スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 道政相談センター >  便利サイト12道路・交通


最終更新日:2012年7月11日(水)


便利サイト12道路・交通


12:道路・交通


もくじにもどる

12-01:道路交通情報
12-02:運転免許更新等テレホンサービス
12-03:運転免許を取得するには
12-04:ICカード免許証の導入
12-05:運転免許証の更新申請をするには
12-06:運転免許の再交付申請をするには
12-07:運転免許証の記載事項を変更するには
12-08:免許証の有効期限切れ申請をするには
12-09:申請による運転免許の取消
12-10:道路を使用するときは


12-01:道路交通情報    ページのトップにもどる
(財)日本道路交通情報センター
 ○高速道路情報……TEL050-3369-6760
 ○一般道路情報……TEL050-3369-6601
詳しくは
(財)日本道路交通情報センター札幌センター(警察本部内) 

12-02:運転免許更新等テレホンサービス    ページのトップにもどる
○更新申請手続案内
 (函館)TEL0138-46-7272
 (旭川)TEL0166-53-6117
 (釧路)TEL0154-57-8688
 (帯広)TEL0155-36-9000
○再交付申請手続案内
 (函館)TEL0138-47-7272
 (旭川)TEL0166-53-6017
○有効期限切れ手続案内
 (函館)TEL0138-46-7272
○記載事項変更手続案内
 (函館)TEL0138-47-7272
 (旭川)TEL0166-53-6017
詳しくは
住所地を管轄する運転免許試験場

12-03:運転免許を取得するには    ページのトップにもどる
 自動車や原動機付自転車は、公安委員会が行う運転免許試験に合格して、免許証の交付を受けてからでないと運転できません。
 運転免許を取得しようとする方は、年齢や免許経歴によって取得できる免許の種類が異なります。
●受験に必要なもの
・運転免許申請書
・本籍の記載された住民票1通
・免許用写真(縦3.0㌢、横2.4㌢)1枚 (6か月以内に撮影したもの) 
・住民票以外(健康保険証等)で本人を確認できる書類
・手数料
●試験
 試験は、適性試験、学科試験、技能試験がありますが、小型特殊免許と原付免許には技能試験はありません。ただし、原付免許には原付講習の受講が必要です。
●運転適性相談
 自動車等の安全な運転に支障を及ぼすおそれのある身体の障害や病気の症状により、免許の取得に心配のある方は事前に相談することをお勧めします。
(プライバシーの保護に配意いたします。)
詳しくは
住所地を管轄する運転免許試験場

12-04:ICカード免許証の導入    ページのトップにもどる
 平成21年1月4日から「ICカード免許証」を導入しています。
 ICカード免許証には、4桁の数字2組の暗証番号の設定が必要です。
詳しくは
最寄りの運転免許試験場

12-05:運転免許証の更新申請をするには    ページのトップにもどる
 運転免許証の有効期間を更新される方は、更新申請手続きにおいて、視力等の適性検査と更新時講習又は高齢者講習等を受ける必要があります。
●手続きに必要なもの
・運転免許証更新申請書 (なくても手続は可能です。)
・運転免許証更新連絡書
・運転免許証
・手数料
・免許用写真(縦3.0㌢、横2.4㌢)1枚 (6か月以内に撮影したもの)
 ただし、写真は運転免許試験場及び中央・厚別優良運転者免許更新センターで手続きされる方は不要です。
●経由申請
 道路交通法第101条第3項に該当する優良運転者の方は、他の公安委員会を経由して更新申請の手続きを行うことができます。ただし、手続きできる期間は、誕生日の1か月前から誕生日当日までの1か月間となります。
詳しくは
住所地を管轄する運転免許試験場
●講習
・優良運転者講習 (30分)
 免許の継続経過年数が5年以上で、かつ過去5年間、違反や事故歴のない人
・一般運転者講習 (1時間)
 免許の継続経過年数が5年以上で、過去5年間に軽微な違反 (違反点3点以下)が1回だけで、事故歴のない人
・違反運転者講習 (2時間)
 過去5年間に2回以上の違反 (4点以上は1回) 又は事故歴のある人
・初回更新者講習 (2時間)
 免許の継続経過年数が5年未満で、軽微な違反 (3点以下) が1回以下、かつ事故歴のない人
・高齢者講習
 ○ 更新期間満了日の年齢が70歳~74歳の人 (3時間)
 ○ 更新期間満了日の年齢が75歳以上の人 (2時間30分)
 ※ 75歳以上の方は、高齢者講習の受講前に、講習予備検査 (30分) の受検が必要です。

12-06:運転免許証の再交付申請をするには    ページのトップにもどる
 運転免許証を亡失、盗難等の場合は、運転免許証の再交付申請の手続きをすることができます。
●手続きに必要なもの
・運転免許証再交付申請書
・免許用写真(縦3.0㌢、横2.4㌢)1枚 (6か月以内に撮影したもの)
・破(汚)損の場合はその免許証
・手数料
・印鑑
・健康保険証や社員証など本人を確認できるもの
詳しくは
住所地を管轄する運転免許試験場

12-07:運転免許証の記載事項を変更するには    ページのトップにもどる
 運転免許証に記載された本籍、住所、氏名等の変更の場合は、運転免許証の記載事項変更手続きとなります。
●手続きに必要なもの
・運転免許証記載事項変更届
・本籍又は氏名を変更される方は、本籍及び氏名の記載された住民票 (提出していただきます。)
・住所のみ変更する方は、住民票又は住所の書かれた郵便物、健康保険証等
詳しくは
住所地を管轄する運転免許試験場

12-08:運転免許証の有効期限切れ申請をするには    ページのトップにもどる
 有効期限が切れた理由等により申請手続きが異なるため、住所地を管轄する運転免許試験場にお尋ねください。 詳しくは
住所地を管轄する運転免許試験場

12-09:申請による運転免許の取消    ページのトップにもどる
○身体的な理由などで自動車等の運転免許の必要がなくなった場合、公安委員会に申請すれば、保有する免許の全部又は一部の取消を受けることができます。
○一部の免許の取消を申請した場合、申し出により、取消された免許で運転できた他の免許(下位免許)を受けることができます。
○免許の全部取消を申請した場合、1か月以内に申し出れば運転経歴証明書が交付されます。(写真、手数料が必要です。)
くわしくは
住所地を管轄する運転免許試験場

12-10:道路を使用するときは    ページのトップにもどる
道路上に
 (1)電柱、(2)水道管・下水道管・ガス管、(3)看板、(4)工事用の足場、などを設けようとするときは、道路管理者の許可を受けなければなりません。(道路の占用)
 また、道路管理者の承認を受けて、自己の負担により車両出入りのための歩道改築などをすることができます。(工事の承認)      
くわしくは 
国道については最寄りの開発建設部
道道については最寄りの総合振興局・留萌振興局
(札幌市内の道道については最寄りの区役所)
市町村道については市役所・町村役場
関係法令・制度:
道路の占用は道路法第32条、工事の承認は道路法第24条


もくじにもどる