スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 森林計画課 >  北海道森林吸収源対策推進計画本文


最終更新日:2019年8月26日(月)

北海道森林吸収源対策推進計画


北海道森林吸収源対策推進計画


 北海道森林吸収源対策推進計画は、森林による二酸化炭素の吸収量の確保や排出削減などの森林吸収源対策を推進し、地球温暖化防止に積極的に貢献するため、平成23年3月に策定しました。
 国は、2020年度以降の国際的な気候変動の新たな枠組みである『パリ協定』が採択されたことを受け、新たな「地球温暖化対策計画」を平成28年5月に閣議決定しました。   
 また、道では、カラマツやトドマツなどの人工林が利用期を迎えていることや、道民の環境に対する関心が高まりつつあることを踏まえ、平成29年3月に「北海道森林づくり基本計画」を見直しました。

 このような情勢の変化により、今後、計画的な伐採と着実な再造林による森林の若返り、建築物での地域材の利用及び発電施設等での木質バイオマス利用の促進、木育活動の全道展開など、北海道における森林吸収源対策を具体的かつ総合的に一層推進し、地球温暖化防止に積極的に貢献するため、平成30年3月に北海道森林吸収源対策推進計画を見直しました。

1.計画本文
 
  ◆北海道森林吸収源対策推進計画(PDF)

  ◆北海道森林吸収源対策推進計画の概要(PDF)

    2.計画の取組状況
 
  ◆
平成28年度の検証評価(PDF)

  ◆new!平成29年度の検証評価(PDF)

                                    質問

このページについてのご不明な点、ご意見、ご感想などのお問い合わせは
北海道水産林務部林務局森林計画課
計画調整グループへ


060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
TEL:011-204-5494
FAX:011-232-1295

メールアドレス suirin.shinrin1@pref.hokkaido.lg.jp
(迷惑メール対策のため、「@」を全角にしています。メールを送る際は、半角に置き換えてください。)