スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 総務課 >  04-2 北海道水産林務部請負工事監督要領


最終更新日:2015年10月28日(水)


04-2 北海道水産林務部請負工事監督要領


 
 
北海道水産林務部請負工事監督要領
 

 (目的)
 第1条 この要領は、北海道水産林務部所管の発注に係る請負工事(以下「工事」という。)の施工に際し、契約

  書、設計図書(以下「契約図書」という。)に基づき、契約の適正な履行を確保するとともに、工事が円滑に進め

  られるよう、監督業務を行う職員の指定及び職務について定める。

 (工事監督員の指定等)
 第2条 この要領において、主任監督員以外の監督員を指す場合は「監督員」といい、主任監督員と監督員を総

  称して「工事監督員」と呼称する。

 2 支出負担行為担当者は、次表の区分に応じて工事の請負契約ごとに工事監督員を指定するものとする。

      

 名称\項目

 対象職員  対象工事
 主任監督員

 監督業務を本務とする担当

 係長又は主査

 小規模なものを除く
 監督員

 監督業務を本務とする全ての

 職員(工事の規模、難度等に

 より2名以上のものを指定する

 ことができる)

 全ての工事

  3 支出負担行為担当者は、監督員を2名以上指定し監督員の職務を分担させるときは、分担させる職務の範囲を

   各々の監督員に指示するものとする。

 
  4  工事監督員は、当該工事目的物の引渡しをもって解任される。

  5  (総合)振興局水産課長、林務課長又は森林室森林整備課長等(旅行命令権者)は、必要と認める場合、旅行

      命令により、当該工事の工事監督員以外の職員に監督業務を行わせることができる。この場合、旅行命令をも

      って工事監督員の指定を受けたものとみなし、帰庁復命をもって解任される。なお、これによる受注者に対する

      通知は、担当課長等が行うものとする。

  (主任監督員)
  第3条 前条第2項に規定する主任監督員は、この要領に規定する工事監督員の業務のうち重要なものを行うとと

     もに、監督員の業務を総括し指揮指導するものとする。

  (工事監督員の業務報告)
  第4条 工事監督員は、監督業務の遂行に当たり必要があると認めた場合、その他工事の適正な執行に支障が

     あると認めるときは、支出負担行為担当者に対しその内容に意見を付して報告し、指示を受けるものとする。

     この場合において、主任監督員が定められているときは、監督員は主任監督員を経由して報告し、指示を受け

    るものとする。

  (工事監督員の一般的職務)
  第5条  工事監督員は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。

  (1) 契約の履行について、受注者の現場代理人に対する必要な指示、承諾及び協議

  (2) 契約図書に基づく工事の施工のために必要な図書等の交付、又は受注者が作成した図書等の承諾

  (3) 契約図書に基づく工程の管理、立会、工事の施工状況の確認(段階確認)及び工事材料の試験又は検査の

       実施

  (4) 工事の内容の変更、一時中止又は契約の解除の必要があると認められる場合における措置に係る上申(理

       由を含む。)、その他契約図書に基づく必要事項の報告


  2  工事監督員は、工事の円滑な施工を図るため、あらかじめ工事施工に必要な諸手続等の処理状況を確認しな

      ければならない。

  3 工事監督員は、請負契約の適正な履行を確保するために、契約図書を把握するものとする。

 
  4   工事監督員は、この要領に定める指示、承諾、協議、検査、確認、報告は全て書面で行うものとする。


  5 工事監督員の監督の実施に当たっては、受注者の業務を不当に妨げる行為をしてはならない。


  6 工事監督員は、監督上知り得た業務上の秘密に属する事項を他に漏らしてはならない。

  (施工計画等の打合せ)
  第6条 工事監督員は、工事の実施に先立ち、受注者の提出する施工計画書に基づいて受注者と施工方法、工

    程、施工管理、安全管理等について打合せを行い、必要な指示を行うものとする。なお、工事の期間中において、

    施工計画の変更及び再確認等が生じた場合も同様とする。

  (工事監督員の立会い)
  第7条  工事監督員は、契約図書において工事監督員の立会いの上施工するものと指定された事項については、

     立会願いにより立会いを行うものとする。

  (工事施工状況の確認)
  第8条  工事監督員は、契約図書において段階確認後施工するものと指定された事項、現場代理人から段階確

     認願により要請のあった事項及び工事監督員が特に必要と認める事項については、出来形、品質、規格、数

     量等の施工状況の確認を行うものとする。

  (協議及び措置等)
  第9条 工事監督員は、契約図書で定めているものについて、協議、措置を行うほか、次の事項の場合は、立会

     するなど状況を確認し、受注者と協議の上、工事の変更、工事の中止、工期の変更など必要な措置を講じなけ

     ればならない。

     なお、協議及び措置等の処理については、第4条の規定により、行うものとする。

     (1) 工事現場の災害その他異常事態が発生したとき。

     (2) 工事遂行に関して支障となる事実が確認されたとき。

  (工程の管理)
  第10条 工事監督員は、工事工程表や工事旬報により工事の進捗状況を把握し、受注者の責めにより工事が著し

      く遅延している場合は、受注者と促進に関して協議し、必要と認められる場合は工事の促進を指示をしなければ

      ならない。

  2  工事監督員は、前項の工事促進の指示にかかわらず、工事が遅延し工期内に完成しないと認められるときは、

      第4条の規定により処理するものとする。

  3 工事監督員は、他の工事が施工上密接に関連する場合において必要がある時は、その関連する工事との調

      整を行うものとする。

  (書類の整理)
  第11条 工事監督員は、受注者より提出された書類及び自己が作成した指示書や報告書等について、その経過

      を明らかにし、整理しておかなければならない。

  (中間検査の実施)
  第12条  工事監督員は、中間検査が必要と認められる場合は、支出負担行為担当者に中間検査上申書を提出す

      るものとする。

  (支給材料及び貸与品の引渡し、返還)
  第13条 工事監督員は、契約図書で定める支給材料及び貸与品について、その品名、数量、規格又は性能を契

      約図書に基づいて検査し、引渡しを行い、受注者から物品受領書を徴収し、物品管理者に報告しなければなら

      ない。

  2  工事監督員は、前項の規定により引渡しを行った後、受注者から支給材料かし発見通知書の提出があった場

      合は、物品管理者に報告しなければならない。

  3  工事監督員は、工事の完成時(完成前にあたっては支給材料の精算がおこなえるとき)、受注者から支給材料

      精算書の提出があった場合は、その内容と事実と相違ないことを確認しなければならない。

  4  工事監督員は、工事の完成、変更又は解除によって支給材料(貸与品を含む。)の返還を受ける場合は、契約

      図書に示す場所において、第1項の検査を行い、これを受領して、受注者から支給材料(貸与品)返納調書を徴

       し、物品管理者に報告しなければならない。

  (現場発生品の処理)
  第14条 工事監督員は、工事の施工に伴って生じた発生品(残存物件、発生物件)については、受注者に場所を

      指定して集積させ、現場発生品調書の提出を求め確認の上、生産物品報告書を作成し、第4条の規定により処

      理するものとする。

  (工事監督員の交替)
  第15条 工事監督員の交替にあたっては、前任者は後任者に対し「監督業務引継書」を作成し、第11条に規定す

      る書類を引き継ぐものとする。

  (完成届)
  第16条 工事監督員は、受注者から完成通知書(指定部分に係る場合を含む)の提出があったときは、速やかに

      支出負担行為担当者に報告すものとする。

  (検査の立会)
  第17条 工事監督員は、でき形部分等の検査及び完成検査に当たって、検査員が検査に必要な準備を要請し、

      又は立会を求めたときはこれに応じなければならない。

  (成績評定表の作成)
  第18条 工事監督員は、工事が完成したときは速やかに、「工事施行成績評定表」を作成して、支出負担行為担

      当者に提出しなければならない。

  (その他)
  第19条 この要領は公表するものとし、その方法等については、「工事等に係る入札及び 契約の状況等に関す

      る事項の公表について」(平成13年3月29日付け建情第2328号農政 部長、水産林務部長、建設部長、出納局

      長通達)の例によるものとする。

戻る