スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 地域創生局地域戦略課 >  北海道創生ジャーナル「創る」第4号 大樹町宇宙のまちづくり-応援者・開発者に聞く


最終更新日:2017年10月06日(金)

titile

地域が動く・プロジェクト最前線

taikititle

  

 -近年、天気予報に欠かせない気象衛星やGPSなど衛星を活用した通信・放送サービス産業が拡大しています。多数の衛星で相互に通信を行いながら広範囲を観測するコンステレーション方式の普及により打上げられる衛星の数は増加の一途をたどっています。今、宇宙産業で熱望されているのは、衛星を宇宙に運ぶ手段。従来の大型ロケットへの相乗りではなく、顧客のタイミングに合わせて柔軟に打上げが出来る「小型ロケット」とその「射場」です。日本では昨年、民間事業者による宇宙活用の拡大を促す宇宙関連二法が制定されました。北海道大樹町に新射場を整備した場合の道内経済波及効果は年間267億円(北海道経済連合会推計)とされています。   

 今回編集部では、長年宇宙のまちづくりに取組む大樹町のプロジェクトを取材してきました。

取材者 地域戦略課 日野石、高野・地域政策課 大門

〔前編〕宇宙町長に聞く へ


応援者に聞く 福岡 孝道氏

MRFUKUOKA

民間の応援団として

 30年前に始まった「宇宙のまちづくり」に合わせて民間ベースでもこの動きをサポートしていこうと発足したのが「大樹スペース研究会」です。発足当初の会員数は、10人程度で、基地誘致のための勉強会や、道内外の施設視察を行っていました。   

 現在の主な活動は、発足当初から実施しているスペースイラストコンテストや、管内の小学生を対象にした宇宙少年団の運営ですが、先日のMOMO打上げの際には、出店を設けて物販を行ったりもしました。研究会として応援できるところはどんどんしていこうと思っています。30年経ってどんな成果があったかと言われると自信はないのですが、研究会がある事で、行政でも企業でもなく、住民レベルでの応援があると内外に伝わっていきます。その意味で30年続けてきてよかったと感じています。

未来につながる夢   

 宇宙少年団の子ども達には常に夢を持ち続けて、それを実現させていって欲しいと話しています。大人が子どもに夢を与えようとしてもなかなか難しいのですが、7月末のISTの打上げがそれをちょっと変えました。地元で出来たロケットが地元から打上げられるのを実際に見ることで、彼らの夢がさらに広がったのではないと感じています。スペース研究会もその夢や関心に応えられるよう活動をして、将来、宇宙少年団から宇宙飛行士や科学者が出てほしいなと思っております。   

 今後は宇宙の町らしいお土産品などを作り、大樹町と宇宙をPRしていきたいです。自分にとっても宇宙という夢が原動力になっています。   



開発者に聞く 金井 竜一朗氏

MRKANAI

大樹の環境   

 全国でロケットを飛ばそうとする研究団体や学生団体が増えていますが、ロケットを造って打上げるまでの行為に対し、自治体から了承をもらうことがとてもハードルが高いので指導教員、担当教授はどこで実験して打上げるか、常に頭を悩ませてきたものですが、大樹町の場合は難しいどころか「来てくれるの!大歓迎」という受入れ体制になっているのでありがたいです。   


MOMO打上げと今後について   

  先日の打上げの際は大樹町役場の方に、関係機関との調整の手伝いや射場周辺の環境整備など今までにないスピードで動いていただきました。これは大樹町だからやっていただけることだと感謝しています。当日はパブリックビューイングと有料観覧席を設けさせていただいたのですが、エンジニアの集まりである我々ISTだけでそれらを運営するのは到底不可能でした。それらはロケットを飛ばすだけであれば、無くても支障がないものでしたが、あの場が無ければ、町の人にロケットの打上げを体験していただくチャンスがありませんでした。町役場の方々・土地所有者の方・地域おこし協力隊など多くの関係者の皆様に協力いただき感謝しています。実際は音しか聞こえなかったのですが、「良かった」「感動した」と言っていただき嬉しかったです。大人だけでなく小さなお子さんにも実際打上げが行われたことで、より宇宙やロケット開発を身近に感じて欲しいなと思います。

 今回の打上げでMOMOのスポンサー企業だけでなく、大樹町自体の宣伝効果があることは喜ばしいことで、大樹町の宇宙のまちづくりとISTのロケット開発が相互に盛り上がっていくことが大事だと考えています。

 国主体での打上げと違い、我々製造メーカーが、ロケットだけ造ればいいのではなく、前例のない様々な関係機関との交渉や調整を行わなくてはならないなど、苦労もありますが、2020年を目処に安定的に軌道投入できるロケット事業を確立したいと考えています。参入障壁が高いこの業界で、我々の先行優位性を活かす為にも、失速しないで事業を進めていくことが大事だと感じています。


 taikicontact

〔前編〕宇宙町長に聞く へ

Vol.4TOPに戻る