スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 地域創生局地域戦略課 >  北海道創生ジャーナル「創る」第4号 余市町・仁木町 ワインで地域を興す人


最終更新日:2017年10月06日(金)

titile

地域が動く・プロジェクト最前線

winetitle

ワインで地域を興す人~生産者・加工者に聞く~

 - 北海道西部、積丹半島の付け根に位置する余市町と仁木町。先人達のたゆまぬ努力の結果、道内随一の果樹生産量を誇るこの地域では、先人の知恵や経験を継承し、「ワインの地」として、さらなる発展をめざす動きがあります。編集部では、余市町と仁木町を訪れ、これまでの歴史とともに「国内外が認めるワインの地」をめざして取組を進める方々からお話を伺いました。

取材者 地域戦略課 七戸、高野

〔前編〕 余市町・仁木町ワインを核とした地域創生 へ


株式会社ユナイテッドファームズ 代表取締役 相馬 慎吾 さん

MRSOMA

 余市は、ワイン用ぶどうの生産地では道内トップであり、数十年続けている農家が多くて学ぶ機会が多いです。また、それだけ生産者が多いということは、気候条件その他全ての条件が整っている土地だということです。間違いなく余市のワインは世界でも戦えます。ただ、ワインを味わうにあたり、私が一番重要だと思うのはワインと食材のマリアージュ(融合)です。

 最高のワインを地元の食材と合わせて地元で味わう。これがワインの町としての余市のブランド価値をさらに高めてくれるはずです。残念なことに、私が余市に来た時、地域にワインと地元の食材を合わせて楽しめる場所がありませんでした。

 たくさんの方に余市という地域をワインと料理で味わってもらうため、レストラン「ヨイッチーニ」を2年前に開業しました。同じ想いを持ったお店がどんどん増えてほしいです。それは結果、観光人口の流入を生み、地域に潤いを与えます。

 自分の理想のワインをつくりながら、余市という地域が潤うような仕掛けを作っていくこと、それが余市に来た私の果たすべき役割だと思っています。

  


DOMAINE MONT(ドメーヌ・モン)代表 山中 敦生さん

MRYAMANAKA

 ワインの味は9割方ぶどうで決まります。良いぶどうをつくるためには良い気候と土地が必要です。   

 余市は北海道の中でも日本海に面しています。夏にかけて温まった海水が、秋からの急激な温度低下を緩やかにし、霜害のリスクが軽減されます。また、ヨーロッパ系品種のぶどうは耐寒性が低いのですが、余市には日本海側から雪が安定して降り、ぶどうの樹が雪に覆われ保温されるため、凍害のリスクも少ないです。そして、寒暖の差もあるので、良質なぶどうが成熟します。何より、余市の100年以上の果樹の歴史がワインづくりの適地であることを証明しています。

 カリフォルニアやチリは、太陽が強く照ることで、強力な果実味を感じるぶどうができ、パワフルなワインができます。涼しくて雨の多い北海道ではそういうぶどうはつくれませんが、深みも感じることができる非常に繊細な味のぶどうができます。

 出汁に代表されるように、日本人は薄味の中にうまみを感じる繊細な舌を持っています。私は世界に通用するワインというよりは、日本人に合った、日本らしい「雨の降る国のワイン」をつくっていきたいです。   


株式会社Le Reve Vineyard(仁木 ル・レーヴ・ヴィンヤード)代表取締役 本間 裕康さん

MRHOMMA

 余市・仁木エリアはぶどう栽培やワインをつくるポテンシャルに溢れています。ぶどう栽培については道主催の研修がありますし、ワインづくりについては自分がつくりたいワインの答えを持っているワイナリーさんが余市町に絶対いる。そして仁木町にはぶどう栽培に適した土地がたくさんあります。そして、ここ最近で大手企業や個人の参入も増えてきています。   

 現在、私はぶどう栽培だけを行っていますが、これから醸造所を造って、ワインづくりを始めていく予定です。最終的には、ピノムニュという品種を使い、北海道産のすごくきれいな酸を生かしたスパークリングワインをつくっていきたいという想いがあります。

 また、「仁木という地域」を美味しいワインと美味しい食事で感じてもらうために、醸造所にはカフェも併設する予定で、現在、料理も勉強中です。

 ワインというと余市のイメージが強いですが、ワインに興味を持った方々が「余市に行くなら仁木にも行こう」と思えるよう、周囲の方々と一体となり、地域を盛り上げていかなければいけないと思っています。   

 


株式会社  NIKIHillsヴィレッジ・株式会社 NIKIHillsファーム

副支配人 梅 田 明さん

MRUMEDA

 我々の目的は、地域創生とワインツーリズムの楽しさを仁木町から発信することです。

 現在、2019年のグランドオープンに向け、農園、醸造所・地下貯蔵室、レストラン、宿泊施設などを整備、建設しています。これまで全く農業の経験がなかった我々は、地元の農家さんにいろいろ教えてもらいながら土地を耕すところから作業を始めましたが、辛いというよりはむしろ楽しいです。

 我々の代表である石川は、経営者であり、冒険家であり、教育者でもありますが、「人に教えるためには自らも新しいことにチャレンジしなければいけない」といった気風で、我々はそういう代表の想いを常に大切にしています。

 将来的には、周りの農家やワイナリーさんと協力して、観光人口を増やし、一大ワインの集積地をつくりたいです。一人勝ちなんて求めてないので、どんどん周りと連携したり、地元の方を雇用したり、地域のためにできることなら全てしていきたいです。ワインツーリズムを通して、仁木町という地域が活性化していくことが、我々の何よりの喜びです。


yoichinikicontact〔前編〕ワインを核とした地域創生 へ

Vol.4TOPに戻る