スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 水産林務部 > 水産経営課 >  標津漁業協同組合


最終更新日:2018年9月14日(金)

メニューを飛ばして本文に移動します
メニューの背景画像
ホーム魚の名前検索お魚カレンダーお魚マップ逆引き辞書料理レシピ漁協一覧
ホーム漁協一覧標津漁業協同組合(根室管内)
北海道お魚図鑑
産直(漁協)検索 詳細
ここからページの本文です

各漁協の基本情報・特徴・おすすめポイント・産直販売商品などを紹介しています。

■標津漁業協同組合(根室管内)産直

標津漁業協同組合(根室管内管内)の写真

秋サケから作られるおいしい仲間達

日本有数のサケが遡上する川として有名な標津川。産卵のために戻ってきた秋サケのほどよく熟した卵から造られるイクラや筋子は絶品の味わいです。このほかにも冬葉(トバ)など様々な製品に加工されます。サケの加工期にスタートするアルバイト、通称「シャケバイ」も季節の風物詩となっています。

郵便 〒086-1636
住所 標津郡標津町北6条東1丁目1番1号
電話 0153-82-1188    
FAX 0153-82-2388  
アクセス方法 詳しい地図はこちら[外部リンク]グーグルマップ
ホームページ 標津漁業協同組合[外部リンク]

■「地域HACCP(ハサップ)」により衛生・品質管理を徹底

 昨今、安心・安全な食品への消費者の関心が高まっていますが、標津町では、地域の水産関連産業が連携し、漁獲から市場、加工、運送(流通)に至るまでの衛生・品質管理を徹底した「標津町地域HACCP」によって、安全で良質な水産品の供給システムを確立しています。
 「HACCP」とは、もともと宇宙食の安全性確保のためにアメリカ航空宇宙局(NASA)で考案され、日本国内の食品製造・加工分野でも急速に普及している安全保証システム。標津町は、関連産業を挙げた従来からの鮮度保持や衛生管理への先駆的な取組が高く評価され、北海道庁が秋サケを対象に進めた「品質管理高度化モデル計画」のモデル地区となり、その取組を「地域HACCP」へと発展させました。

PR写真1 PR写真2 PR写真3
直販情報

■直販情報

商品写真

主な商品:醤油いくら、塩いくら、鮭筋子塩、標津前浜産 活帆立貝、たらこ、干しこまい、干しかれい、新巻鮭、スライス冬葉

標津漁業協同組合

  • 直販店や漁協で直接販売:○
  • 電話注文→宅配:○注文できます(0120-444-003)
  • インターネット:○注文できます[外部リンク]
  • 営業時間:8時30分~17時00分/営業時期:周年/定休日:毎週日曜日(8月~12月 不定休)