海道は、美しい自然や風景、豊かな食や特有の歴史・文化など、たくさんの魅力にあふれた大地です。その一方で、人口減少や高齢化の進行など、北海道が解決しなければならない問題がたくさんあります。そこで道では、北海道の魅力や強みを活かし、北海道をもっともっと元気にしようと「北海道総合計画」を策定しました。
この「北海道総合計画」は、すべての道民の皆さんが、未来の北海道に向かってともに考え、ともに行動するための道しるべとなるもので、計画期間は2016(平成28)年度から2025(平成37)年度の10年間となっています。

北海道がめざす姿は『輝きつづける北海道』。

この実現に向けた具体的な姿として、道章にもなっている「七光星」に重ね合わせ、「7つの将来像」を掲げました。
『輝きつづける北海道』とは具体的にどのような姿なのか、「7つの将来像」を実現するため、どのような取組を進めるのか?
4人の高校生たちと一緒に見に行きましょう!

高校1年生の4人は、クラスメート。ある日、グループ研究の課題である「北海道の未来」について考えることに。なかなか作業が進まない4人が頭を抱えていると、そこにパソコンの中から「マメ博士」が登場!マメ博士に案内されて、4人は「7つの将来像」を探しに行くことになりました。