スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 森林活用課 >  木育メールマガジン「わくわく!木育通信」

北海道の分類: 産業・経済 > 森林・林業 > 協働による森づくり

最終更新日:2019年6月11日(火)


木育メールマガジン「わくわく!木育通信」


「北海道の『木育』」トップページへ 『木育』とは? お知らせ 「木育」の達人たち メールマガジン「わくわく!木育通信」のご案内 リンクのページです

 わくわく木育通信

ご購読の手続き / バックナンバー                                                              

 木育に関する様々な情報をお届けする「わくわく! 木育(もくいく)通信」を毎月第3木曜日に配信しています。

【メルマガからのお願い】
  購読をご登録いただいた方の中に、登録アドレスに間違いがあったせいか、メルマガが届かない方がいらっしゃるようです。
  お気づきの方は、お手数ですが、再度登録の手続きをしていただくか、次のところまでご連絡をお願いいたします。

   北海道水産林務部森林環境局森林活用課
   電話:011-231-4111(代) 内線28-818 または 011-204-5515(直通)
     mail:
suirin.katsuyo@pref.hokkaido.lg.jp
 




        このページの情報はオープンデータとして自由に二次利用することが可能です。(CC-BY
  利用する場合には出所明示を行ってください。詳しくは北海道オープンデータ利用規約をご確認ください。
  また、北海道のオープンデータは、「北海道オープンデータポータル」にも登録していますのでご覧ください。


   




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 ▲
▲▲▲          わくわく! 木育(もくいく)通信
 ∥                           第205号  2019/5/16
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
       「木育(もくいく)」とは、子どもをはじめとするすべての人が
           「木とふれあい、木に学び、木と生きる」取組です。
          それは、子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて
       人と、木や森とのかかわりを主体的に考えられる豊かな心を育むことです。
===============================第205号もくじ===================================
◆「道新住まいと暮らしのフェア2019」開催のお知らせ
◆「苫東・和みの森運営協議会」からのお知らせ~月に一度は森づくり!2019
◆「木育ひろば イン えにわ」開催のお知らせ
◆木育ファミリー便り
◆編集後記
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
│「道新住まいと暮らしのフェア2019」開催のお知らせ(札幌市)
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
 今週末、これからの北海道の住まいと暮らしの新しいスタイルづくりの提案・提供をし
ていくイベントとして、札幌市のつどーむにおいて「道新住まいと暮らしのフェア2019」
が開催されます。
 ぜひ、「北海道の住まいと暮らし」の「今」を、見て、聞いて、触って、ご体感くださ
い。
 イベント期間中は、東日本大震災の被災地へ「きぼうのプール」を贈るプロジェクトと
して、プールに入れる「きぼう(木の棒)」に、バーニングペン(焼きペン)でメッセー
ジを書き込む木育のワークショップを実施するほか、道産木材のPRも行っています。
 たくさんの皆さまのご来場をお待ちしています。
●日 時  5月18日(土)~19日(日)10:00~17:00(19日は16:00まで)
●場 所  札幌市スポーツ交流施設「つどーむ」(札幌市東区栄町885番地1)
●入場料  無料
●内 容
・住宅に関する展示、設備機器の展示、説明、セミナー、相談会など
・ふわふわワンダーランド(有料)
・パンフェスタinつどーむ
・来場者スタンプラリー&抽選会
・ステージイベント   ほか
 詳しくは・・・ http://www.kitanosumai.jp/
[主 催]北海道新聞社
[共 催]テレビ北海道、北海道文化放送、エフエム北海道
[後 援]国土交通省北海道開発局、北海道、札幌市 ほか
<お問い合わせ>
  道新住まいと暮らしのフェア2019事務局((株)日本経済社 札幌支社内)
  TEL 011-231-0541(9:30~17:00 ※土・日・祝日を除く)
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
│「苫東・和みの森運営協議会」からのお知らせ~月に一度は森づくり!2019
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
 平成19年度に天皇皇后両陛下のご臨席を頂いた全国植樹祭の跡地は、現在「苫東・和み
の森」として、「苫東・和みの森運営協議会」が各種活動のフィールドとして活用してい
ます。
【5月 月に一度は森づくり】
今月は、長年お世話になったウッドデッキ&木道を作り直します。
みんなで大工仕事とペンキ塗りをしよう!
今年度最初の活動、初めての参加もお待ちしております! 
『月に一度は森づくり』
日時 5月25日(土) 10:00~15:30
<活動内容>
○薪部 
○和みのもりのようちえん(10:00~12:00)
○クラフト部
参加費無料(一部板・ネジなど有料の物あり) 
工具を持参する際はお名前を記入してください。
○おやつ部
「たき火でスープ」
参加費300円、食材をお持ちいただいた方は参加費無料です。
<服装> 活動しやすい服装(長袖長ズボン)、帽子、軍手や手袋、長靴、首に巻くタオル
<持ち物>飲み物、一日参加の場合はお昼ご飯、サミット袋(ゴミを入れたり、汚れた服
を入れたり)
<参加費>
大人500円 小人300円(非会員は100円増)
*保険代、活動に関わる実費として使用いたします。
*参加アクティビティーによっては有料のものもございますのでご確認下さい。
<申し込みしめきり> 5月22日(水)
参加申し込みは
nagomi-no-mori@tw.drive-net.jpまで。スタッフは出歩くことが多いので、電子メールが
一番助かります。「件名」にお名前を記入し、参加者全員の名前、年齢、電話番号、有料
アクティビティの参加の場合はその旨をお知らせ下さい。
詳しくは・・・
http://tomato-nagominomori.jimdo.com/
<お問い合わせ先>
苫東・和みの森運営協議会事務局
〒053-0816苫小牧市泉町1丁目5−6(いぶり自然学校内)
  TEL/ FAX 0144-82-7860
  http://tomato-nagominomori.jimdo.com
  nagomi-no-mori@tw.drive-net.jp
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
│「木育ひろば イン えにわ」開催のお知らせ(恵庭市)
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
 道の駅 花ロードえにわ で今年も「木育ひろば」を開催します。
 ともだちと?親子で?森のなぞときをしてみよう!
●開催日時 2019年6月15日(土)~16日(日)10時~15時
●開催場所 道と川の駅花ロードえにわ
      恵庭市南島松817番地(国道36号線沿い)
●開催内容
・体験1 「森のたんてい <なぞときさんぽ>」にGO!
 所要時間 40分~1時間 1回目:10:30~、2回目13:00~
 受付開始 それぞれ30分前から
 参加対象者 どなたでも 各回10組(小学校低学年以下は親子で参加)
 体験内容 なぞときをしながら、木や森とともだちになる
・体験2 木っていいね!「木でものづくり」
 所要時間 15分~20分
 参加対象者 どなたでも 席は最大7席、空いていればすぐ体験できます。
 体験内容(数量に限りがあります)
  10:00~12:00 木と毛糸で「もこもこ動物」づくり
  13:00~15:00 インテリアにもなる、ミニ「森のがくぶちづくり」、トンカチをつか
って、木の葉の「キーハンガー」づくり
<お問い合わせ>
  公益社団法人 北海道森と緑の会
  TEL 011-261-9022(平日9:00~17:30)
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
│木育ファミリー便り
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
◇リレーエッセイ(ようてい木育倶楽部 齊藤 文美さん)
◇しらかんばの「芽生え」(帯広の森はぐくーむ/木育マイスター 日月 伸さん)
========================================
◆冬のコートを脱ぎ捨てて(1/2回)
長かった冬がやっと幕を閉じ、人々は春の装いへと変化してきました。しかし、この時期
は、「花冷え」、「リラ冷え」と呼ばれる寒い日もあり、タンスにしまい込んだ冬服を思
わず取り出してしまうこともあります。
着込むことで寒さを凌ぐ。人間はその時々において気温の変化に対応していきますね。
一方、樹木はどうでしょう。
多くの樹木は毎年同じようなことを繰り返しながら成長しますが、冬に入る前に芽は伸長
せず、翌年の準備をし休眠するという堅実な戦略をとります。この戦略は冬芽と呼ばれ、
冬芽には翌年伸びる茎や葉がいっぱい詰まっています。そして、冬芽は芽鱗(がりん)と
いうものに覆われ、寒さや乾燥から守られています。言わば冬のコートのようなものです
ね。
芽鱗の数は樹木によって違う。サラッとコートを羽織ったりするもの、これでもかという
ぐらい着込んだり、樹木ごとの戦略を見るだけでも楽しめます。
画像と続きは・・・http://mokuikufamily.jp
========================================
◆しらかんばの「芽生え」
木々が芽吹き、日に日に緑がこくなってきました。
そして、春は多くの木々の「タネの芽生え」の季節でもあります。
北国に育つ木々の多くは、夏から秋にかけてタネが成熟して地面に落下し、そのまま冬を
タネの状態でやり過ごし、春を迎えてから発芽します。
秋に芽生えないのは、芽生えた状態で厳しい寒さの冬を越すのは非常にリスクが高いから
と考えられます。
ですが、この点でシラカンバはちょっと変わりダネです。
シラカンバのタネは夏ごろから成熟して地面に落下し、そのまま越冬してから春に発芽す
るものもあるのですが、一部は秋のうちに発芽します。
秋に発芽した場合、冬を越せないリスクはあるものの、その年の冬の寒さがさほどでなく
無事越冬できた場合には、成長のスタートが早かった分、春に芽生える他の植物よりも早
く大きくなれる可能性があるのです。
画像と続きは・・・http://mokuikufamily.jp
facebook木育next10も随時更新予定です。
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
│編集後記
■────────────────────────────────────────────────────────────────────────────■
 北海道植樹の日・育樹の日条例が制定されて初め迎える北海道植樹の日である5月11日
、美しい新緑と、八重桜が満開の赤れんが庁舎前庭で、北海道・木育フェスタ2019開会式
を開催しました。
 式典にご参加いただいた方々をはじめ、カミネッコン苗木づくりにご参加いただきまし
た皆様、ありがとうございました。
 道では関係団体などと連携して、木育や全国育樹祭、植樹・育樹の日などをPRするイ
ベントを全道各地で開催する予定です。森林活用課ホームページの「イベントカレンダー
」に順次掲載しますので、ご覧いただき、お近くのイベントにご参加いただければ幸いで
す。
 木育イベント情報、随時受け付けております!
 定期配信のほかに臨時配信もできますので、お気軽に情報をお寄せください。
 よろしくお願いいたします。
 ☆次号は6月20日(木)の配信となります。
********************************************************************************
 ☆北海道の『木育』のホームページ
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/mokuiku
 ☆『北海道のmokuiku(木育)』Facebook
  https://www.facebook.com/hokkaidomokuiku/
 ☆木育ファミリーのホームページ(新)
  http://mokuikufamily.jp
 ☆木育ファミリーのホームページ(旧)
  http://www.mokuiku.net
 ☆『木育next10』Facebook
  https://www.facebook.com/木育next10-1537338789827837/
********************************************************************************
 木育イベントの企画・運営は、『木育マイスター』にご相談ください
 ◎詳しくは、北海道の『木育』のホームページ
   >「木育マイスター」
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/mokuiku/meister/top.htm
*******************************************************************************
 「木育」の活動や、「木育」への想いなどをお寄せください。
 また、「こんな活動もやってるよ!」「イベントやります!」といった情報提供も大歓
迎です!
 お待ちしています。
 suirin.katsuyo2@pref.hokkaido.lg.jp
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 発行:北海道水産林務部森林環境局森林活用課
 ◆お問い合わせはこちらまで→suirin.katsuyo2@pref.hokkaido.lg.jp
 ◆メールマガジンの購読・配信停止等の手続きはこちらで
  http://www1.hokkaido-jin.jp/mail/magazine/
 ◆このメールマガジンは等幅フォントで見ることをおすすめします。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
********************************************************************************
 ☆「北海道・木育(もくいく)フェスタ2019」のホームページ
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/sky/fest/2019/sougou.htm
  木育に関連するイベント情報のほか、北海道・木育(もくいく)フェスタ2019に
  関するイベントを通年で掲載しているイベントカレンダーです
  こちらも参考にご覧ください!
********************************************************************************
◇◇北海道公式ツイッターによる情報発信◇◇
 道では、公式アカウントとしてツイッターによる情報発信を行っています。
最新の道政情報をはじめ、旬の北海道の魅力について情報発信しています。
ツイッターアカウントをお持ちの方は、ぜひ、ツイッターのフォローをいた
だくとともに、おすすめ記事のリツイートや、お気に入り登録をお願いします。
▼北海道庁広報ツイッター「PrefHokkaido」はこちらです。
 https://twitter.com/PrefHokkaido/
▼ツイッターに関するお問合せは、広報広聴課まで
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/toiawase/index.htm
▼新たなキャッチフレーズ『その先の、道へ。北海道』
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/kotoba/catchphrase.htm
▼北海道のメールマガジンDo・Ryoku(動・力)
 http://www1.hokkaido-jin.jp/mail/magazine/
▼北海道庁ブログ「超!!旬ほっかいどう」
 http://plaza.rakuten.co.jp/machi01hokkaido/
▼北海道庁インターネット放送局「Hokkai・Do・画」
 https://sites.google.com/site/hokkaidouchotv/
********************************************************************************