スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 森林計画課 >  海外資本等による森林取得状況

北海道の分類: 産業・経済 > 森林・林業 > 森林整備

最終更新日:2019年5月31日(金)


海外資本等による森林取得状況


  道では、海外資本等による森林取得の事例について調査を行い、

平成24年(2012年)から毎年公表しています。


 

○令和元年(2019年)5月公表

  平成30年(2018年)1月から12月までの期間における海外資本等(居住地が海外にある法人及び個人並びに国内の外資系企業)による森林の取得事例として、28件、166haを確認しました。 

  この結果、平成30年(2018年)12月末現在の海外資本等による森林所有状況は、面積が2,725ha、所有者数が181となりました。(詳細別紙

  なお、この調査は以下の情報をもとに取りまとめました。

 ・森林法に基づく届出情報

  面積にかかわらず、森林の土地の所有者となった場合に市町村へ提出されたもの(国土利用計画法の届け出を行ったものを除く。)

 ・国土利用計画法に基づく届出情報

 一定面積以上の土地について、売買等の契約を締結した場合に知事に提出されたもの

お問合せ先

水産林務部森林計画課計画推進グループ

ダイヤルイン:011-204-5497

FAX:011-232-1295


【過去の公表はこちらから】

平成30年(2018年)4月公表

平成29年(2017年)4月公表

平成28年(2016年)4月公表

平成27年(2015年)4月公表

平成26年(2014年)4月公表

平成25年(2013年)4月公表

平成24年(2012年)4月公表