スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  釧路機船漁業協同組合


最終更新日:2010年2月09日(火)

メニューを飛ばして本文に移動します
ホーム漁協一覧釧路機船漁業協同組合(釧路管内)
北海道お魚図鑑
産直(漁協)検索 詳細
ここからページの本文です

各漁協の基本情報・特徴・おすすめポイント・産直販売商品などを紹介しています。

■釧路機船漁業協同組合(釧路管内)産直

釧路機船漁業協同組合(釧路管内管内)の写真

道内初のハタハタ種苗生産

北海道におけるハタハタ種苗生産を平成3年に初めて開始し、約3万尾の稚魚を放流。スケトウダラ、ホッケなどを中心に漁獲を行っています。

郵便 〒085-0845
住所 釧路市港町1番18号
電話 0154-43-3411
FAX 0154-43-3422
アクセス方法 詳しい地図はこちら[外部リンク]グーグルマップ
ホームページ

■スケトウダラは高級ブランドとして輸出も好調

 機船とは沖合底びき網漁船を示しており、道東太平洋海域やえりも岬沖海域で、スケトウダラ、ホッケ、カレイなど多様な魚を獲っています。
 タラコの親としておなじみの「スケトウダラ」は、国内ではかまぼこの原材料であるすり身に加工され、鮮魚としてほとんど利用されてきませんでしたが、お隣韓国ではチゲ(鍋)の具として昔から人気のある魚。船上で氷詰めし鮮度を落とすことなく輸出される釧路産は、韓国の市場でトップブランドとして高い人気を誇っています。
 また、200海里内での安定的操業を確保するため、漁業資源の増大を目指しハタハタの人工種苗の育成・放流事業にも着手しています。

PR写真 PR写真 PR写真