スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 地域創生局地域戦略課 >  北海道創生プラットフォーム事業 公共施設の利活用

北海道の分類: 行政・政策・税 > 市町村・地域振興 > 地域振興

最終更新日:2021年3月01日(月)

北海道創生プラットフォーム形成事業 公共施設等の利活用

北海道創生プラットフォーム事業 遊休施設等の利活用(企業様向け)


事業トップ プロジェクトマッチング 公共施設等の利活用

道内市町村の活用可能な遊休施設等について

 道内市町村が進める地域創生のためのプロジェクトを推進するために、企業等が活用可能な、道内市町村の遊休施設等を掲載しています。

 コロナ禍の様々な情勢変化の中で、場所をとらわれない柔軟な働き方が推奨されるなど、人々の意識や行動に変化が出てきました。

 北海道としても、この情勢変化に柔軟に対応し、現在、オール北海道の取組で本道への新たな人の流れの獲得に向けて、取り組んでいます。

 本ページに掲載している施設は、サテライトオフィスなどとして活用可能な施設、今後、道内での事業展開を行う際に活用可能な施設もございます。

 さらに、活用方法の参考にしていただくため、実際の利活用事例も掲載しておりますので、是非、各施設の詳細をご覧いただき、ご関心がございましたら、各市町村の担当部署へお問い合わせください。

 

1 利活用可能な遊休施設等について

【施設の一例】

 ・積丹岬キャンプ場(積丹町)

 ・旧陣屋小学校グラウンド(室蘭市)

 ・旧上尾幌小中学校(厚岸町)

活用可能な遊休施設等の一覧(一覧ページへ)

2 遊休施設利活用の事例について

【利活用の一例】

 ・深川市学びと集いの郷音江広里交流館エフパシオ(深川市:旧音江中学校)

 ・本別町しごと体験交流館(本別町:旧本別南保育所)

 ・本格的犬ぞりツアー体験拠点施設  Outrider(遠軽町:旧支湧別小学校)

遊休施設利活用の事例(一覧ページへ)

このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-204-5131
FAX番号:011-232-1053
メールアドレス:sogo.chisen@pref.hokkaido.lg.jp