スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 地域振興局地域政策課 >  北海道遺産・森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」


最終更新日:2012年6月07日(木)


北海道遺産・森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」


42.「森林鉄道蒸気機関車『雨宮21号』」(遠軽町)


森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」の写真

「雨宮21号」は東京・雨宮製作所で製造された初の国産11トン機関車。昭和3年、丸瀬布一武利意森林鉄道に配置され、国有林から伐り出した丸太や生活物資の搬送に携わってきたが昭和36年に廃止。地元の強い要望で昭和51年、北見営林局から旧丸瀬布町に譲渡され、町は“森林公園いこいの森”を建設、機関車を走らせた。動態保存は道内では唯一のもの。