スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 治山課 >  施工事例の紹介(山地治山)


最終更新日:2013年11月18日(月)


施工事例の紹介(山地治山)


施工事例の紹介
 
山地治山 昭和56年の災害
昭和56年8月に発生した豪雨による災害
(日高振興局管内日高町)
   

同じ箇所の復旧状況
(平成2年8月)

 崩壊した山腹に土留工を設置して、土砂の移動を抑え、水路工で地表を流れる水を安全に流下させます。
 斜面は木を植えたり芝を張ったりして緑化を図ります。

昭和56年の災害の復旧状況
   

 

崩れた山腹に治山工事を実施して、下にある民家、畑、道路を守ります。

 

(胆振総合振興局管内厚真町)

治山ダム設置から17年経過した平成15年の状況です。
治山ダムの効果によって渓流が安定し、森林が回復してきており、土石流等による災害を防ぐことが期待できます。
(上川総合振興局管内美深町)

次へ(水源地域整備、防災対策総合治山、防災林造成)
治山事業って何?へ戻る