スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 森林活用課 >  学校での木育を応援します!


最終更新日:2013年5月01日(水)


学校での木育を応援します!


「北海道の『木育』」トップページへ 『木育』とは? 木育の達人たち メールマガジン「わくわく!木育通信」のご案内 リンクのページです

学校での木育の取組みを応援します!

 
  北海道では、学校教育の中で木育を進めていくために、平成19年度から20年度にかけて、「北海道木材利用推進協議会」への補助事業である、「学校での木育推進事業」に取り組んできました。
この事業は、木工を通じて木材との関連が深い技術の教科に的を絞り、その中で、木育を取り入れた授業展開を実施したものです。
 取組みの成果として、「授業に木育のエッセンスを盛り込むことにより、生徒にとって幅広いことが学べたのではないか」、「道産木材を使ったことによって、地域の自然や環境のことを教える良い機会となった」との先生の感想をいただけるなど、成果がありました。

 今後は、赤レンガチャレンジ事業として、木育に取り組んでもらえる学校に対し、授業への資料提供、情報提供など、先生へのサポートを通じ、学校での木育を応援していきますので、気軽にご相談ください。


御相談・お問い合わせはこちらまで  TEL:011-204-5490/FAX011-232-1294

 

学校での木育推進事業 これまでの取組み
○概 要
 教育現場で活躍されている先生、教育委員会などの教育関係者、市町村、道などの行政関係者と木材加工などを営む木材関係者がネットワークを形成し、学校において木育を推進するための課題、そして木育にふさわしい教材の提案、モデル的な業の実施に係る意見交換会を開催しました。

ネットワーク

 ○実施した地域
 広大な北海道で木育を推進するために、モデル的に3か所の地域を選択し、地域の実情に合った木育の展開を試みました。

   ○札幌地域:技術専科の先生が多数いること、ものづくり研究会などの取組みが盛んな地域
   ○旭川地域:技術専科の先生が多数いること、木材加工が盛んな地方中核都市
   ○釧路地域:技術専科の先生が少ない地域の参考とするため、選定

北海道

■先生方との意見交換の様子

釧路(意見交換)

旭川(意見交換) 

 札幌(意見交換)

(釧路での意見交換)

(旭川での意見交換)

(札幌での意見交換)

課    題

検 討 内 容

授業時間数が減少傾向にあり、木工以外にも金属、プラスチックなどについても取り扱う必要がある。

限られた時間数の中で、木育の要素をコンパクトに盛り込むことが必要。

新たな教材に対応するには、指導に慣れるまで、時間が掛かる。

新たな教材を各校の先生にも協力をしてもらい、複数の先生が試作、意見交換を通じて情報を共有。
教材価格が折り合うこと。

道産木材を使った教材はすでに多くが流通。
先生や教材業者が教材の選択をする際に、道産木材を使っているかという視点を持ってもらうために、木材業界や行政の情報発信が必要。

  
■提案された木工教材

釧路(教材)

旭川(教材)  札幌(教材)

(釧路の教材)

(旭川の教材)

(札幌の教材)


■木育について伝えるモデル授業

札幌(授業風景) 旭川(授業風景)

             

(札幌での授業)        

(旭川での授業)

               

 

  生徒の感想

○北海道の木が使いやすく、作りやすくてとても面白かった。

○森林の大切さがわかって面白かった。
○森林や林業の話はすでに知っている内容で、つまらなかった。
○森林や林業の話は難しかった。
○森林や林業の話は自分たちの将来につながる重
 要な話だが、一方の面だけからみてはいけないと思う。

○講演を聴いて、僕たちが何気なく使っている木もたくさんの 人の手によって何十年もかけて育てられた木だとわかった。

○失敗もしたけど、作ること自体も、作りながらの話し合いも 面白かったし、楽しかった。

○身近な木のことを知れたので、面白かった。

 

  ○今回の事業を実施した、北海道木材利用推進協議会では、木材や木材製品に関するお問い合わせに応じております。
   また、ホームページ「ウッドプラザ北海道」には、さまざまな情報を掲載していますので、こちらもご覧ください。

北海道木材利用推進協議会
 札幌市中央区北4条西5丁目林業会館 

TEL 011-251-0683
 ホームページ 「ウッドプラザ北海道」 http://www.woodplaza.or.jp