スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2019年10月25日(金)

1 道州制とは? 

 
 

【地域主権を目指す道州制】

 
 日本は、明治以来の中央集権型の仕組みによって、欧米へのキャッチアップを果たしてきました。しかし、その仕組みは行き詰まりを見せています。
 全国画一的な制度を変えてほしいと地方が思っても、中央に陳情要望を繰り返さないと変えられない。官依存、中央依存の体質になり、東京一極集中が進む。中央集権はもう限界です。
 これからは、地方分権を大胆に進め、地域のことは地域が決める地域主権型社会に転換する必要があります。

中央集権から地域主権へ変わるイメージ図。直上に説明があります。

 都道府県を再編して道州をつくり、国から道州へ、道州から市町村への大胆な分権を進めるのが道州制です。道州制は、首都機能の分散にもなります。
 道州制により、この国のかたちを地域主権型社会に変え、地域から日本を元気にしていきます。
 

首都圏から各地域への分散をイメージした日本地図

くわしくは、こちらをどうぞ
(1) やさしい道州制(PDF)(女性団体の皆さんの声を受け、かみくだいた解説にしました)
(2) みんなでつくる道州制(道州制推進道民会議による、道民の目線からの解説です)
(3) 道州制Q&A(PDF)(大学での講義用に作成した、制度設計中心の解説です)
(5) マンガ版道州制(PDF) その1その2(庁内公募により職員が描きました) 
 
 

【一歩一歩、段階的に進める】

 
道州制は、この国のかたちを変える大きな改革です。
一気に実現しようとしても無理があるので、一歩一歩、段階的に進めるのが現実的です。
 
国から道、道から市町村、さらに市町村からコミュニティへという分権の流れを表す図
 
 
 
☆ 道州制に向けた北海道の取組は、法政大学イノベーティブポリシー賞を受賞しています。くわしくは、こちらをどうぞ。