スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 道政相談センター >  便利サイト03青少年・女性


最終更新日:2013年5月22日(水)


便利サイト03青少年・女性


03:青少年・女性


もくじにもどる

03-01:少年自然の家
03-02:青年の家
03-03:スポーツ少年団をつくるには 
03-04:青少年団体が行う活動への助成を受けるときは
03-05:配偶者からの暴力などを相談するときは


03-01:少年自然の家    ページのトップにもどる
 「少年自然の家」は、自然環境に恵まれた地域にそれぞれ設置されており、生涯学習社会を迎え、青少年、一般成人、家族、グループどなたでも利用できます。電話で利用希望の期日と人数を各施設にお知らせください。使用料は、1人1泊130円から1,200円、食費(3食)は、1,080円から1,700円と、施設により若干異なります。 くわしくは
各施設

教育庁生涯学習推進局生涯学習課生涯学習・施設グループ
011-204-5742
関係法令・制度:
北海道立少年自然の家条例
【道内の少年自然の家一覧】
名    称 所  在  地 電  話
国立日高青少年自然の家 日高町富岡 01457-6-2311
道立洞爺少年自然の家 洞爺湖町字岩屋15 0142-82-5131
道立砂川少年自然の家 砂川市北光496-25 0125-53-2246
道立常呂少年自然の家 北見市常呂町字栄浦365-1 0152-54-2584
道立厚岸少年自然の家 厚岸町愛冠6番地 0153-52-1151
道立森少年自然の家 森町駒ヶ岳657-15 01374-5-2110
道立足寄少年自然の家 足寄町常盤3 0156-25-6111
稚内少年自然の家 稚内市富士見4丁目 0162-28-1632
青少年山の家 札幌市南区滝野247 011-591-0303

03-02:青年の家    ページのトップにもどる
 「青年の家」は、自然環境に恵まれた地域にそれぞれ設置されており、生涯学習社会を迎え、青年の団体だけでなく、学校、家族、グループどなたでも利用できます。電話で利用希望の期日と人数 を各施設にお知らせください。 くわしくは
各施設

教育庁生涯学習推進局生涯学習課生涯学習・施設グループ
011-204-5742
関係法令・制度:
北海道立青年の家条例
【道内の青年の家一覧】
名     称 所  在  地 電  話
国立大雪青少年交流の家 美瑛町字白金 0166-94-3121
道立青年の家 深川市音江町2丁目7-1 0164-25-2059
紋別市立オホーツク青年の家 紋別市花園町8丁目2-4 01582-3-2474
函館市青少年研修センター 函館市谷地頭町5-14 0138-23-5961
新冠町立日高判官館青年の家 新冠町字高江16-2 01464-7-2258
恵庭市青少年研修センター 恵庭市駒場町3丁目3-16 0123-33-2766
士別市立つくも青少年の家 士別市東7条北9丁目 0165-23-2224

03-03:スポーツ少年団をつくるには     ページのトップにもどる
 スポーツ少年団は、スポーツ活動を通じ健康な心身を育てることを目的に、(財)日本体育協会が創設したメンバーシップ制の団体です。
 活動の基盤となる単位スポーツ少年団は、原則として小学生以上の団員10名以上と20歳以上の成人指導者1名以上(有資格者1名以上を含む。)で構成された団体であることが必要であり、市町村スポーツ少年団に有料登録し、(財)北海道体育協会を通じ、(財)日本体育協会日本スポーツ少年団のメンバーとして登録認定されます。 
くわしく
市町村教育委員会、各教育局
または (財)北海道体育協会スポーツ振興グループ(札幌市豊平区豊平5条11丁目1-1 道立総合体育センター内 011-820-1706)

環境生活部くらし安全局文化・スポーツ課スポーツグループ
011-204-5254

03-04:青少年団体が行う活動への助成を受けるときは    ページのトップにもどる
 北海道青少年育成協会は、地域において自主的な活動をすすめている青少年団体等に助成を行っています。助成の対象となる活動は、仲間づくりや国際交流、奉仕や文化活動などです。
くわしくは
(財)北海道青少年育成協会総務基金部(札幌市中央区北5条西6丁目 第二道通ビル3階 011-231-6451)
環境生活部くらし安全局道民生活課青少年グループ
011-204-5663

03-05:配偶者からの暴力などを相談するときは    ページのトップにもどる
 配偶者暴力相談支援センターは、配偶者からの暴力、家庭での悩み、離婚問題等のトラブル、法律・医療など女性が抱える様々な相談に応じています。
 なお、女性相談援助センターでは、家に帰れないなどの事情のある方を一時的に保護することができます。
 さらに、援助が必要な方は、当援助センターで社会的自立に向けて、生活、教養、技能、職業等の指導を受けることができます。
くわしくは
配偶者暴力相談支援センター
・北海道立女性相談援助センター(札幌市西区西野3条9丁目12-36)
TEL 011-666-9955
各総合振興局・振興局保健環境部環境生活課
環境生活部くらし安全局道民生活課男女平等参画グループ
TEL 011-204-5217


もくじにもどる