スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 森林活用課 >  木育メールマガジン「わくわく!木育通信」

北海道の分類: 産業・経済 > 森林・林業 > 協働による森づくり

最終更新日:2018年2月21日(水)


木育メールマガジン「わくわく!木育通信」


「北海道の『木育』」トップページへ 『木育』とは? お知らせ 「木育」の達人たち メールマガジン「わくわく!木育通信」のご案内 リンクのページです

 

ご購読の手続き / バックナンバー                                                              

 木育に関する様々な情報をお届けする「わくわく! 木育(もくいく)通信」を毎月第3木曜日に配信しています。

【メルマガからのお願い】
  購読をご登録いただいた方の中に、登録アドレスに間違いがあったせいか、メルマガが届かない方がいらっしゃるようです。
  お気づきの方は、お手数ですが、再度登録の手続きをしていただくか、次のところまでご連絡をお願いいたします。

   北海道水産林務部森林環境局森林活用課
   電話:011-231-4111(代) 内線28-817 または 011-204-5515(直通)
     mail:
suirin.katsuyo@pref.hokkaido.lg.jp
 




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  ▲

▲▲▲          わくわく! 木育(もくいく)通信

   ∥                          第187号  2018/02/15

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

       「木育(もくいく)」とは、子どもをはじめとするすべての人が

 

           「木とふれあい、木に学び、木と生きる」取組です。

 

          それは、子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて

 

       人と、木や森とのかかわりを主体的に考えられる豊かな心を育むことです。

 

 

===============================第190号もくじ=============================

◆協賛企業募集中! ~「希望」を「きぼう」でプロジェクト~
◆「るもい木育(もくいく)コレクション」シリーズ6を発行しました
◆「苫東・和みの森運営協議会」からのお知らせ~月に一度は森づくり!2017
8年目の3.11」開催お知らせ
◆木育ファミリー便り
◆編集後記   


■──────────────────────────────────────■
│ 協賛企業募集中! ~「希望」を「きぼう」でプロジェクト~
■──────────────────────────────────────■
道民の方々のいろいろなメッセージが書き込まれた小さな「木棒=きぼう」をたくさん
入れた「きぼうのプール」が全道各地を巡回していますが、道では、この取組を発展
させ、企業や団体より資材の提供についてご協力いただき、東日本大震災等で被災した
方々への応援メッセージを添えた「きぼうのプール」を被災地へ寄贈するプロジェクトを
平成26年度より行っています。
昨年も、地域での木育イベント等において多くの道民の方々に応援メッセージを添えた
「きぼう」を作成していただき、12月には岩手県内と北海道内(H28台風被災地)
施設に「きぼうのプール」を寄贈しました。寄贈先の皆さまをはじめ、地元の方々には
大変喜んでいただきました。

※プロジェクトの内容、贈呈式の模様はこちら・・・
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/mokuiku/kibou_project.htm

このプロジェクトは今年も実施することとしており、道では、ご協賛いただける企業・
団体を募集しています。


<お問合せ先>
  北海道庁水産林務部森林環境局森林活用課木育グループ
  〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
  電話 011-204-5515(ダイヤルイン) FAX 011-232-4142

■──────────────────────────────────────■
「るもい木育(もくいく)コレクション」シリーズ6発行(留萌森林室)
■──────────────────────────────────────■
 北海道留萌振興局(森林室木育推進チーム)は、
「留萌発“広めよう木育(もくいく)一歩トライアル」の取組の一環として、
『るもい木育(もくいく)コレクション』を発行しています。

『るもい木育(もくいく)コレクション』は、留萌管内の森の見どころや名所、

木のおもちゃ広場、楽しくユニークな木育の取り組みなどをコレクションした、
ちょっとしたツールです。

シリーズ6「犯人は誰だ!~森に残された痕跡~」は、

留萌管内の森に刻まれた生き物たちの痕跡をコレクションしました。

吹雪が続くこの冬場、森の動物たちはどうしているのでしょう。

寒さをしのいで冬眠している生き物もいるでしょうが、

食べ物を求め、一生懸命に暮らしている生き物たちの痕跡が

冬の森にも残されています。

犯人あて形式ですので、どの動物の痕跡なのか、当ててみてください。


留萌管内の木育に関するあらゆる情報を、これからもご紹介していく予定です。

どうぞお楽しみに。

木育コレクション シリーズ6「犯人は誰だ!~森に残された痕跡~」は
北海道留萌振興局 森林室のHPからどうぞ。
http://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/sr/srs/mokuikukorekusyon.htm


※「留萌発“広めよう木育(もくいく)一歩トライアル」に関心のある方は
 下記アドレスをご覧ください。
http://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/sr/srs/hokusinnkennkyoutei.htm

■──────────────────────────────────────■
│「苫東・和みの森運営協議会」からのお知らせ~月に一度は森づくり!2017
■──────────────────────────────────────■
 平成19年度に天皇皇后両陛下のご臨席を頂いた全国植樹祭の跡地は、現在「苫東・
和みの森」として、「苫東・和みの森運営協議会」が各種活動のフィールドとして活用
しています。

 2月24日(土)に「月に一度は森づくり!」が開催されます。
 今年度最後の開催となります。
 多くの方のご参加をお待ちしております!

<2月の活動予定>
・薪部
・和みのもりようちえん「のこぎりようちえん」(10:0012:00)
おやつ部
 おでんを作ろう!」(午後)
  ※参加費300
  ※材料準備のため、事前予約が必要です。
もってけ市
 お家の中で眠っている不要なアウトドア用品、子ども服、書籍などはありませんか?
 もしかしたら欲しい人がいるかも!!無料でばくりっこするイベントです。
 ※お持ちいただいた物で残ったものについては、またご自宅へお持ち帰りいただけ
  ますようお願い致します。
 

●日 時  2018224日(土) 10:0015:30
●場 所  苫東・和みの森(苫小牧市勇払)
※苫東中央インターを降りて、国道235号線を鵡川方面に50mほど進み、静川橋をわたった後、最初の右手にある砂利道を入ると現地です。
●対 象  どなたでも参加できます。(事務局への事前申し込みが必要)
      ※できるだけ電子メールでお願いします。
●服 装  活動しやすい服装、帽子、軍手や手袋、長靴
持ち物  飲み物、一日参加の場合はお昼ご飯、
      サミット袋(ゴミを入れたり、汚れた服を入れたり)
●参加費  大人500円 小人300円(非会員は100円増)
      ※保険代、活動に関わる実費として使用いたします。
      ※参加アクティビティによっては有料のものもございますのでご確認下さい。
●申込締切 2/21(水締切
参加申し込みはnagomi-no-mori@tw.drive-net.jpまで。
スタッフは出歩くことが多いので、電子メールが一番助かります。
「件名」に名前を記入し、参加者全員の名前、年齢、電話番号、有料アクティビティの参加の場合はその旨をお知らせ下さい。

詳しくは・・・
http://tomato-nagominomori.jimdo.com/

<お問い合わせ先>
苫東・和みの森運営協議会事務局
053-0816苫小牧市泉町1丁目5−6(いぶり自然学校内)
  TEL/ FAX 0144-82-7860
  http://tomato-nagominomori.jimdo.com
  nagomi-no-mori@tw.drive-net.jp


■──────────────────────────────────────■
8年目の3.11」開催お知らせ(札幌市
■──────────────────────────────────────■
 東日本大震災 福島第一原子力発電所の事故から7経ち、8年目を迎えます。
 3.11 SAPPORO SYMPOは、北海道避難・移住した人、被災した地で生きる人、
そしてその人々ともに歩む道民が気づき、学んだことをこれからのまちづくりに活かす
ことを目的にしています。
 それが、失われたたくさんの命と、被害を受けた方々とともに生きることであり、
だれもが暮らしやすい社会を育てることにつながると信じるからです。

 イベント期間中東北の被災地へきぼうのプール贈るプロジェクトとして、
寄贈するきぼうのプールに入れるきぼう木の棒)」に、バーニングペン焼きペン)
でメッセージを書き込む木育のワークショップ実施いたします
 多くのみなさまのご来場お待ちしています。

●日 時  2018年3月10日(11:0019:00
      2018年311日(11:0018:00
●場 所  チ・カ・ホ札幌駅前通地下歩行空間3条交差点広場(西
●参加費  無料
●内 容
・シンポジウム7テーマ)
・ライブ&トーク
古書、手づくり品、東北物産や道産チーズなどのチャリティー販売
木育ワークショップ
・被災地の「今」を伝える写真映像・パネル展   ほか

[主 催]3.11 SAPPORO SYMPO実行委員会
  (北海道NPO被災者支援ネット、札幌駅前通まちづくり株式会社、
  一般社団法人北海道ブックシェアリング北の里浜 花のかけはしネットワーク、
  株式会社ギガデザイン、NPO法人北海道NPOサポートセンター、月輪会、
  ほか個人有志)
[共 催]公益財団法人北海道地域活動振興協会
[後 援]北海道、札幌市、北海道新聞社
[助 成]タケダ・赤い羽根広域避難者支援プログラム越智基金
[協 力]吉川Family Presents僕らの街から」
     NPO法人札幌障害者活動支援センターライフ 共働事業所もじや
     一般社団法人北海道広域避難アシスト協会

<お問い合わせ>
 3.11SAPPORO SYMPO実行委員会
 札幌市中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園201
 北海道NPO被災者支援ネット内 TEL 080-3230-5900
 E-mail info@311sapporo-sympo.com

詳しくは・・・ http://311sapporo-sympo.com/
       https://www.facebook.com/311sapporo.sympo


■──────────────────────────────────────■
│木育ファミリー便り
■──────────────────────────────────────■
◇リレーエッセイ(ようてい木育倶楽部/木育マイスター 斎藤香里さん)

========================================
◆木育は誰のもの 〜ソーシャルインクルージョンという考え方

以前、介護施設に勤めていたとき、庭に大きなカシグルミの木があった。その年はとくに
実生の物のあたり年で、まるまるとした青いクルミがたわわに実っていた。ご高齢の
利用者さんたちが外に出て何かする機会はそう、多くはない。お天気もよく、暖かい午後
だったので、クルミ拾いをしてもらうことになった。
 思いおもいに大木の根元を歩いて落ちているクルミをひろう。窓越しにみんなの様子を
見ていた私だったが、やがて手に手にクルミではち切れそうな袋を抱えて戻って来た
お年寄りたちの様子が、すっかり変わっているのに気づいておどろいた。皆、目が輝いて
いる……。あの人、いつもは椅子に腰掛けたまま、トイレに行くにもおっくうそうにして
いるのに、今はあんなに元気に歩いている。あの人は最近ふさぎ込んでいたが、にこにこ
笑って、頬っぺたが赤い。聞くところによると、ある人はもっと取りたくて梯子に登ろう
とし、職員が肝を冷やしたという。そして入って来しなに、あの人が私に言った言葉。
「今まででいちばん楽しかったわ!」 

続きは・・・http://mokuikufamily.jp
上記、木育ファミリーブログを開設しました。
今月より新しい記事はブログに掲載します。
木育ファミリーHPも、そのまま残しています。
facebook木育next10は随時更新予定です。

========================================

■──────────────────────────────────────■
│編集後記
■──────────────────────────────────────■
 記録的な大雪に見舞われたり、インフルエンザが大流行したり、
 大変な世の中となっております。
 そんな中、平昌冬季オリンピックが始まりましたね。
 選手のみなさんには、メダルを目標に最後まで頑張ってほしいものです。

 木育イベント情報、随時受け付けております
 定期配信のほかに臨時配信もできますので、お気軽に情報をお寄せください。
 よろしくお願いいたします。

 ☆次号は3月15日(木)の配信となります。
********************************************************************************
 ☆北海道の『木育』のホームページ
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/mokuiku

 『北海道のmokuiku(木育)Facebook
  https://www.facebook.com/hokkaidomokuiku/

 ☆木育ファミリーのホームページ(新)
  http://mokuikufamily.jp

 ☆木育ファミリーのホームページ(旧)
  http://www.mokuiku.net

 『木育next10』Facebook
  https://www.facebook.com/木育next10-1537338789827837/
********************************************************************************
 木育イベントの企画・運営は、『木育マイスター』にご相談ください

 ◎詳しくは、北海道の『木育』のホームページ
   >「木育マイスター」
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/mokuiku/meister/top.htm
*******************************************************************************

 「木育」の活動や、「木育」への想いなどをお寄せください。
 また、「こんな活動もやってるよ!」「イベントやります!」といった情報提供も大歓迎です!
 お待ちしています。
 suirin.katsuyo2@pref.hokkaido.lg.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 発行:北海道水産林務部森林環境局森林活用課
 ◆お問い合わせはこちらまで→suirin.katsuyo2@pref.hokkaido.lg.jp
 ◆メールマガジンの購読・配信停止等の手続きはこちらで
  http://www1.hokkaido-jin.jp/mail/magazine/

 ◆このメールマガジンは等幅フォントで見ることをおすすめします。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
********************************************************************************

 ☆「北海道・木育(もくいく)フェスタ2017」のホームページ
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/fest/2017/sougou.htm

  木育に関連するイベント情報のほか、北海道・木育(もくいく)フェスタ2017
  関するイベントを通年で掲載しているイベントカレンダーです
  こちらも参考にご覧ください!

********************************************************************************
◇◇北海道公式ツイッターによる情報発信◇◇
 道では、公式アカウントとしてツイッターによる情報発信を行っています。
最新の道政情報をはじめ、旬の北海道の魅力について情報発信しています。
ツイッターアカウントをお持ちの方は、ぜひ、ツイッターのフォローをいた
だくとともに、おすすめ記事のリツイートや、お気に入り登録をお願いします。
▼北海道庁広報ツイッター「PrefHokkaido」はこちらです。
 https://twitter.com/PrefHokkaido/
▼ツイッターに関するお問合せは、広報広聴課まで
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/toiawase/index.htm
▼新たなキャッチフレーズ『その先の、道へ。北海道』
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/kotoba/catchphrase.htm
▼北海道のメールマガジンDoRyoku(動・力)
 http://www1.hokkaido-jin.jp/mail/magazine/
▼北海道庁ブログ「超!!旬ほっかいどう」
 http://plaza.rakuten.co.jp/machi01hokkaido/
▼北海道庁インターネット放送局「HokkaiDo・画」
 https://sites.google.com/site/hokkaidouchotv/
********************************************************************************