スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 総合政策部 > 地域振興局地域政策課 >  北海道遺産・旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群


最終更新日:2011年11月08日(火)


北海道遺産・旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群


35.「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」(上士幌町)


旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の写真

昭和初期に十勝内陸の産業開発を目指して建設された第1級の鉄道遺産。市民と産学官が一体となった運動の結果、34橋梁が保存された。中でもタウシュベツのアーチ橋は、糠平湖の水位によりその姿を変える「幻の橋」として近年人気が高まっている。地元の担い手たちの積極的な活動は産業遺産の保全・活用モデルとして全国的に知られている。