スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 森林計画課 >  水土保全機能に配慮した森づくりに向けて


最終更新日:2018年12月21日(金)


水土保全機能に配慮した森づくりに向けて


水土保全機能に配慮した森づくりに向けて

~ 常呂川・網走川流域の事例より ~

常呂川・網走川流域では

平成13年9月の台風15号による大雨で、濁水被害が発生しました。

写真:濁水の発生

大雨による濁水被害は、他の地域で発生することも予想されます。

このため、道では、常呂川・網走川流域を事例とした

濁水発生の要因や森林の水土保全機能などを高めるための方策を検討する

「森林機能高度化促進事業」に取り組み

その結果を「水土保全機能に配慮した森づくりに向けて」として

冊子に取りまとめました。

水土保全機能に配慮した森づくりに向けて」をご希望の方は、こちらまで

「水土保全機能に配慮した森づくりに向けて」

ダイジェスト版

ダウンロード

形式

(PDF)

サイズ

(5,0MB)

「水土保全機能に配慮した森づくりに向けて」

「水に関わること」の調査方法の紹介

ダウンロード

形式

(PDF)

サイズ

(2.8MB)

関連資料 NEW!

濁水対策のための森林整備技術マニュアル

クイックガイド

ダウンロード

形式

(PDF)

サイズ

(3.3MB)

      PDF形式のファイルの表示、印刷には「Acrobat Reader」が必要です。

お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。 →

 

このページに関するお問い合わせは

北海道水産林務部林務局森林計画課計画推進グループ
060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
TEL:(代表)011-231-4111(直通)011-204-5497 FAX:011-232-1295

E-mail:suirin.shinrin1@pref.hokkaido.lg.jp
(迷惑メール対策のため、「@」を全角にしています。メールを送る際は、半角に置き換えてください。)